最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

マーベル好き男児が歓喜!「香港ディズニーランド・リゾート」マーベル特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
うぉぉぉ、キャップ(キャプテン・アメリカ)が目の前にいる…!!

極度の緊張でガチガチになり、モデルのお仕事だよ、という事実もわすれて、無表情で固まる(ポーズをとる)我が息子5歳。微笑ましすぎて、そのままシャッターを押す、わたくし。

こんなふうに、日本ではまず会えない、マーベル・シネマティック・ユニバースのヒーローたちに会えるのが、香港ディズニーランド・リゾートです。

■●●ジャーよりキャプテン・アメリカ好き男児急増中!?

2009年8月にディズニー傘下となり、ディズニーコンテンツの一つとなっているマーベル。

現在、香港ディズニーランド・リゾートだけでなく、ディズニーランド・リゾート、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートなど、アメリカ本国のパークでも、マーベルキャラクターが多数登場しています。

私の周辺では、(ディズニーマニアの知り合いが多い影響もあるかもしれませんが)マーベルにハマっている子どもが、ずいぶん増えてきているように感じます。

実際、うちの息子(5歳)も、「宇宙戦隊キュウレンジャー」も「動物戦隊ジュウオウジャー」も、自分から観ようとしませんが、暇さえあれば、Huluで『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を繰り返し視聴しています(Huluでのマーベル特集は2017年6月上旬で終了。次回は2017年8月4日から9月3日までの配信が告知されています)。

もちろん、マーベル・シネマティック・ユニバースの最新映画が公開されれば、映画館へ足を運びます。

今年に入ってからは『ドクター・ストレンジ』と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』を観に行きましたし、2017年8月11日公開『スパイダーマン:ホームカミング』と11月3日公開『マイティ・ソー/バトルロイヤル』は観に行く!! と意気込んでいます。

「うちも同じだ!!」というパパ・ママ、きっといらっしゃると思います。

だってね、おもしろいんですよね。“完璧でない” ところが魅力の人間味あるヒーローたち、緻密に作り込まれた世界観とギミック、最高の3DCG技術。

いま、世界でいちばん凄いSF映画は、ディズニーにあるんです。

だって、マーベル・スタジオの映画も、ルーカス・フィルムの映画(『スター・ウォーズ』シリーズ)も、ディズニーが配給しているんですから。

■香港ディズニーランド・リゾートに登場しているキャラクターたち

香港ディズニーランド・リゾートでは、2017年9月3日まで、「マーベル・スーパーヒーロー・サマー」が開催されています。

通常時も会える、アイアンマンのほかにも、スーパーヒーローたちに会えます。

■キャプテン・アメリカ

マーベルと言えば、アベンジャーズと言えば、まずこの人、キャプテン・アメリカ。

冒頭でも紹介したとおり、「キャプテン・アメリカ:ヒーローズ・ウェルカム」にて、グリーティングができます。

「マーベル・スーパーヒーロー・サマー」で私たちゲストが挑戦するミッションの成功を、キャップが直々に祈ってくれるという胸アツぶり!!

■アイアンマン

新アトラクション「アイアンマン・エクスペリエンス」の登場で、香港ディズニーランド・パークではお馴染みの存在となっている、アイアンマン。

「アイアンマン・テック・ショーケース」にて、グリーティングができます。

注目は、登場シーン。

ただ歩いて入ってくるんじゃないんですよ。なんと飛行状態から、ガシャーンと格好良く着地を決めての登場です。

また、アトラクション「アイアンマン・エクスペリエンス」でも、アイアンマンとJ.A.R.V.I.S(ジャーヴィス)の大活躍が見られます。

■マイティ・ソー

スーパーヒーロー揃いのアベンジャーズの中でも、最強の存在の一角であると目される、マイティ・ソー。

なぜなら、英語表記ではTHOR(トール)つまり雷神だから!!手に持つハンマー「ムジョルニア」は、飛行能力や、落雷を引き起こす能力を持っています。

マイティ・ソーには、「マーベル・スーパーヒーロー・サマー」期間の限定アトラクション「ミッション:ディメンション・オブ・デンジャー」にて、ミッション中に会えます。

ちなみに、「ミッション:ディメンション・オブ・デンジャー」はウォークスルー型のアトラクションですが、走ることが禁忌のディズニーパークの中で、「走って!早く向こうへ!!」と急かされるので、新鮮味がありました。

■スター・ロード

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの主人公、スター・ロードことピーター・クイル。

彼に会えるのも、「ミッション:ディメンション・オブ・デンジャー」のミッション中です。

■ドクター・ストレンジ

2017年1月に映画が公開されたばかりで、マーベル・シネマティック・ユニバースの中では、新顔の部類に入る、ドクター・ストレンジ。

ですが、その能力は突出しており、なんと魔術師です。

物理的な脅威から地球を守るのがアベンジャーズなら、ストレンジは神秘的脅威から地球を守っている存在。

映像での登場ですが、「ミッション:ディメンション・オブ・デンジャー」でも、魔術を駆使して、ゲストのミッションを様々に助けてくれます。

■ブラック・ウィドウ

■ホークアイ

一流のスパイ、ブラック・ウィドウこと、ナターシャ・ロマノフ。

弓の名手、ホークアイこと、クリント・バートン。

アベンジャーズのメンバーである彼らも、「ミッション:ディメンション・オブ・デンジャー」に登場し、敵を彼にやっつける姿を見ることができます。

■S.H.I.E.L.D.のエージェントになれる!!

これだけの、マーベル・シネマティック・ユニバースのヒーローたちに会えるだけでも、大興奮の、私と息子ですが、さらに盛り上がるのが、「マーベル・スーパーヒーロー・サマー」期間中は、私たちも、S.H.I.E.L.D.の一員になれるということ。

タウンスクエア・フォト、マーベル・サプライHQ、エクスポ・ショップの3店舗にて、S.H.I.E.L.D. エージェントの写真入りIDカード/証明書を作成できます。

価格は、HK$58。

また、S.H.I.E.L.D. エージェントのIDカード/証明書をもって、

  • 「キャプテン・アメリカ:ヒーローズ・ウェルカム」
  • 「ミッション:ディメンション・オブ・デンジャー」
  • 「スパイダーマン・ヒロイック・エンカウンター」
  • 「アイアンマン・エクスペリエンス」
を体験すると、それぞれでメダル(シール)がもらえ、全て達成すれば、S.H.I.L.E.D. エージェントとしてのミッションコンプリート!!

■大量のマーベルグッズに大興奮!!

これだけマーベル要素が充実している、香港ディズニーランド・リゾートでは、もちろん、マーベルグッズも大量に販売されています。

マーベル・サプライHQや、エクスポ・ショップに足を踏み入れると、もう店から出ようとしない、我が息子5歳。

我が家は、子どもたちに財布を持たせ、自分でお金の管理をさせているので、「あれ買って! これ買って!」にはならなかったのですが、あまりに熱心にグッズを見ているので、「じゃあ1つだけ買ってあげよう」という話になり、悩みに悩んだ結果、キャプテン・アメリカのマスク&シールドセットを購入。

キャップに変身したまま、香港ディズニーランド・パークを巡りましたが、これが楽しいのなんの。

■アイアンマンやキャプテン・アメリカのスペシャルメニューも

その他、フードにも、マーベルメニューが登場しており、注目です。

トゥモローランド「スターライナー・ダイナー」では、アイアンマンのハンバーガー&ポテトセットを販売中。ボリュームたっぷりで、食べきれないほどなのも、食べ盛りの子どもには嬉しいところ。

また、ダッフィーやリトルグリーンメン、ベイマックスなどディズニーキャラクター飲茶で大人気の、「クリスタル・ロータス」(香港ディズニーランドホテル内)では、アイアンマンのデザートや、キャプテン・アメリカのスペシャルドリンクも!!

■マーベル好きなら、マーベルだけのために香港へ行く価値あり!!

控えめに言って、最高です。

キャプテン・アメリカやアイアンマン、スパイダーマン、マイティ・ソーらに会えるというだけで、我が息子5歳は大興奮。

でも、それだけでなく、ディズニーパークの中で、キャプテン・アメリカに変身したまま、アトラクションに乗ったり、ショーを見たり、レストランでご飯を食べたりという体験が、これほど楽しいと思いませんでした。

女の子なら、ディズニープリンセスになりきって、という楽しみ方は一般的ですが、マーベルキャラクターでも同じことができるんです。

マーベル好き男児がいるなら、これだけのために香港ディズニーランド・リゾートへ行く価値がある、素晴らしさ。

飛行機で4~5時間と、意外と香港は近いですしね。土日でも行けちゃいますよ。

また、2017年4月30日に “探検” をテーマとしたディズニー直営ホテル「ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ」も新登場。

親子でのんびり滞在したくなるリゾートホテルで、夏休みほか長期休暇にも、おすすめですよ。

協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル

As to Disney artwork, logos and properties: (C)Disney


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス