最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

フジ月9『コード・ブルー』がゴシップドラマ化!? 戸田恵梨香の“不倫展開”に驚愕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「前のシーズンよりつまらない」「心に響かない」「泣けない」「ヘリが出てこない」と辛らつな声が大きくなってきた月9コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)。7日放送の第4話の平均視聴率は13.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、初回以降、ゆるやかに右肩下がりとなっています。

前回、シアン中毒になった冴島(比嘉愛未)の胎児への影響には全く触れられず、視聴者をモヤモヤさせましたが、今回はスッキリ見られるでしょうか? あらすじを振り返ります。

■デキ婚に不倫……ゴシップ医療ドラマ!?

藤川とのデキ婚を決意したフライトナースの冴島は、ヘリを降り、産休に入るまで内勤として“自信過剰ナース”雪村(馬場ふみか)の指導にあたることに。先週くらいからドクターヘリ感が薄れている同作ですが、ますます院内の描写が増えそう……。

とはいえ、早速、ドクターヘリ要請が。バーベキュー中にカセットコンロが爆発し、8歳の少年の首にバーベキュー用の串が貫通。現場での処置は難しいと判断され、速攻で翔北の初療室に運ばれました。もしや、ドクターヘリのシーン、これだけ……?

少年は、生まれつき脳内の動脈が未発達だったため、処置に難航。そこで、天才脳外科医ツートップである藍沢(山下智久)と新海(安藤)が、少年の腕の血管を脳につなぎ、一時的に血液を流すための大手術を実施。新海いわく「かんっぺきな仕上がり」で、少年は一命を取り留めます。

一方、入院中の橘(椎名桔平)と三井(りょう)の10歳の息子・優輔(歸山竜成)の容態が急変。ストレス性の胃炎になり吐血したものの、大事にはいたらず。

しかし、優輔と同じ拡張型心筋症で入院している11歳の友人・暁人(樋口海斗)が、合併症を患い急死。優輔は両親を心配させまいと、最初は強がって無表情でゲームをしていたものの、両親と遠くの花火大会を見ているうちに号泣。「暁人と一緒に見たかった」「ごめん、泣いちゃだめだよね、心拍が上がっちゃう」と涙をこらえようとします。

また、今回はなんと、フライトドクターの緋山(戸田恵梨香)にロマンスを予感させる展開が。頸椎を損傷し入院中の有名料理人・緒方(丸山智己)に、「今日私がやったこと。熱傷処置、切り傷の縫合、家族への説明、褥瘡の手当て。つまんない処置ばっか。最後は緊急オペに入ったけど、患者は死んだ」と病院の内情をペラペラ……。さらに、周産期医療に戻りたいのに、若い代わりの子が入ってしまい、戻れなくなってしまったと愚痴ります。

あらあら、こんなこと患者にペラペラしゃべって大丈夫? それに、緋山先生ってこんなキャラだったっけ? 患者の気持ちを大切にしているイメージがあったので、落ち込んでいるとはいえ、こんな言い方をするなんてちょっとびっくりです。

そんな緋山に、「闇ん中にいるときこそ、気合で明るくするんだよ」とポジティブな言葉を浴びせる緒方。その言葉に救われる緋山ですが、後日、緒方の嫁と鉢合わせ。なぜか「ガガーン!」的な表情を浮かべています。って、好きになってたんかーい。

もしやこれって、流行りの不倫ネタを無理やりブチ込んだ感じ? だとしたら、いらないよ!

■「ドクターヘリ」感は減る一方……

というわけで、かわいそうな子どもが3人連続で出てきたと思ったら、いきなり恋愛要素が投入された第3話。第1話と第2話は救命救急センターのバタバタ感が描かれていてワクワクしましたが、第3話からフワ~っとした感じに。例えるなら、『24時間テレビ』(日本テレビ系)内の闘病ドラマみたいな感じでしょうか。あんなに忙しそうだったドクターたちも、第3話からいきなり暇そうに見えます。なんか、主要キャストがオペ室に大集合してたし。

演出家が第3話から変わったからですかねえ? それとも、ヘリの撮影ができない事情でもあるのかなあ? おそらく、『コード・ブルー』ファンの多くが、もっとロケ多めの、緊迫感とスピード感溢れる以前の感じを求めているのではないでしょうか? 多分、順番的に、次回は第1・2話を手掛けた演出家に戻ると思うので、期待したいと思います。

あと、初回から、やたらと小学生くらいの子どもが死にそうになったり、死んだりしている同作ですが、私、フィクションとわかっていても見てられないのですよ……。独身時代なら鼻くそほじりながら見られたんですが、子を授かってからは、「ああああああああ! 子どもがあああああ! 見たくないいいいい!」と顔をしかめてしまいます。正直、こんなにも子どもが血を流すドラマだとわかっていたら、月9のレビューなんて担当しませんでしたよ、ええ。でも、引き受けたからには、子どもが何人死のうと、顔をしかめながら最終回までレビューしていきますので、よかったら読んでください。(文=どらまっ子TAMOちゃん)

外部リンク(日刊サイゾー)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス