最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「息子がハンサム過ぎる」疑いを抱いた夫婦、DNA検査で真実が明らかに(中国)<動画あり>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「息子は自分に似ていない…」長年、疑問を抱いてきた父親。ひょっとして妻が別の男性と関係を結んでできた子供ではとDNA検査を要請したところ、この息子が母親や父親とも血の繋がりがないことが発覚した。『The Sun』『Oddity Central』などが伝えた。

チャンさんは、1989年2月に上海市第一婦嬰保健院(Shanghai First Maternity and Infant Hospital)で男の子を出産した。その子を我が子と信じてこれまで育ててきたが、周りから「息子さんは両親に似ていない」と言われるたびに夫は「妻のチャンが浮気をして産んだ子供では…」と疑い始めたことから、夫婦関係が次第にぎくしゃくするようになった。

夫の疑惑は晴れることがなく、2004年に夫婦は離婚となった。しかし元夫は、息子が本当に自分の子供なのかどうかをどうしても知りたくて離婚から7年後の2011年、チャンさんにDNA検査をするよう依頼した。

中国TV局『Kankan News』が伝えたところによると、このDNA検査でワン・イー(Wang Ye)という息子が元夫の生物学上の子供ではないことが判明しただけではなく、チャンさんとも血縁関係がないことが明らかになり、ワンさんともどもショックを受けたという。

「息子は目がくっきりと大きく、鼻筋も整っていてとてもハンサムです。元夫はそんなにハンサムではないし、息子とは全く異なる容貌をしています」とチャンさんは言う。自分の産んだ子でもなかったという事実を受け入れられず、2016年に再びDNA検査をしてみたが、やはり結果は同じだったそうだ。

「もしかして出生時に病院で取り違えられたのでは」と疑ったチャンさんは、病院側に問い合わせたが「当時の出生記録は残っていない」と説明を拒否されてしまった。

チャンさんは現在、病院側を訴える準備をしており、130万元(約2,100万円)の損害賠償金を要求する意向だ。「自分の息子を見つけたいし、育ててきた息子にも本当の両親を探し出してやりたい」とチャンさんは話している。

元夫婦にとって衝撃的な結果となってしまったが、自分の両親と信じてこれまで生きてきたワンさんも相当なショックを受けているようだ。「まだ、信じられない気持ちです。私たちは家族として長年一緒に暮らして来ました。事実を受け入れることができません」と明かしている。この件に関して病院側は、7月28日に「現在調査中」と声明文を発表した。

なお今年6月には、オーストリア・シュタイアーマルク州グラーツ市の大学病院で1990年に産まれた女児が病院側のミスにより取り違えられていたことが、20年後の血液検査により発覚する出来事があった。

画像は『The Sun 2017年8月3日付「‘TOO HANDSOME TO BE OURS’ Parents’ discover they have raised the wrong son for 28 years after husband demanded DNA test because boy is ‘so good looking’」(KAN KAN NEWS)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス