最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「ブラッククローバー」“黒の暴牛”メンバー役で優木かな、福山潤、水樹奈々が出演决定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会
 「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の田畠裕基氏によるファンタジー漫画をテレビアニメ化する「ブラッククローバー」で、主人公・アスタが所属する“黒の暴牛”のメンバーを演じるキャスト陣が発表された。

同作は、誰もが魔法を使える世界を舞台に、最果ての地の境界に拾われた2人の少年の冒険と成長を描く物語。なぜか生まれつき魔法が使えないアスタと、天才的な魔力をもつユノが、世界を救う魔道師の頂点“魔法帝”を目指して奮闘する。

作品のヒロインで、アスタとは同期のノエル・シルヴァ役には「精霊使いの剣舞」が優木かなが抜てきされた。そのほか、フィンラル・ルーラケンス役を「おそ松さん」の福山潤、マグナ・スウィング役を「ナナマル サンバツ」の室元気、ラック・ボルティア役を「ハイキュー!!」の村瀬歩、ゴーシュ・アドレイ役を「弱虫ペダル」の日野聡、バネッサ・エノテーカ役を「戦姫絶唱シンフォギア」の水樹奈々、チャーミー・パピットソン役を「マクロスΔ」の安野希世乃、ゴードン・アグリッパ役を「攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」の松田健一郎が演じる。変身魔法を得意とするグレイを演じるキャストは、後日発表を予定している。

キャスト陣からのメッセージも公開され、優木は「原作を読み始めたらページをめくる手が止まりませんでした! そんなワクワクがたくさん詰まった作品に出演することができて嬉しいです」と出演決定を喜んでいる。福山は「熱く胸躍る今作に関われることだけでも嬉しいのですが、黒の暴牛の団員として尽力できるのは光栄の極みです。軟派なフィンラルですが、楽しく魅力的に演じていきます!」、水樹は「超個性的で自由人だらけの“黒の暴牛”、その一員になれることが嬉しいです!! 思いっきり楽しみながら演じさせていただきたいと思います」と意気込みを語った。

「ブラッククローバー」はテレビ東京ほかで10月放送開始。

外部リンク(アニメハック)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス