最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【極秘】ラーメンの知られざる歴史と秘密9選を大発表! 誰も知らない謎が判明か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

今やカレーや寿司と並んで日本を代表する料理となった感のあるラーメン。もともとは中華料理だったことは誰もが知るところですが、長い歴史の中で日本人向けのアレンジが何度も行われ、47都道府県の異なる食文化とも融合され、さまざまな形で進化を遂げていきました。

ラーメンの歴史と秘密を大発表!


今回はそんなラーメンの歴史や、あまり知られていない秘密から人気店の裏話まで、ラーメンに関するさまざまな雑学をお届けしていきます。


1. 日本のラーメン屋の歴史は100年程度
日本にラーメンが伝わったのは江戸時代末で、主に横浜・神戸・長崎・函館などに形成された中華街でのみ食べられていました。日本に最初にラーメン屋がオープンしたのは1910年のこと。浅草に誕生した「来々軒」が日本最初のラーメン屋だとされています。

ちなみにこの来々軒は1976年をもって廃業してしまいました。

2. 日本人で最初にラーメンを食べたのは水戸黄門
諸説ありますが、日本人が初めてラーメンを食べたのは1659年のこと。当時の中国(明)から水戸藩に招かれた儒学者の所持品リストに中華麺を作るために必要な道具が含まれていたため、実際に作ったに違いないとされています。そして当時の水戸藩の藩主は徳川光圀(水戸黄門)だったため、おそらく最初に食べたのは水戸黄門だろうという説が存在するのです。


3. インスタントラーメンを最も消費しているのは中国
日本で誕生し、今や全世界で親しまれているインスタントラーメンですが、最も多く消費されているのは中国で、その数は2012年時点でなんと年間440億食。人口の違いこそあれど、日本の54億食を大きく引き離す結果となりました。

また、一人あたりの消費量で計算すると最も多いのは韓国となり、年間で72食も食べていることになるそうです。

4. 日本最大のラーメン激戦区は渋谷
ラーメン店が密集している地域はラーメン激戦区と呼ばれていますが、最も店舗数が密集しているのは東京の渋谷だそうです。全国各地にラーメン激戦区は存在しますが、東京は渋谷の他にも新宿歌舞伎町、西池袋、赤坂、立川市、新橋、千代田区鍛冶町などがトップ10にランクインするというさすがの結果となりました。

関連:【ラーメン密集地域ランキング】全国1位はあの街!スープは〇〇味が集中していた/しらべぇより


5. 3歳児でもラーメン二郎を食べられる
脂ギトギト&ニンニクたっぷりの濃厚スープ、大量の極太麺、チョモランマのように盛られた野菜のタワーが凄まじいインパクトを放つラーメン二郎。食べるのはなかなかハードルが高いイメージがありますが、店舗によっては3歳児でも問題なく食べられます。

関連:【衝撃取材】ラーメン二郎にハマる3歳児 / パスタや蕎麦を見ても「ジロウだ!」と言う/トリビアニュースより

新宿小滝橋店などでは店内にテーブル席もあるため、家族連れでも取り分けながら安心して食べることができるのです。出産を機にラーメン二郎に行く機会がなくなってしまったと嘆いている主婦の皆さん、子連れでもOKなラーメン二郎を探してみてはいかがでしょうか。



6. 外国人から人気のないラーメンは煮干ラーメン
外国でも広く受け入れられているラーメンですが、ニオイの強いラーメンは嫌われる傾向があるようです。特に不人気なのは煮干ラーメン。生臭い独特の香りはなかなか受け入れられないようですね。またオーソドックスな醤油ラーメンもニオイに敏感な方は苦手とすることが多いようです。

ちなみに、外国人から最も人気のラーメンは豚骨ラーメンのようです。豚骨ラーメンも種類によってはなかなか香りが強烈なイメージがありますが、わからないものですね……。


7. 日本一店舗数の多いラーメンは幸楽苑
日本にはたくさんのラーメンチェーンが存在しますが、最も店舗数の多いチェーン店は「幸楽苑」のようです。2016年の時点で国内店舗数は500店舗を超え、2位のスガキヤと100店舗以上の差をつけています。幸楽苑もスガキヤも比較的リーズナブルなラーメン店。やはり安さに勝るものはないということでしょうか。

8. アメリカではラーメンバーガーも人気
アジア圏のみならずアメリカでもラーメンは高い人気を誇りますが、アメリカで独自の進化を遂げた「ラーメンバーガー」も人気です。

ラーメンを使用したバンズで牛肉を挟むという独特の発想で作られているのですが、日本でもハンバーガーチェーンのロッテリアが取り入れたり、ニューヨークから東京に進出する店舗が登場するなど、密かに日本でも浸透しつつあります。皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか。

9. 次は「コオロギラーメン」に注目?
次から次へと新しいジャンルの料理が誕生する日本のラーメン界ですが、次はもしかしたら昆虫のコオロギがブームになるかもしれません。

煮干ラーメンで人気の「ラーメン凪」が実際に開発・販売したことがあり、見た目はそのまんまコオロギがトッピングされているので苦手な人はツラいかもしれませんが、味は苦味がなくて旨味が強く、ラーメンの可能性を広げる味だと各方面から大絶賛を受けたそうです。人気タレントの有吉弘行さんもコオロギラーメンを食してウマいと絶賛したこともあるのだとか。


ラーメンがもっと好きになる!


以上、ラーメンに関する知られざる歴史と秘密をお届けしました。皆さんはいくつご存知だったでしょうか。ラーメンの奥深さを知れば知るほど、いつも食べていたラーメンも今まで以上に美味しく感じられるもの。ぜひラーメン好きの皆さんに教えてあえてくださいね。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス