最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

凄惨な事件の幕開け… 大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太『ビジランテ』特報映像公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太がトリプル主演を務める、入江悠監督のオリジナル脚本による映画『ビジランテ』(12月9日公開)の特報映像が解禁となった。地方都市の闇に生きる男たちのヒリヒリとする葛藤と衝突が、約30秒という短い映像の中で映し出されている。

【関連】映画『ビジランテ』フォトギャラリー

本作は映画『SR サイタマノラッパー』劇場版三部作(09~12)でブレイクし、映画『ジョーカー・ゲーム』、『22年目の告白-私が殺人犯です-』を手掛けた入江悠監督が、地方都市の闇に生きる男たちの葛藤と衝突をオリジナル脚本で描くバイオレンス・ノワール。

「ビジランテ」とは、警察や法律が機能していない世界で、己の力・判断で本当に大切なものを守り抜く集団を指す。幼い頃に失踪した長男・一郎(大森)、市議会議員の次男・二郎(鈴木)、デリヘルの雇われ店長の三男・三郎(桐谷)と別々の道、世界を生きてきた三兄弟。ある日父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が30年振りに突然帰ってきた。再会した3兄弟の運命は再び交錯、欲望や野心、プライドが衝突し、事態は凄惨な方向へ向かっていく…。

公開された特報映像は、これから起こる凄惨な出来事を予感させる4つ打ちの音楽が響く中、車を走らせる三男・三郎(桐谷)の冷たい目をした横顔から始まる。

車窓からは殺伐とした地方都市の風景、無精ひげ姿の長男・一郎(大森)、市議会議員の次男・二郎(鈴木)の緊張した表情が続けて映し出され、「法や正義が及ばない世界。大切なものは自ら守り抜く」というナレーションが、男たちの哀しき生き様を想像させるものとなっている。

また本作は、8月31日までモーションギャラリーにてクラウドファンディングを開催しており、入江監督、新境地へ挑戦のオリジナル企画として応援団が続々と集まっているという。

映画『ビジランテ』は12月9日よりテアトル新宿ほかにて全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス