最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

松本人志は不倫肯定派?不倫バッシングの風潮を嘆く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

8月6日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、芸能ニュースの中で斉藤由貴(50)の不倫疑惑報道が取り上げられ、コメンテーターの松本人志がそれに対して発言し、不倫バッシングの風潮や自分自身の不倫に対する思いを語った。

不倫もできない社会に「シクシク泣くこともある」


過去にも数度の不倫報道のある斉藤由貴に対して、松本は「この人は殿堂入りだと思う。不倫ビザを与えてもいいと思う」と、ビザがなかなか降りないためにアメリカ渡航ができずにいる芸人ピースの綾部祐二を引き合いに出して笑いを誘った。

そこから最近の著名人の不倫報道の多さと世間の「不倫バッシング」の風潮に話題は移る。松本はむしろ不倫肯定派で、「正直、芸人やってて、不倫がこんなんにアカンねやって思ったら、シクシク泣く夜がある」「なんのために芸人やってんねやろうと思うと、シクシクシクシク泣いちゃうときがありますよね」と不倫をダメだとする社会に対する悲嘆を示した。

不倫や女遊びを許さない風潮の中で、松本は芸人の間でも「どうする?どうしてんの?」とみんな困惑し「独身の芸人ですら、そんなに派手に何人も...みたいなことができない」という雰囲気になっていることを語った。

松本が結婚した8年前には状況は全く違ったので「こんなんなるって聞いてないもん!約束が違うもん!」と思っているらしく、自分自身は嫁に対して結婚前から「結婚したって俺は遊ぶからな」と告げていたことを明かした。しかしたとえ夫婦の間で納得があったことでも「世の中の流れがそれを許さないから」と、時代による不倫に対する社会の反応の変化について語った。

番組終盤には「誰かこの(不倫バッシングな)状態を破って欲しい」そして「それが僕は東野じゃないかなと」MCの東野を突然指名。それに対して東野は「イヤイヤ、それは松本さんでしょ」と慌てて返していた。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス