最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』ゲネプロレポート!町田慎吾、平野良らが臨む戦国人間ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

007719.jpg

2017年8月5日(土)に東京・紀伊國屋ホールにて戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』が開幕した。本作は、「戦国御伽絵巻」シリーズの第2弾で、2016年11月に上演された第1弾『ソロリ』~妖刀村正の巻~にも登場したヒデヨシを主人公として描いている。そのヒデヨシ役を演じるのは、前作でも同役を演じた町田慎吾。果たして、どんな物語が描かれるのか。公開ゲネプロの模様をレポートする。

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_2

開演前の客席には、3匹のサルの姿が。前作にも登場したミザル(大岩主弥)・イワザル(福島悠介)・キカザル(及川崇治)が、今回も観客を“戦国御伽絵巻”の世界へ誘ってくれる。3匹のサルが語り始めるのは、誰もが知るあの“ヒデヨシ”の秘伝中の秘伝。戦国時代、天下を目指したヒデヨシの、誰も知らない物語。

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_4

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_5

天下統一を目指す織田信長の元、功績を上げヒデヨシ(町田)は重臣となった。戦を嫌い、自分の大ホラを武器に争いをおさめようとするヒデヨシは、戦の才に溢れる明智光秀(平野良)と対立するが、軍師・竹中半兵衛(藤原祐規)の助けを得ながら戦を回避していく。

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_6

織田家と同盟関係にある三河の国主・徳川家康(鍛治本大樹)に、信長こそが「皆が望む世を造る」と語るヒデヨシ。そんなヒデヨシだったが、ある日、ウツボ(根本大介)、シャチ(佐藤永典)ら謎の人物たちに襲われ・・・。石山本願寺の顕如(月岡弘一)と黒顕(三上市朗)、足利義昭(大力)らの思惑も渦巻く戦乱の世、ヒデヨシは何を選び取るのか―。

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_7

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_8

本シリーズが目指すのは「殺陣ではなくドラマ・心情心理を大切にした時代劇」。戦多き時代の中で、男たちが何を考え、何を信じ、何を目指したのか、その心の動きにスポットが当てられ、色濃く描かれる。

町田演じるヒデヨシは、前作『ソロリ』の頃より経験を積み、現実に直面しながらも、それでも理想を求める“ピュアさ”を持ち合わせている。それは“きれいごと”なのかもしれない。その“きれいごと”を諦めないからこそ生まれる葛藤や苦悩、覚悟が、“御伽絵巻”としてのヒデヨシ像を輝かせる。そんなヒデヨシの存在に、平野演じる光秀も、藤原演じる半兵衛も、それぞれの形で影響され、突き動かされていく。

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_10

もちろんメインではなくとも、殺陣シーンも見応えのある仕上がりとなっている。平野が、光秀の長髪をたなびかせながら見せる殺陣は大変美しく、必見だ。また、シャチを演じる佐藤の太刀筋は速く、感情の見えない表情と混じり、冷やりとさせられる。舞台の上で「剣の達人」としてあるため、稽古場で何度も何度も木刀を振るっていた佐藤の姿が思い出された。

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_15

男たちの望み、願い、抱いた野心が紡ぐ“戦国御伽絵巻”。ぜひ、劇場でその結末を見届けてほしい。戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』は、8月13日(日)まで東京・紀伊國屋ホールにて上演。

なお、対象公演限定で終演後にイベントが開催される。内容、参加者などの詳細は、以下のとおり。

【終演後イベント】
8月8日(火)19:00公演 トークショー
参加者:町田慎吾、佐藤永典、大岩主弥、福島悠介、及川崇治、大力
8月9日(水)19:00公演 トークショー
参加者:町田慎吾、平野良、藤原祐規、鍛治本大樹、月岡弘一、三上市朗
8月10日(木)19:00公演 お見送り
参加者:町田慎吾
8月11日(金・祝)18:00公演 トークショー
参加者:町田慎吾、平野良、佐藤永典、藤原祐規、鍛治本大樹

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_11

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_9

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_12

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_13

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_16

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_14

戦国御伽絵巻『ヒデヨシ』舞台写真_3

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)


外部リンク(エンタステージ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス