最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

結婚式当日に赤ちゃんが誕生したカップル「一度に全てが叶った!」(米)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
出産前に婚約者との挙式を計画していた妊娠7か月半の女性。しかしお腹の赤ちゃんはパパとママの幸せな日を一緒にシェアしたかったようだ。このほど予想せぬ早期出産を迎えた女性が、幸運にも出産日に病院で挙式を行うことができた。米メディア『Inside Edition』や『People』が伝えている。

米ミシガン州に暮らすジャエル・レンホールドさん(29歳)とジョン・パルシファーさん(30歳)は7月29日、70人ほどのゲストを招いてチャールボーワ湖での結婚式を予定していた。ジャエルさんは妊娠7か月半だったが、出産までまだ時間があることから事前に挙式を済ませておきたかったようだ。

しかし25日にマンソン・メディカルセンターを訪れた時、医師からすでに破水していることを伝えられ「出産するまで式は中止にした方がいい」とアドバイスを受けた。

このことにショックを受けたジャエルさんはひどく落ち込み、泣くほどだったそうだ。そんな婚約者の姿を見たジョンさんは「彼女の中には結婚式を中止にするという選択肢はない」と知り「大丈夫、病院で式を挙げよう」と励ましたが、ジャエルさんはそんなことが叶うとは思わなかったという。

ジョンさんは愛する婚約者のため、ゲストに連絡し病院側にも相談、地下にある会議室を使用する許可をもらい、予定通り29日に式を挙げることを決めた。偶然にも双方の友人の親が病院の礼拝堂牧師であったことから、ジョンさんは彼に挙式進行をお願いした。またブライズメイドらは病院から外出できないジャエルさんのために、地元の古着店でウエディングドレスを用意した。

ところが29日の挙式当日、朝7時頃目覚めたジャエルさんは陣痛が起こっていることに気付いた。「どうしよう。ゲストのみんなも来るのに」とかなり不安になったようだが、陣痛からおよそ5時間半後の午後12時42分頃、女児ブライアちゃんが予定日より6週間早く産まれた。

ジャエルさんが出産したことなど全く知らなかったゲストらは、3時間後に病院の地下室で行われることになった結婚式に参加するため到着した。ジョンさんはゲストらに、病院の隣にあるバーで待機して17時頃にもう一度来てほしいと頼んだ。再び現れたゲストらは、5時間ほど前に誕生したブライアちゃんのことを知って驚いたという。

出産して間もなかったジャエルさんは、父に車椅子を押してもらいながら車輪付きの移動保育器に入れられたブライアちゃんを押して、即席結婚式場となった病院の地下室でヴァージンロードを歩いたそうだ。ジョンさんは「とにかく子供が無事に産まれることが最優先だったから、この日はそのことで頭がいっぱいになっていました。そのうえ式まで挙げることができたのですが、なんだか一日がとても非現実的に感じました」と話している。

ブライアちゃんは2~3週間はNICU(新生児集中治療室)で過ごさなければならないということだが、夫妻は病院の近くに部屋を借りて娘への日々の訪問も問題ないようだ。予期せぬ出産というサプライズだけでなく、同日に結婚式まで挙げることができたジャエルさんは「一度に全てが叶ったことをとても嬉しく思う」と喜びを露わにしている。

画像は『Inside Edition 2017年8月3日付「Couple Has a Baby and Gets Married on the Same Day」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス