最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ペルセウス座流星群が極大 見ごろは12日21時から13日明け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペルセウス座流星群が、8月13日午前4時頃に極大を迎える。日本では12日21時から13日明け方にかけて見ごろとなる。

国立天文台によると、ペルセウス座流星群は12日21時から13日明け方に最も多くの流星を見ることができ、13日から14日にかけてもある程度の数の流星が出現する見込み。ただ、今年は月が出ているため見える流星の数は例年よりやや少なく、最も多いときに暗い場所で1時間あたり35個程度になるという。

観察にあたっては、望遠鏡や双眼鏡などは不要で、肉眼での観察が適している。流星の放射点は北東のペルセウス座付近となるが、特定の方角だけに出現するわけではないため、月がなるべく視界に入らないようにしながら空の広い範囲を眺める必要がある。

ペルセウス座流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに、「三大流星群」と呼ばれる多くの流星が出現する流星群。条件が良い時には、1時間あたりおよそ40個の流星を観測することができる。極大の時期がお盆や夏休みの時期と重なるため、観測しやすい流星群として人気がある。

外部リンク(BIGLOBEニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス