最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

優柔不断が仇となる? 任侠界に噴出する「神戸山口組組長失望論」の深層

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


8月末で2年が経過しようとしている、山口組の分裂劇。ここにきて情勢は大きく変わりつつある。当初、勢いよく喧伝されていた神戸山口組だったが、トーンダウンぶりを象徴するかのような人事があった。神戸山口組の”金庫番”と目された池田孝志組長が舎弟頭を降りたのだ。

この問題を取材し続ける実話誌記者が語る。

「舎弟頭とは、若頭・本部長と合わせて“三役”と呼ばれる重要なポスト。池田組長本人から神戸の執行部に対して『堅気になりたい』と申し入れがあったようです。神戸からすれば、今ここで降りられては士気に関わる大問題。すぐさま幹部が説得にあたり、最高顧問として組織に残ることになった。ただしその際、池田組長は“織田とは付き合いをする”と条件を付けたといいます。神戸を割って出た、任侠山口組代表の織田氏です。本来、絶縁者と関りを持つことはご法度ですが、池田組長と織田氏との間にはカネの問題がある。よって、神戸山口組も目をつぶらざるを得なかったそうです」

そもそも、2年前に山口組が分裂する際、直前に開かれた“謀反組”の決起集会で怪気炎を上げたのが、井上邦雄・神戸山口組組長と織田絆誠代表だった。当時の状況について、六代目山口組の二次団体幹部・X氏が明かす。

「皆がいる前で井上組長の横に立った織田は『喧嘩はワシがします。オジさんたちはただついてきてくれたらエエです』と啖呵を切った。この大演説に後押しされ、『資金面は池田組がみるから、喧嘩は山健組で。政治外交は寺岡若頭、正木総本部長が広報戦略』という役割分担になったそうです。しかしその後、池田組はナンバー2を殺害されましたが、抗争を担当するはずだった山健組の威勢はピタリと止まりました。それどころか、井上組長は腹心として大抜擢した織田に裏切られ、組を割られて……『これじゃ、話が違う』と池田組長が愛想を尽かすのも無理はない」

井上邦雄・神戸山口組組長といえば、五代目山口組組長の出身母体である健竜会からのし上がり、山健組の当代となった。いわばヤクザのエリートコースのど真ん中を歩んできたとされる人物だ。

だが、ここへ来て求心力の低下は否めない。「その予兆は分裂する前からあった。性格が優柔不断すぎる」と語るのは、六代目山口組の古参幹部だ。

「2008年に、山口組で直参の大量処分者を出す大騒動があった。当時の大幹部だった後藤忠政組長が高山清司若頭の逆鱗に触れ、進退問題に発展。すると、これに抗議した直参組長が連判状をしたためた。この時、一番最初に名前が入っていた井上邦雄は『やっぱりアカンことになる。ワシの名前を消しといてくれんか』と、連判状作成の座長役となっていた直参組長に懇願し、途中で降りた。高山若頭の怖さを誰よりも熟知しているのが、井上という男なんです。この一件で後藤組長と連座して処分された直参は何人もいますが、その中で神戸山口組に加勢したのは1人だけ。他のメンバーは『あんとき動かんかったもんが、何を今さら』と醒めた目で見ている。要するに、井上は正面から高山若頭と喧嘩できるような人間ではないんです」

◆「偽物のバッジを持ってこい」

現在、府中刑務所に服役中の高山若頭が出所するのは、2019年頃と見られている。“3つに割れた”山口組の再統合は、それまでにあり得るのか。

まず考えられそうなのが任侠山口組勢との統合だが、前出の古参幹部は言う。

「任侠山口組の実質的な数は100人ほどで、(六代目側への)復帰の話は続々と来ています。あとは織田の態度次第ですね。偽物のバッチ作って、山口組を名乗っているうちは無理でしょう。バッジを捨て、何も言わず、黙って頭を下げにくればいい。古い話だが、今の織田を見ているとベラミ事件を起こした鳴海清と重ねて見えてしまう。鳴海とは田岡三代目に拳銃を発射し、新聞社に親分を愚弄するような文章を送りつけて最後、むごたらしい姿で死体となって発見された人物なのですが、スケールはだいぶ劣るとはいえ、織田がやっているのも同じことだから」

では、神戸山口組はどうか。

「任侠と同じで、現場レベルでは“戻った後”の保全をかけに来る幹部は多い。井上ら絶縁者以外は咎めずに受け入れる、というのが執行部の器量ですから、そういった相談には日々乗っています。問題はタイミング。池田組と同じように、二代目宅見組がだいぶグラついている。組長である入江の心が折れれば、事態は雪崩を打って変わるでしょう。先日、山健組の若頭に昇格した中田あたりは、よほどわかっているのではないか」

このご時世、実力行使を伴う抗争劇はもはや起こってはならない――古参幹部はそう話すが、一方で二次団体幹部・X氏はこうも語る。

「本来なら神戸からカエシ(報復)があって、第2ラウンドに入ります。窮鼠猫を噛む、ではないが、そういった可能性もゼロではない。そうなると、特定抗争指定がかかるだろうが、やぶさかではない。受けて立つまでです」

タイムリミットまで、残り1年半。日本最大の暴力団で起きた分裂劇は、どのような収束を見せるのか。

取材・文/日刊SPA!編集部


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス