最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

オトナの女子力向上委員会

クサレドブスでも男に抱いてもらえる方法 / 嘘でしょ? 夏なのに彼氏いないの!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
お初にお目にかかります、デリケートゾーン粥子の名でゴーストライター業をしている女子です。親しい作家仲間のあいだでは、カユチャンとかカユカユと呼ばれています。皆さんもカユカユと呼んでいいですよ。性格は穏便で優しいほうですが、興奮すると口調が変わるってよく言われます。まあ、仕方ないですよね。人間だものぉ~。

私はゴーストライター業が本職なので、メディアに名を出して仕事をしてきませんでしたが「恋愛百戦錬磨のカユチャンに恋愛の極意を書いてほしい」と依頼され、執筆することにしました。担当編集者が元カレなので、まあ、断れないですよね(笑)。以後、お見知りおきを。

クサレドブスでも男に抱いてもらえる方法


ということで今回は、ブスでもドブスでもクサレドブスでも、男に抱いてもらえる方法をお教えしたいと思います。

突然ですが、皆さんは自分のこと美人だと思いますか? え? 普通の可愛さ? ははは、それブスっていうんです。自意識過剰すぎますよ(笑)。

皆さん、自分が思っている以上にブスですよ。だから彼氏がいないわけだし、彼氏だと思ってても「相手はあなたを捨てる準備」をしていたり、「新しい女が出来たら乗り換える準備」をしていたり、「そもそもあなたを彼女だと思ってない」わけです。

ブスだから努力して男に抱いてもらうしかないのです。まずは自分の顔が普通レベルだと思っている根性叩き直さないといけませんね。なんでそんなふうに育っちゃったんだろ。親の顔が見てみたい。ちなみに私は美人なほうだと思う。



なに? なんかメチャ不満そうな顔してるね。むかついたのかな? またこのパターンかよ(笑)。いつも私が恋愛テクニックを教えると、ブスどもは怪訝そうな顔するんだよね。怒んないでよ~、私はブスを救うためにこの記事を書いているってこと、そこを忘れないで(笑)。

私はブスの味方なの! 卑屈なブスだらけになって日本の国力が下がったら子孫が悲しむだろ? ブスは国力を下げるんだよ! 私を恨んだってブスが治るわけじゃないんだしさ、素直に現実受け止めてよ(笑)。

え?「私は怒ってないよ」「ためになると思った」だって? うんうん、そういう素直な美人もいるよね。こういう記事を読んで不満を書き込んだり、ムカついたり、激怒している人ってのは、だいたいが図星を言われて「ムキーッ!」ってなってるブスなの。だからブスじゃない人や素直で心がキレイな人は怒らないし、素直に聞き入れてくれる。顔が美しい人は心も綺麗という証拠ですね。そういう人がいるから、私、頑張れる★



女子力を失ったら生きる価値なし


ブスの皆さん、厳しい暑さにやられてミイラのように干からびていませんか? カップラーメンのかやくのように、カラッカラに乾いてしまっていませんか? マカロンの表面みたいにカサカサしていませんか?

女子が潤いを失うということは、女子力を失ったも同然。女子力を失った女子は生きる価値を失ったも同然だということは熟知しておくべきでしょう。

「じょしりょく」と「めこりき」


あっ、はじめのうちに言っておきますが、私がいう「女子力」は「じょしりょく」以外にも意味があります。「女子力」と書いて「めこりき」という意味もあるのです。

これは私の師匠、エビオス嬢より伝えられた教えで、「じょしりょく」と「めこりき」は以下のように違う意味を持ちます。それを前提にお読みくださいね。

じょしりょく: 気遣いができる女子
めこりき: 発情力を発揮した女子



体臭は貴重な満足度を上げるポイント


真夏の暑さで汗ダラダラな毎日が続いております。でも女子の多くは制汗スプレーをしたり、汗ふきシートなどを使って、汗をかかない努力をしていますよね。もしモテたいならば、そんなことはやめてください。なぜなら、全身しっとり、ビッチョリグッチョリ、しっかり潤っていたほうがモテるからです。

暑さが厳しい夏だからこそ、エアコンの効いた室内で涼むのではなく、全身に汗という潤い成分をまとって男をゲットしに街へと繰り出すべきなのです。

なぜなら、男子にとって女子の汗と体臭はご褒美だから。風呂に入らず皮膚で雑菌が繁殖し、まるで「洗濯物の生乾きのニオイ」がしてきたら最高です。男子はそれだけで、熱々の白飯3杯はおかわりできます。それを女子はわかってない。洗剤の香りで体臭をごまかしたり、せっかく汚れてきたのにキレイに拭いてしまう。

体臭は、貴重な男子の満足度を上げるポイント。私はそれを略して「きちょまん」と呼んでいます。女子の多くは、汗を拭いてしまい、きちょまんを自分で捨ててるわけです。

ありえない行為です。私は恋愛相談を受けると「アナタのきちょまんはどこかしら?」と必ず聞きます。するとだいたい「とことん尽くす性格」「料理が得意!」と返答するんですよね。わかってないのです。男子のツボが。それは「じょしりょく」であって「めこりき」でも「きちょまん」でもない。

現代社会を生きる女子の多くが、「めこりき」と「きちょまん」を疎かにしています。若い女子のきちょまん離れが発生しているのです。大切な部分なので、改めて3つの要素を伝えしますね。

じょしりょく: 気遣いができる女子
めこりき: 発情力を発揮した女子
きちょまん: 貴重な男子の満足度を上げるポイント



「きちょまん」テクニックをフル活用せよ


実際、私は「きちょまん」テクニックをフル活用し、何人もの男を落としてきました。あまりにも簡単に落とせるので、若かりし頃には「イケメンとヤッては捨てる」という愚かなことを数年間続けていたことがあります。

さすがに「若気の至り」だと反省していますが、それだけ絶大な効果があると解釈していただければと思います。本題に戻ります。さきほどの説明で「女の体臭や汗は男を落とす武器になる」ということは理解しましたね? 女は汗を拭い風呂に入って、自分から武器を捨ててしまっているということも理解しましたね? それらの例をふまえ、どんなきちょまんが存在するのか、いくつかお教えしましょう。それを実践することで、たとえあなたがブスでも、この夏に1~2人ぐらいの男に抱いてもらうことが可能でしょう。

ブスでもモテる! きちょまんテクニック6選


1. 風呂に入らない
男は無頓着な女子のほうが「簡単にヤれる」と思うものなので、体臭がクサイ女はブスでもモテます。洗濯物の生乾きのような臭いがあればベター。

2. 汗は拭かない
汗と皮脂がドロドロと出まくっている女に、男は「疲労によるエロス」「汗による色気」「テカりから放たれる妖艶さ」を感じ、たとえブスでも動物的な直感で関係を持ちたいと思ってしまいます。

3. 食後は爪楊枝でシーシー
食後は「シーッ! シーッ!」と歯間に息を通しながら爪楊枝で食いカスをほじくり出しましょう。男は「俺にそんな姿まで見せてくれるんだ」と思い、ブスでも手を出してしまうのです。

4. クチャクチャ食べる
口を開けて「クチャクチャ」と音を出しながら食べる行為は嫌われがちですが、あえてクチャクチャ食べることにより、自分のレベルを下げて「すぐにヤれそうなバカ女」を装いましょう。経験上、クチャ食い女はモテる傾向にあります。男は女のマナーの悪さよりも、とりあえず目の前の女とヤれるかどうかが重要なのです。

5. 貧乏ゆすりをする
女が貧乏ゆすりをすると、一部の男は性交渉をイメージします。そう、振動が腰をを動かしている時のイメージと重なるのです。たとえブスでも、どんなときも貧乏ゆすりをしていれば、常にあなたを性の対象として見るわけです。

6. おしぼりで鼻くそをほじりだす
飲み会などで居酒屋に行ったとき、おしぼりが出されたら、鼻くそをおしぼりでほじくり出します。まずはおしぼりを広げ、人差し指をくるみ、豪快に鼻穴に入れ、ねじるように鼻くそをほじりだしてください。グイッ、グイッと、力強くです。両方の鼻穴にしてください。

ほじくり出したら目視で確認し、「うわっ」などと言って、体内から出てきたものの印象を男に伝えましょう。

そうすることで、男は妄想をし、たとえブスでもあなたに性的な興奮を覚えるのです。布のおしぼりはお店に迷惑がかかるので、使い捨ての紙のおしぼりやナプキンのときにしましょうね。



どれも難しくない恋愛マニュアル


きちょまんテクニックの数々、誰でもすぐにできるものなので、何も難しいことはありません。皆さん、女特有の魅力を出さずに生きてきたことに気が付きましたよね? これからは、きちょまんを最大限に活用し、ブスでも抱いてもらえるよう、精進してください。

え? 抱いてもらうだけじゃなく、しっかりと愛のある交際をしたい? 彼氏が欲しい? 調子に乗るんじゃねーよ! 鏡にレッツゴー(笑)。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス