最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「彼氏とか面倒だからセフレで」恋愛中二病なウザ女の4タイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カッコつけて「彼氏とかいらない、セフレでよくない?」と言っているひと、あなたの周りにいませんか? セフレなんて一時的に欲を満たしてくれるだけ。まだまだ本当の恋愛を知らない、まるでオトナと子供の境、中二病の子供のよう。しかし誰でも(?)通ったこの道。あなたもかつて『恋愛中二病』にかかってはいませんでしたか?

症状1:セフレ至上主義


恋愛中二病の口癖が「彼氏なんて面倒くさい。セフレで十分」というもの。

恋の駆け引きが面倒くさいだとか言っているけれど男性の彼女ポジションになれないから、ただ強がっているだけ。カッコつけてるだけなんです。

恋愛の駆け引き方がわからなくなる


周りをセフレで固めていると、すぐに男性と体の関係になりがち。体の関係に入る前に仲を深めなければならないことはたくさんあるはずなのに、それがいつしかできなくなってしまいます。

セフレなんて所詮は一時的な満足にすぎません。本当に心から満たされたいのなら面倒くさい恋の駆け引きとやらで勝ち抜かなければならないのです。

筆者の周りでも強がってこう言っている人は多いです。そんなことばっかり言っていると本当の恋愛ができなくなりますよ。

もし、今のあなたがそうならば早く目を覚ましてください。恋の駆け引きって大事なんですよ。面倒くさい? いえ、それが恋なんです!

症状2:ラブホ自慢


「渋谷の○○ってホテルはコスパいいよ」「新宿の○○はやめとけ」などといちいち行ったことのあるラブホを語りだす人。

正直うざいですよね。でもラブホに行き始めくらいのころって自慢したくなるの、思い返せばなんとなく分からなくもないんですよね……。

ラブホのゴムを渡ししてくる


「私、ピル飲んでるから使わないんだよね!」「でもホテルに行ったときは勿体ないから毎回持って帰ってくるんだ!」

と言って彼氏のいない相手にホテルのゴムを渡す人。彼氏がいる相手に渡せよと思うけれど、恋愛中二病の人は恋人のいない人にあえてゴムを渡したいのです。

もしかしたら、いつか使うわけですから「わぁ~ありがとう!」と言ってもらってあげてください!

症状3:○イパン自慢


今や○イパンなんて珍しくはありませんが、やたらアソコの脱毛している自慢。「アソコの脱毛は私に任せろ!」的な恋愛中二病。

意外と○イパン派は珍しく撃沈


しかし、あまり知識がないまま「男性はツルツルが大好きなんでしょ!」という先入観で脱毛を始めると、意外と日本人は○イパン好きが少ないことを知り撃沈する結末に。

誰のことを言っているかというと、まさに筆者のこと。このような先入観から学生にとっては大金のVIO脱毛プランを申し込むも、案外○イパン派が少ないことを最近知りました。

もしVIOの脱毛を考えているなら周りの男性の意見を聞いてみたほうがいいですよ。

症状4:ピル飲んでいる自慢


「私ピル飲んでいるからゴムつけなくても大丈夫」と言っちゃうおバカさんは完璧に恋愛中二病!

だから避妊はできても性病は関係ない!


「ピル飲んでるからつけなくても大丈夫」というのは、いろいろと間違っていますよね。

確かに、付けなくても妊娠はしませんが性病は防げません。またその逆で、「それならつけなくていいな!」と思う男性は本当におバカさん。

ゴムの大切さ、理解してくださいね。

どうでしたか? あなたの周りにこのようなひとはいませんか? またはあなたも昔このようなタイプではなかったですか?

今考えてみるといろいろ恥ずかしいですよね(笑)。

外部リンク(Menjoy!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス