最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ビートたけしの金言集「軍団を連れ歩き楽しくて仕方なかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 以前、「殿は30代後半で、たけし軍団を作って、周りにたくさんの弟子ができたじゃないですか。それって大変じゃなかったんですか?」と、素朴な疑問をぶつけてみると、

「全然大変じゃなかったな。毎日野球はできるし、夜は軍団連れて飲み行ってバカなことやってたしよ。もう楽しくて仕方なかったけどな」

と、アラフォーで親分となった殿は、100点満点な答えで振り返ったのです。

そんな“楽しくて仕方なかった頃”、テレビの中で殿に随時ツッコまれていた軍団さんは、弟子入り前のわたくしにとって、はっきりと嫉妬の対象であり、弟子になった今でも、主にリアクションを求められる現場での、殿と軍団さんの濃密なやり取りを体感するにつけ、やはり嫉妬を抱いてしまいます。

長い年月で培ってきた、殿&軍団さんとのやり取りは、とにかくフォーメーションが完成していて、おいそれと若手が入り込めない、まったく隙のない空間です。そんな現場の中でも、“殿&軍団、そこまでやるか!”と、おののいたシーンがありました。

10年以上前の特番で、殿が軽トラで登場し、軍団の面々がその軽トラにはねられそうになる、といった、今なら絶対にアウトな企画でした。殿が、こういった時に変貌する、“無表情で肝の据わった目”となり、猛スピードで突っ込んでくると、皆、一目散に逃げ回ったのですが、ラッシャー板前さんだけは悠然と立ち向かい、“殿、来てください”とアイコンタクトで意志を示されたのです。果敢に立ち向かうラッシャーさんに、殿は何度もタイヤで足を踏んづける行為を繰り返しながら、逃げ場のない壁際に追い込むと、“おい、次は本当にひくぞ!”といった顔つきで、いったん車を停めアクセルを空吹かし。その距離、約30センチ。すると、ラッシャーさんの目は“殿、もっと来てください!”と明らかに訴え、殿も“よしわかった!”とばかりに目でうなずくと、ちゅうちょなくアクセルを踏み込んだのです。その結果、軽トラのバンパーがラッシャーさんの胴体にがっちり食い込み、爆笑をかっさらい終了となったのです。もちろん、ケガのない程度の絶妙な食い込み具合であり、まさにプロの仕事だったのですが、あの時の、おふたりの目だけでのやりとりと、ギリギリまでやり切る妥協なき姿勢は、本当に凄まじいものがありました。殿はこの時のことを時折、

「またラッシャーが俺を誘うんだよ」

と、実にうれしそうに語るのです。ちなみに、かなり昔、ラッシャーさんが付き人をされていた頃、車での移動中、後部座席に座る殿は、助手席に座っていたラッシャーさんの後頭部を、特に理由もなくよく叩いたそうです。その理由が、

「違うんだよ。あいつの後頭部が俺を誘ってるんだよ」

でした。そんな後頭部をお持ちの兄さんに、わたくし、やはり嫉妬してしまうのです。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

外部リンク(アサ芸プラス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス