最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

小道具も自作!? タッキーの意外な「裏方仕事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 初の主演映画『こどもつかい』が公開中の、タッキー&翼滝沢秀明。滝沢は子どもの霊を操り、大人の命を次々と奪っていく謎の男“こどもつかい”を好演している。映画では怪しい人物を演じている滝沢だが、ジャニーズでは“王子キャラ”の代表。ただ、最近はテレビ番組の影響もあり、世間での滝沢のイメージは、DIYが得意なアイドルに変わってきているかもしれない。

昨年4月の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で、ヒロミが始動させたコーナー「八王子リホーム」に、ヒロミと同じく東京都八王子市出身である滝沢が参加。滝沢は、ヒロミのスパルタ教育によって、日曜大工の腕をみるみる上げた。最近では、休日にホームセンターを回ったり、大工が使う専門用語や専門知識も身につけている。

さらに驚くことに滝沢は、自身が作、演出、主演しているミュージカル『滝沢歌舞伎』で使う、化粧台やあんどん風ライトなどの小道具も、木材を買ってきて自分ですべて作ってしまったという。

「八王子リホーム」の企画が始まってからおよそ1年。番組での滝沢の活躍を見て、男性ファンが増えているらしい。最近では、ラーメン店にて一人でラーメンを食べていたところ、滝沢いわく“業者の人”から「腕上げた?」と、普通に話しかけられたそうだ。

滝沢は大工仕事以外にも、プロ顔負けの仕事をしている。自宅にスタジオを作り、そこでPV映像や、後輩のコンサートで流す映像などの編集作業をしているのだ。過去には、タキつばのミュージックビデオや、かつて滝沢がプロデュースしたダンスユニット「舞闘冠」の映像を撮ったこともある。最近では後輩ユニット「Snow Man」のコンサート用映像も制作した。

“王子キャラ”だけではない滝沢秀明の魅力に、今後も新たなファンが増えていきそうだ。


外部リンク(日刊大衆)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス