最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ルイス・ハミルトンが母国GPで優勝!大規模F1イベントに衝撃展開のレース、超豪華なインタビュアー登場に大盛り上がり!!【2017年F1第10戦イギリスGP】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年F1第10戦イギリスGPが、シルバーストン・サーキット(5.891km、周回数52周)で開催されました。

グランプリ開幕直前の水曜日に行われた「F1 LIVE London」では、ルイス・ハミルトン選手(メルセデス)を除く全ドライバーやニコ・ロズベルグ、ジェンソン・バトンといったF1チャンピオン、チーム首脳陣などの超豪華メンバーが集結。ロンドン市内に作られた特設会場でマシンのデモ走行、ドライバートークショー、コンサートが行われF1史上最も大規模なイベントとなりました。

F1ファンにとって夢のようなビッグイベント、モータースポーツを盛り上げるためにも、いつか日本でも開催してほしいですよね。

話をレースに戻しましょう。スタート前のフォーメーションラップ中にジョリオン・パーマー選手(ルノー)のマシンがハイドロリック系トラブルのため、コースサイドにストップ。撤去作業のためもう一度フォーメーションラップが行われ(エクストラフォーメーションラップ)、1周減算の51周でレースがスタートしました。

ポールポジションを獲得したのは、母国グランプリとなるハミルトン選手。2番手はキミ・ライコネン選手(フェラーリ)、3番手にはセバスチャン・ベッテル選手(フェラーリ)が続きます。

冷静なスタートを決めたハミルトン選手はトップを守り、イギリス国旗で埋め尽くされたスタンド席は大盛り上がり! 4番手スタートのマックス・フェルスタッペン選手(レッドブル)は前を走るベッテル選手をかわし3位に浮上しました。

何事もなくスタートしたかと思いきや、マゴッツ(ターン10)でダニール・クビアト選手(トロロッソ)がチームメイトのカルロス・サインツJr選手に追突。クビアト選手は最下位まで順位を落とし、サインツJr選手はリタイアとなってしまいました。

この事故処理のためにセーフティカーが導入されましたが、5周目にレースが再開。順調に周回を重ねていきます。

13周目、ストウ(ターン15)でベッテル選手がフェルスタッペン選手のインに飛びこみ、両者の意地と意地がぶつかり合う激しいバトルが勃発。この熱い戦いにはお客さんも大興奮で、スタンドから大きな歓声が上がりました。

勝負を仕掛け続けるベッテル選手ですが、なかなかフェルスタッペン選手を抜くことができず18周目にピットイン。ソフトタイヤにはき替え、ファステストラップを刻みながら猛プッシュします。

これを見てフェルスタッペン選手も翌周にピットイン。同じくソフトタイヤにはき替えますが左リヤタイヤの装着に手間取り、ベッテル選手に抜かされてしまいました

25周目に2番手を走行中のライコネン選手が、そして26周目には首位ハミルトン選手がソフトタイヤに交換しレースは後半戦へ進みます。

ギヤボックス交換で5グリッド降格ペナルティを科せられ、9番手スタートとなったバルテリ・ボッタス選手(メルセデス)。上位勢がスーパーソフトタイヤを装着する中、唯一ソフトタイヤでスタート。第1スティントを引っ張り順調に順位を上げていき、32周目にタイヤ交換のためピットイン。フェルスタッペン選手の前、4番手でコースに戻りました。

スーパーソフトタイヤにはき替えたボッタス選手は、42周目に前を走るベッテル選手に襲い掛かります。タイヤをロックアップさせながらポジションを守るベッテル選手ですが、ボッタス選手も諦めません。

1秒以内の激しい戦いが続くなか43周目、ついにボッタス選手がベッテル選手をパス! 3番手に浮上しました。

そしてゴール直前、波乱の展開が待ち受けていたのです。

49周目、2番手を走るライコネン選手の左フロントタイヤの様子がおかしい! タイヤ表面のゴムが剥がれてしまい、スローダウン。緊急ピットインを余儀なくされました。スーパーソフトタイヤに交換したライコネン選手でしたが、4番手まで順位を落とします。

そして同一周に今度はフェルスタッペン選手がタイヤ交換のため緊急ピットイン。5番手でコースに戻りました。

さらに50周目、なんと3位走行中のベッテル選手の左フロントタイヤがバースト! スロー走行でピットまで戻りタイヤ交換をしましたが、7番手フィニッシュとなってしまいました。

これにより優勝ハミルトン選手、2位ボッタス選手、緊急ピットインをしたライコネン選手が3位という結果になりました。

このような展開になるとは誰が予想していたでしょうか! レースは最後まで何が起こるか分からないもの。だからレースって面白いんですよね。

表彰式ではインタビュアーとして、ディズニー映画「カーズ」の主人公マックィーンの声を担当するオーウェン・ウィルソンと2009年F1チャンピオンのジェンソン・バトンが登場し、会場は大盛り上がり! 長年応援してきたバトンの姿が見られて、私もテレビの前で大興奮でした!!

元F1ドライバーならではの目線でのインタビューはもちろん、お客さんの盛り上げ方も上手だったバトン。もしかしてインタビュアーの仕事、向いているかも!?

でも、ハミルトン選手が「本当はレーサーとしてここに立つべき人だよね!」と言っていたとおり、インタビュアーではなくF1ドライバーとしてポディウムに立っている姿が見たいなと改めて思いました。

大波乱のレースとなったイギリスGPで、誰よりも完璧な走りで見事ポール・トゥ・ウィンを達成したハミルトン選手。レース終了後、ハミルトン選手のファンで埋め尽くされた観客席の近くまでマシンをドライブしながら手を振り、ファンと勝利の喜びを分かち合っている姿には胸が熱くなりました。母国での優勝、本当におめでとう!

イギリスGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
2/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
3/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
4/#33/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
5/#3/ダニエル・リカルド/レッドブル
6/#27/ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
7/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
8/#31/エステバン・オコン/フォースインディア
9/#11/セルジオ・ペレス/フォースインディア
10/#19/フェリペ・マッサ/ウィリアムズ

(yuri)

画像付き元記事はこちら:ルイス・ハミルトンが母国GPで優勝!大規模F1イベントに衝撃展開のレース、超豪華なインタビュアー登場に大盛り上がり!!【2017年F1第10戦イギリスGP】(http://clicccar.com/2017/07/17/492321/)

画像付き元記事はこちら:ルイス・ハミルトンが母国GPで優勝!大規模F1イベントに衝撃展開のレース、超豪華なインタビュアー登場に大盛り上がり!!【2017年F1第10戦イギリスGP】(http://clicccar.com/2017/07/17/492321/)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス