最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

新型レンジローバー・ヴェラールが見せる、SUV新時代の機能美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUVの総本山であるランドローバーが、ラグジュアリーSUVが進む道を見せてくれた。そう、7月11日に発売された新型「レンジローバー・ヴェラール」のことだ。



ヴェラールは、ボディサイズ的にも価格的にも「レンジローバー・スポーツ」と「レンジローバー・イヴォーク」の中間に位置し、ファミリーとしては4つ目のモデルになる。

新型レンジローバー・ヴェラールは、伝統のラグジュアリーと走破性を受け継ぎながら、徹底的にムダを削ぎ落としたシンプルモダンなデザインを採用している。



ボディサイズは、全長4803×全幅2032×全高1665mm、ホイールベース2874mm。なめらかな面と曲線を用いた現代のブリティッシュデザインをベースにしたエクステリアは、特徴的なマトリックス・レーザーLEDヘッドライトや格納式ドアハンドルなどの採用も相まって、かつてないほどの機能美を見せてくれている。



その機能美は、インテリアも同様だ。全グレードで標準となる最新のインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo(タッチ プロ デュオ)」は、上下2つの高解像度タッチスクリーンがキモになる。



たとえば上部でナビを表示し、下部でエアコンやオーディオを操作するといった効率的な使い分けができるほか、エンジンオフ時の極めてシンプルで気品のある雰囲気も印象的。格納式のシフトダイヤルや液晶デジタルメーターなども、その印象に拍車をかけている。



パワートレーンは、ジャガー・ランドローバー自社開発の“INGENIUM(インジニウム)”エンジンが、売れ筋の2.0L ディーゼルターボ(180ps/430Nm)を筆頭に、同排気量のガソリンターボも2機種(250ps/365Nmもしくは300ps/400Nm)用意される。頂点に立つのは、3.0L V6スーパーチャージド(380ps/450Nm)だ。トランスミッションは、すべて8速ATとの組み合わせになる。

走破性の高さはまさに磐石。前後輪および後輪左右のトルク配分を自在に調整するAWDシステム(前0:後100~前100:後0)を軸に、テレイン・レスポンス・2オートやアクティブ・リア・ロッキング・ディファレンシャルなどによって、道なき道まで切り拓く。

■グレードおよび価格
・“INGENIUM”ディーゼルターボ搭載モデル(全8グレード)
ヴェラール=699万円~ヴェラール R-DYNAMIC HSE=1,053万円

・“INGENIUM”ガソリンターボ搭載モデル(全16グレード)
ヴェラール=715万円~ヴェラール R-DYNAMIC HSE=1,132万円

・3.0L V6スーパーチャージド搭載モデル(全9グレード)
ヴェラール=908万円~ヴェラール FIRST EDITION=1,526万円

(zlatan)

画像元:ジャガー・ランドローバー・ジャパン


外部リンク(IGNITE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス