最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

木村拓哉「突然の独立説」裏にはやはり「あの人」の存在が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)まいじつ

木村拓哉が独立するのではないかと、一部夕刊紙が報じた。しかし、その夕刊紙自体が《にわかには信じ難い》としている。その理由は中居正広にあるという。

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が9月8日をもってジャニーズ事務所を退所しますが、木村は中居も一緒に出ていくと思っていました。それで自分への非難が終わると考えていたのです。ところが一転して中居は残留することが判明しました。そこで木村は、中居に自分の立場を脅かされると考えたわけです」(夕刊紙記者)

報道した夕刊紙の試算によると、中居は現在、CMなどを含めて約20億円の売り上げがあるという。それ対して木村は、1億円にも満たないそうだ。

「このふたりの売り上げ格差が本当だとしても、中居が木村の上に行くわけがありません。中居は独立を企てた造反者だということは永遠に変わらない。木村は、それを断ってジャニーズ事務所に残ることを選んだ忠義者です。そんな人間を中居より下にしたら、ジャニーズ事務所は笑われるでしょう。『SMAP』独立騒動が起きる前は、中居はリーダーだったため、木村よりも上の立場でした。しかし、中居は一度造反した以上、現在は木村より相当に下の序列にあるはずです」(ジャニーズライター)

ふたりには実際、どれほどの差があるのか。

「木村は将来、雇われですがジャニーズ事務所の子会社の社長に就く可能性があります。一方で中居は、亀梨和也と同格あたりまで落とされました。事務所内の格付けでは、もう浮上する可能性はないでしょう」(芸能プロダクション関係者)

木村の独立を望む人間
(C)まいじつ

しかし、中居以外に木村の立場を脅かす存在が現れた。滝沢秀明だ。

「滝沢はジャニーズ事務所の意志を週刊誌上で代弁し、中居に対して『事務所に感謝しないのはアホ』と言い切りました。これで大きく立場を上げたのです。しかも高齢になったジャニー喜多川社長が、自身がやっていた演出担当の後継に滝沢を指名しています。現在のジャニーズ事務所内のタレント格付けは、1位に近藤真彦、次に東山紀之、そして滝沢、その次が木村です。中居のいたポジションに滝沢が収まったのです」(前出・ライター)

この新しい序列と、中居が残留したことに、異を唱えて態度を豹変させたのが木村の妻、工藤静香だという。

「工藤は『子会社の社長でもいいからジャニーズにいた方がいい』と、木村がSMAPの独立に参加するを阻止しています。しかし、その工藤がいまになって『滝沢の下は嫌だ』、『中居もいるから嫌だ』とこだわっているといいます。そのため、工藤の系列芸能事務所に移籍するというのです。それで、工藤が納得して木村を操作するという計画です」(前出・関係者)

木村は静香の尻に敷かれる座布団のようだ。


外部リンク(まいじつ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス