最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

稲垣、草彅、香取の独立に「公正取引委員会」が注目か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)まいじつ

7月7日に、公正取引委員会が芸能事務所に対し、不公正な契約がないか調査を始めたことを、NHKが報じた。今後、ジャニーズ事務所を独立する稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人も、被害に遭っていないか話を聞かれる可能性がある。

「芸能事務所からの独立や移籍を巡って、トラブルになるケースが多いことから、公正取引委員会が大手芸能事務所などを対象に、独立や移籍状況を調査することになりました。一方的に制限するなど、独占禁止法に抵触する不公正な契約が結ばれていないかどうかを調べているのです」(NHK関係者)

当然ながら、独立による制裁行為なども調査の範囲に入ってくるという。

「男性アイドルばかりのA社、NHKのドラマに主演した女優を干したB社が有力な調査の対象になっているという話です。芸能界の闇の部分にメスが入るかどうかに注目が集まっています」(同・関係者)

ニュースには、現在舞台などで活動している女優の志村りおが登場し、前事務所から不当な契約を結ばされたことを明かしていた。

「一方で、顔を隠して音声を変えて、芸能事務所側の人間も出演しました。タレントに育てるのに大金を投資する。だから、すぐに辞められたら困るという話をしていました。そのために契約書で縛る。辞めたら“見せしめ”で干すというのですから、やはり普通の契約社会ではありません」(芸能ライター)

いまだにトラブルを引きずっているのん
例えば、のん(能年玲奈)は、連続テレビ小説『あまちゃん』に出演し、爆発的な人気を得たが、独立を巡って芸能事務所と対立。もう2年以上もキー局のテレビ番組にはニュース以外で出演がない。

「のんは岩手銀行がスポンサーについて、東北地方では活躍していますが、全国ネットのテレビ局へはいつ復帰するのかも分かりません。典型的な事務所トラブルです」(同・ライター)

そして、稲垣らの独立にも注目が集まっている。

ジャニーズ事務所はテレビ局やラジオ局に圧力をかけるのは有名で、業界のブラックボックスです。今回、公取委は男性アイドルばかりのA社を最大のターゲットを絞ったようですが、これはジャニーズのことかもしれません」(前出・NHK関係者)

ジャニーズ以外、ほかに考えられる大手があるだろうか。


外部リンク(まいじつ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス