最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

オトナの女子力向上委員会

スイーツ(笑)な女子にウンザリ / 女子も女子に激怒「和菓子を和スイーツと呼ばないで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
読者の皆様、お初にお目にかかります。銀座のとあるスイーツショップで販売員をしているノブコです。今年で28歳になります。私の正体を特定されたくないので、苗字の公開はお許しください。生理用品はタンポン派で、パンティーライナーは使用しない派です。

これって女子向けの記事なんですよね? 女子に対して私の持論を話す場ですよね? だとすれば、意に反して女子から反感を買う内容になるかもしれません。一見、男子向けの内容に思えてしまうかもしれませんが、できれば女子に読んでほしい内容なので、女子の皆様、どうか最後までお読みいただければ幸いです。



女子は自分を可愛く見せたい


女子って基本的に「自分を可愛く見せたい」って思うものなんです。それは男子に対してもそうですし、女子に対してもそうです。でも、女子に見せる「可愛さ」と、男子に見せる「可愛さ」の意図は違います。

女子に見せる可愛さ: マウンティングのため = 優位性の誇示
男子に見せる可愛さ: 愛されたいため = 性欲の解消

性欲と書くといやらしい意味に感じますが、そういう意味ではありません。そもそも恋愛は性欲があるから発生している衝動です。ドラマや映画や小説や漫画で恋愛を美化していますが、動物的な「種の保存」というところから生まれている衝動なのです。ですからメルヘンでもなければロマンスでもないし、美化できる行為ではないのです。愛の力があるとすれば、それは種の保存に対する力であり、それは親子関係の家族愛にも同じことがいえます。

ですので、私はまったく恋愛モノの作品に興味がわきません。ようは動物的な種の保存によって支配された行動をしているだけで、運命とか奇跡とかまったく関係ないからです。



ババアが可愛らしさを追求しない理由


話が逸れましたが、女子は男子に好かれて種の保存をするため、他の女子に種の保存で負けないため、自分を美化して「可愛らしさ」を追求するのです。女子にとって可愛らしさの追求は生存戦略の重要なポイントというわけですね。

余談ですが、ババアが可愛らしさを追求しない傾向にあるのは、種の保存をする必要が無くなるからだと思います。



表現を美化したがる女子たち


そろそろ本題に入りたいと思います。女子は可愛らしさを追求することにより、あらゆることを美化する傾向にあります。その最たるものが、ケーキをスイーツと言ったり、飲み会をパーティーと言ったり、弁当をランチボックスと言ったり、「薄給だけど無理して物を買っただけ」を「自分にご褒美♪」と言ったりする行為ですね。とにかく、ちょっとおしゃれな言い方にしようとするのです。言葉の言い換えをするのです。

ほかにもまだあります。言葉の言い換えではないのですが、できるだけ「オシャレっぽい響きがする言葉」を使おうとします。内容はどうでもいい場合もあります。言葉の響きが重要なんですね。

ホットヨガ、モカフラペチーノ、スローフード、Wハッピー婚、マカロン、〇〇セラピー、小悪魔メイク、デトックス、ふわモテカール、アメニティライフ、ちょいワルマタニティー、夏色コーデ、ネイルの日、アヒル口、パスタ……。

もっと高度な美化になると、自立した大人の女性、自分らしさを演出、愛され上手、流行をキャッチアップ、恋に仕事にがんばる私、等身大の自分、デキる女、自分磨きに奮闘中、などがあります。これらはインターネット上にスイーツ女子の特徴として書かれている事もあります。よくわかりませんか? では、それらの言葉が、どれだけ美化されたものなのか、皆さんに解説したいと思います。



美化をやめるとこういう意味になる?


スイーツ: 洋菓子
和スイーツ: 和菓子
ホットヨガ: 高温多湿運動
モカフラペチーノ: 脂肪入りコーヒー牛乳
Wハッピー婚: できちゃった結婚
マカロン: たまご菓子
セラピー: 治療
小悪魔メイク: 派手化粧
デトックス: 毒吐き出し
ネイルの日: 爪砥ぎの日
アラサー: ババアLight
アラフォー: ババア
アラフィフ: 超ババア
アラカン: ババアクロニクル
アンチエイジング: ババア再起動
可愛いおばあちゃんになりたい: 童顔ババア
自分にご褒美: 薄給だけど無理して物を買う
アフター5にパーティー: 労働後に飲み会
夏色コーデ: 夏服
パスタ: イタリア麺
アヒル口: 変顔
等身大の自分: わがまま
自分らしさを演出: 開き直り
愛され上手: 発情女子
恋に仕事にがんばる私: カネと子種の獲得を目指しております

女子の本能がそうさせる


私は女子だから女子の気持ちがわかります。だからこそ、そんな言い方をしている女子がいると心が痛むのです。ああ、この人もスイーツだったのかと。せっかく仲良くできると思ったのに、さっそく自分の美化とマウンティングが始まったと思うのです。先日、ずっとマカロンのことばかり話している頭がマカロンな女子がいて、あまりにもショックで気絶しそうになりましたよ。

もしかすると、自分ではマウンティングをしている意識がないかもしれません。ですが、女子の本能がそういう行為に走らせるのです。私は運よくそういう自分に気が付き、スイーツ女子から脱却することができましたが、日本人女子の多くがスイーツ化されているのではないかと感じています。

可愛いの強要をする女子


女子会でよくあるのが「可愛い」の強要です。ストレートに「可愛いって言ってよ」とは言いませんよ。「これかわいいでしょー!?」と言って「可愛いね」という返答を促すのです。「可愛いでしょ?」と言われて「イマイチだなあ」なんて言えませんよ。

「可愛いでしょ?」という問いかけに女子が「ああ、うん」なんて返事をしたら最後、マウンティングが失敗したとこになり、敵認定されます。女子というサークル内での法則を崩したのですから、敵だと思われても仕方ありません。女子会では、女子は女子を必ず肯定する流れがないといけないのです。「可愛い」には「可愛いね」で返し、「あの子むかつく」には「むかつく」で返す必要があるのです。



「可愛い」の追求をやめよう


そこで私が言いたいのは、そろそろ女子の「可愛い」の追求をやめませんか? ということ。いや、個人的に可愛いものが好きなのは良いですよ。それは趣味として良いと思います。だけどマウンティングや子種さがしに伴う可愛いの追求はやめましょうよ。それに合わせないといけない女子の身にもなって下さい。あなたは自分の美化のため、周囲の女子を利用しているのですよ。

「自分が美化をやめるにしても周囲が美化するから……」と思うことでしょう。あなたがやめることで、周囲にも変化が訪れます。最初は敵認定されていじめられるかもしれません。しかし、可愛らしさの誇示が無意味であることを知れば、可愛らしさの誇示に無反応であることを知れば、本当は好きでもない「可愛らしさの追求」をしなくなるはずです。あなたが自分を美化しないことから、この「自分の美化は無意味」という化学反応が広まるのです。



あなた疲れていますよ


そもそも、あなたのその顔、すごく疲れてますよね? 自分を美化しないことで、ストレスのない、解放された生活ができますよ。

キレイな指輪を買っても心の中で「うん、可愛い」と思うだけ。誰にも言わないこと! 妊娠後に結婚しても「Wハッピー婚」なんて言わない!「無計画な性交渉による子種着床につき結婚」ならOK。無駄金使ってエステ効果で肌がツヤツヤしてきても「アンチエイジングでリファイン」なんて言わない!「ババア再起動」ならOK! スイーツが食べたくてもスイーツなんて言ってはダメ。「洋菓子を所望する」でOK。

マウンティング根性やめて


可愛く言おうとする自分の腐りきったマウンティング根性を消し去りなさい。そう、私はそれを言いたかったのです。反論がありますか? なんか怒っていますね。まあまあ、スイーツでも食べながら落ち着いて(笑)。和スイーツもありますよ、愛され上手さん。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス