最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

NMB48・須藤凜々花の結婚宣言に「ヤラセ疑惑」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

あの結婚宣言騒動は果たして何だったのか――。業界内で今、にわかにそんな声が飛び交い始めている。これは無論、6月17日に沖縄県で行われた「AKB48総選挙」で交際男性と結婚宣言したNMB48の須藤凜々花に対してだ。

29日には、自身のツイッター上で結婚宣言について「沢山のご迷惑をかけてしまい本当に申し訳ありません」と謝罪。「私の決めたこと、最後までしっかり務めます」とも宣言したが、今後どのような処遇になるのかがまったく見えて来ないことから前出のような疑念を向ける関係者も少なくない。さらにその中において「これは明らかに策略だろう」と邪推する向きもある。

大手芸能事務所の幹部は「おそらくこういうシナリオ」と前置きし、こう分析した。 

「週刊文春に須藤が自身のファンの一般男性とのデート情報をスッパ抜かれてしまったことが、今回の騒動のそもそもの起点。メンバーの恋愛禁止のルールに引っかかって坊主にさせるなど何らかのペナルティを須藤に与えなければならなくなる面倒な流れをプロデューサーの秋元康氏らAKB上層部が恐れ、それならば本人側から『結婚する男性がいる』という形に飛躍させてしまえばいいとなったのだろう。その背景には上層部の頭の中に『結婚を約束した男性との密会ならば、恋愛禁止のルールにギリギリで引っかからない』という、かなり強引な解釈があるのは言うまでもない。司会の徳光さんが機転を利かせて(総選挙の際に壇上で)モジモジしていた須藤に『何か言いたいことがあるのか』とマイクを向けたということになっているが、あの話も申し訳ないけど相当に嘘っぽい。どうも、事前の段階で徳光さんもその”シナリオ”を分かっていたフシがある」

思わず目を白黒させてしまいそうなかなり強引なシナリオだが、信ぴょう性は高そうだ。というのも、プロデューサーの秋元氏が25日付の読売新聞の連載コラムで結婚発表を強行した須藤について「正直な人だ」との印象を持った上で「いち早く、今の本当の気持ちを伝えたかったのだと思う。笑顔で自分のうそを隠せない彼女のジレンマを感じた」などと批判どころか何と擁護したからである。須藤の結婚宣言騒動に疑念を向けている関係者たちが「おそらく、その黒幕は秋元氏」と口をそろえるのも、うなずけるところではある。

「この結婚宣言についても、ほとぼりが冷めた頃に最終的には『結婚破棄』という結果に持っていきたいようだ。須藤が『やはり熟考した結果、ファンの方々の気持ちを考え、結婚しないことになりました』と宣言すれば、またそれはそれで熱烈なファンは喜ぶだろうというのが上層部の読み。須藤は今回の総選挙で20位に選ばれ、まだ20歳のホープだけにここで辞めさせてしまってはAKB全体にとってもマイナスにつながる。だから、こんなムチャクチャなシナリオを描いてまで生き残らせたいと上層部は考えているようだが…」(前出の幹部)

だが必死にかばう秋元氏ら上層部の思惑とは裏腹に須藤本人に対する周囲のバッシングは深刻化を増す一方。須藤は24、25日に千葉・幕張メッセで開催された「AKB48『シュートサイン』劇場盤発売記念大握手会」に参加したものの、須藤目当てで列に並ぶファンがたった数人しかおらず「まさか、これ程の人気凋落につながるとは…」と関係者を青ざめさせていた。

このままでは上層部が描くシナリオが白紙に差し戻されてしまう危険性も十分ある。"文春砲"を食らった須藤のダメージはやはり回復不能かもしれない。

著者プロフィール:四海方正
芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス