最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

SMAP元メンバー3人の独立の裏でジャニーズ側とI女史がまさかの急接近

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

SMAP元メンバーたちの去就は意外な形で終着点を迎えた。契約切れとなる今年9月をもってジャニーズ事務所から稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾の3人が独立。3人を引っ張る形で行動をともにすると見られていた元リーダーの中居正広木村拓哉とともにジャニーズ事務所に残留することになったからだ。

独立する3人は元マネージャーのI女史と再合流を果たすと見られており「これでSMAPの元メンバー5人が再び手を握り合うようなことは未来永劫ない」との見方も強まりつつある。しかし本当にそうなのだろうか。取材を進めてみると、意外なところで点と線が結ばれていることに気付かされる。

確かにI女史はかつてジャニーズ事務所を追われるように退社し、この一連のゴタゴタこそがSMAP解散の引き金となる独立騒動を引き起こす要因となった。I女史が退社に追い込まれた理由が藤島ジュリー景子副社長との社内闘争で敗れたからということは芸能事情通ならば誰もが知るところである。それ故にジュリー副社長を溺愛する実親のメリー喜多川副社長によって同事務所から”追放”された経緯は、もはや隠しようがない。

I女史はジャニーズ事務所を退社後、ラオックスの関係者が設立した新会社の取締役に就任。I女史本人は一部メディアに「芸能活動には携わらない」と言い張っているが、水面下で田辺エージェンシーの田邊昭知社長やケイダッシュの川村龍夫会長と接触していたことが明るみに出ている。I女史が芸能マネジメント業務を再開させ、元SMAPの3人と再合流を果たす流れは規定路線と言っていい。こうしたI女史の動きに犬猿の仲であるメリー氏、ジュリー氏の副社長親子がまだ不快感を持っていることは事実だが、必ずしも両陣営の関係が「断絶」にまで至っているわけではないようだ。それどころか逆にここ最近は、まさかの"雪解け"がささやかれ始めているというのである。かつてSMAPの番組を手がけていた民放局幹部はこう打ち明ける。

「ジャニーズ側とI女史は確かに不仲だが、このまま完全に疎遠になることは両陣営とも望んではいない。あくまでも第三者を交えてという形だが、ホットラインだけは作っておこうという動きがあるということ。ジャニーズ側で全面に出ているのはI女史と感情的なシコリが残ってまだギクシャクしているメリーさん、ジュリーさんの副社長親子ではなく、社長のジャニー喜多川さん。そしてくだんの第三者の素顔は不明だが、某政治家で大臣経験者なんていう怪情報も出ているほどで、とにかく大物のようだ。そのホットライン作りの狙いというのが、将来的に『SMAP再結成』のムードが高まった時、5人をまとめられる窓口として話し合える環境だけは何とか残しておきましょうということらしい」

思えばジャニー社長も3人の独立に関しては、異例とも言えるエールを送って「円満退社」を強調している。

「このジャニーさんの言葉には3人が独立後もジャニーズに謀反を働いたととらえられ、業界内で彼らに対して仕事を干すような忖度の動きがないようにクギを刺す意味も込められている。つまり、ジャニーさんも3人を見捨てるつもりは毛頭なく、むしろI女史とともに頑張ってほしいという姿勢の現れ。まあ、だからといってジャニーズ側、特にメリーさんとジュリーさんがI女史に対してわだかまりを捨てて握手するような関係にすぐ戻ることはないが…。とはいえ、これまで修復不可能の状態ともっぱらだった両陣営が少しずつ和解の道を模索し始めていることは間違いない」(前出の民放局幹部)

いずれにせよ今回の3人の独立はSMAPの永久消滅ではなく、再結成の可能性を残す意味でのステップと信じたい。

著者プロフィール:四海方正
芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス