最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

おぎやはぎ矢作兼、モンテッソーリ教育の一環であるハートバッグに挑戦するもあえなく撃沈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

6月28日放送の「バイキング」(フジテレビ系)では、前人未到の公式戦29連勝をあげた藤井聡太四段が幼稚園で受けたモンテッソーリ教育を紹介。おぎやはぎ矢作兼が、藤井四段がよく作っていたというハートバッグ作りに挑戦するもあえなく断念した。

藤井四段の根底は「モンテッソーリ教育」?


番組では、藤井聡太四段が幼少期に受けたという「モンテッソーリ教育」教育法が解説された。

これは、子どもの感性や自発性を尊重するという教育法であり、藤井四段の並外れた集中力はこのモンテッソーリが根底にあると言われているという。

モンテッソーリ教育の一環として、藤井四段が幼稚園で3歳から毎日のように夢中になって取り組み、トータル100個は作っていたという「ハートバッグ」が紹介された。

これは、2枚の色紙を編んでハート形のバッグを作るものであり、色の組み合わせを考えたり、指先を動かすことで脳を使う活動であるそう。

矢作、「俺の集中力は一日3分」と降参


MCの坂上忍から「矢作君、やってみて下さい」とハートバッグ作りを振られた矢作。相方の小木博明からも「やってやれよ、やれやれ、見せてやれ、おぎやはぎっていうすごさを」とゲキが飛ぶ中、必死に挑戦。

松嶋尚美から「3歳児ができんねんから。老眼?」と冷やかされつつしばらくチャレンジをしたが、なかなか完成しそうにないハートバッグ。

矢作は「俺の集中力は一日で3分と言われているから。集中力が全然ないから」と冗談を飛ばしながらもしばしの奮闘するが「ちょっと待って、これマジみんなにやらせてやりたいけど」と降参した様子を見せていた。

坂上が「これ織り込んでいけばいいんじゃないの?」と助け船を出そうとしたが「これマジ、ゲキムズだよ」と矢作に言われ「あっ、俺これやったら一言もしゃべらなくなる」とチャレンジを断念。

「わかった、俺の悪いところ、大人の悪いところ」と切り出した矢作。「どうにか一回でできないかと考えちゃうんだね。うまいことサっとやったらできるんじゃないかって。効率を考えちゃう。どうやったら一番簡単にできるかって」と言い訳をし、結局ハートバッグは完成されずじまいだった。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス