最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

175円より安い方法が?「ゆうゆうメルカリ便」ってどうなの?(ゆうパケット編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
2017年6月20日より、フリマアプリ「メルカリ」が新たに日本郵便と連携した新配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」を開始しました。

前回、メルカリ新配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」ってどうなの?(ゆうパック編)で、「ゆうパック」についてご紹介しました。

ゆうゆうメルカリ便とは、
日本郵便が元々提供している郵便サービスを通常の金額より安く発送できる配送サービス。差額分はメルカリ側が負担してくれるので、メルカリユーザーにはお得な配送サービスになっています。安く使えるようになった配送サービスは、大きい物を送る時に便利な「ゆうパック」と小さいものを送る時に便利な「ゆうパケット」の2種類。(※メルカリ新配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」ってどうなの?(ゆうパック編)/Yomerumo編集部より)

今回は、「ゆうパケット」についてご紹介したいと思います。

ゆうパケットの何がお得に?


ゆうパケットとは、3辺の合計が60cm以内(長辺34cm以内)で、重さ1kg以内のお荷物が、距離は関係なく厚さ(1~3cm)に応じた運賃で配送できる日本郵便が提供するサービスです。

配送料金は厚さ1cm以内だと250円、2cm以内だと300円、3cm以内だと350円かかります。

今回ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)では3cm以内であれば175円(税込み)で配送が可能になりました。通常のゆうパケットで一番安い料金よりも安いなんて、お得でしかないですよね。

でも実は、同じサイズ条件で175円より安く送る方法があるのはご存知でしょうか。

その方法は同じく日本郵便が提供する「クリックポスト」というサービスです。長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内で重さが1kg以内の荷物であれば164円で送ることが出来ます。

たった11円しか違いがないですが、この11円も10回繰り返せば110円。例えば、こち亀200冊を1冊ずつ送るとすると、ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)で送るより2200円も得するのです。

ですが、デメリットももちろんあります。では、「クリックポスト」と「ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)」の2つはどう違うのでしょうか。

クリックポストのメリットって?


料金が安いのとは別に、「クリックポスト」を使う利用者のメリットは2つあります。 まず1つ目は、「ポストに入れて送れる」という点です。

「ゆうゆうメルカリ便(ゆうパック)」は、郵便局とローソンに行って送り状を発行しなければなりません。そのため、郵便局が営業している時間帯に行けない人や近くにローソンがない人にとっては、あまり便利と感じないかもしれません。

ですが、「クリックポスト」は自宅で送り状を発行でき、ポスト投函が可能なので好きな時に発送する事ができます。

次に2つ目は、「ポイントが貯まる」という点です。

「ゆうゆうメルカリ便(ゆうパック)」の送料は販売利益から自動的に差し引かれます。非常に楽なシステムなのですが、「クリックポスト」は支払い方法がクレジットカードなので、100円からポイントが貯まるクレジットカードを使っていれば自然とポイントも貯まっていきます。

クリックポストのデメリットって?


非常に便利な「クリックポスト」ですが、これを利用するにはいくつか準備する事があります。

まず、クリックポストを利用するにはPCとプリンタが必要です。筆者は昔プリンタを持っていなかったので、ネットワークプリントサービスを使ってコンビニのプリンタで印刷していました。

ですが、その場合1回の印刷に20円かかるので、このやり方をしている人は「ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)」を利用したほうが9円お得です。もし4人に一気に送るのであれば、1面に4人分は印刷出来るので6円クリックポストがお得になりますが……筆者は一気に4人分のクリックポストを使うことはほとんどありませんでした。なので、結局今は2500円の安いプリンタを買って、家で楽に印刷をしています。

そして、クリックポストを利用するために「Yahoo! JAPAN IDの取得」とネット決済サービス「Yahoo!ウォレットへの登録」が必要です。どちらも簡単に作れるので、あまり難しい問題ではないですが、クレジットカードは必須ですのでお持ちでない方はまずクレジットカードを作ることから始めなくてはなりません。

次に、「商品保証がない」という点です。

「ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)」では万が一、商品の紛失や破損などのトラブルがあった場合にメルカリ側が商品代金を全額返金してくれます。

しかしクリックポストには商品保証は付いていないので、高価な商品を送る時にはたとえ送料が11円高くても「ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)」を使ったほうが安心だと言えます。

用途に合わせて使うべき


「ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)」には、以前(ゆうパック編)でもお伝えしましたが、「匿名配送」と「自宅以外でも受け取れる」というメリットがあります。

「匿名配送も自宅以外での受け取りも返金保証もすべて必要ないからお得に送りたい!」という人は「ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)」より11円安い「クリックポスト」を利用すると良いと思います。

今回紹介した「ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)」と「クリックポスト」ですが、もしも重さが100g以内であれば「定型外郵便」(100gで140円)のほうが安く送れるので、そこのチェックも忘れないようにしてくださいね。

いかがでしたでしょうか。
メルカリで売れた商品を送る時には、送り方を厳選して少しでもお得に発送してみてください。

(文・はにすけ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス