最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「警視庁・捜査一課長」“定番”の強みを生かして新たな長寿シリーズへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毎週木曜夜8時より放送中の内藤剛志主演ドラマ「警視庁・捜査一課長 season2」(テレビ朝日系)が、6月22日(木)に最終話を迎える。

本作は、「土曜ワイド劇場」の1作品として2012年に誕生し、同枠で計5本放送。満を持して昨年4月期に連続ドラマ化されたテレビ朝日の“ミステリーエリート”だが、前評判通りseason1が多くの視聴者から支持され、2年連続で4月クールの木曜ミステリー枠を飾った。

主演を務める内藤は、かつて「27クール続けて連続ドラマ出演」という日本記録を打ち立て、“連ドラの鉄人”の異名を持つが、中でも刑事を演じたテレビドラマが30作品を超え、もはや本職は刑事なのではないかと誤解されてしまうほど(失礼!)のキャリアを誇る。

連続ドラマとして始動することが発表された際、プロデューサーは「このシリーズの魅力は、何といっても、主演・内藤剛志さんのお人柄がにじみ出た、警視庁捜査一課長・大岩の“人間力”だと思います。他人の気持ちを察して思いやる人情派で、どんな人の話にも耳を傾け、周囲も安心して心を許せる大きな存在。

“こんなリーダーが実在したらいいな”と願いを込めて、土曜ワイド劇場でスタートしたシリーズですが、スタッフ・キャスト全員が内藤さんの人間力に引き寄せられ、“この人に付いていきたい”との思いで一丸となって制作にあたってきたことが、作品全体を明るく前向きなものへと方向付け、それが皆さまからのご支持につながったのではと思っております」とコメントしていた。

その通り、他のドラマや映画では冷徹な“怪物”として描かれることもある捜査一課長という役職ながら、内藤演じる大岩純一捜査一課長は、常に部下を信頼し、鼓舞し、運転担当刑事に家でカレーを振る舞ったり、ビビ(愛猫)をめでたり、とても人間味あふれるリーダーとして唯一無二の存在感を示している。

そしてそれは脇を固めるキャストも同じで、大岩の右腕・小山田大介管理官(金田明夫)にしても、“大福”こと平井真琴刑事(斉藤由貴)にしても、事件を解決に導くために手段を選ばないというよりは、“罪を憎んで人を憎まず”のように、被疑者にでさえ寄り添う捜査を行っているように思える。

また、これぞ古き良き刑事ドラマとばかりに、毎回おなじみの展開があるという、“定番の妙”をしっかりと心得て、視聴者に向けて提示しているのも好感が持たれやすい要因なのではないだろうか。

例えば、所轄署との合同捜査本部を立ち上げて会議を行い、最後に一課長が言う「被害者の無念を晴らす」というのと「必ずホシを挙げる!」というキラーフレーズ。

小山田管理官と平井刑事のやりとりの中で、平井の勘を否定した際に大岩にたしなめられ、「(平井の勘は)頭の片隅にでも入れておきます」という一連の流れ。

そして、捜査に行き詰まった際、刑事部屋で平井が頭を抱えているときに大岩が差し入れを持って登場する「大福(平井)に大福の差し入れだ!」「わ~い! 白い餅で黒い餡を包む。黒星を白星で…略」のほのぼのシーン。

あとは、刑事部長・笹川(本田博太郎)と予期せぬ所で出会い、「大岩純一捜査一課長」と必ず役職付きのフルネームで呼ぶことや、運転担当刑事が捜査に入り込もうとすると、小山田が「おまえの職務は何だ!」というツッコミを入れるところ。

そして新メンバーの刑部(田中圭)の華麗なる女性遍歴を捜査に利用するところ、鑑識主任の武藤(矢野浩二)が遺留品などに関してうんちくを言った後、それを受けて小山田「…だそうです!」と大岩に報告するところ…などなど、よくもここまで集めたなと思うほど、さまざまな定番パターンが存在している。

分かっちゃいるけどやめられない、という日本人の性質をよく理解しているともいえるこのやり方は、今後さらにシリーズが続くとしたらぜひ続けてもらいたいところだし、何ならさらに定番パターンを増やしてほしい。

さらにseason2は特に一風変わったゲストがチラッと登場してきたのも注目すべき点だろう。初回のぺこを皮切りに、第6話の主題歌アーティスト・GLIM SPANKY、第8話のもえのあずき、そして最終話の鈴木奈々と、意外なキャストがほのかに香るコロンのようにドラマに彩りを加えている。

定番と異色。その2つが同居するからこそ、最初から最後まで平均視聴率の上でも今期民放連続ドラマでトップ3に食い込む勢いの数字をキープしてきたのだろうし、season3、4とまだまだこの熱き物語が広がりを見せていきそうな気がしてならない。

■ 最終話(6月22日)あらすじ

千住大橋でウエディングドレス姿の女性の刺殺体が見つかった。捜査一課長・大岩純一が現場に急行するが、第一発見者が通報している間に遺体が消えてしまう。

程なく、板橋区内の神社で遺体が発見されたと連絡が入るが…なぜ遺体は移動したのか。遺体のドレスから、30年前の雑誌「街道歴史の旅」の付録のしおりが見つかったことを聞いた大岩は、ある強盗殺人事件を思い返す。

それは、まだ大岩が今の刑部公平(田中)と同様の“運転担当刑事”だった30年前のこと。

歴史博物館の学芸員だった椎名幹也(竜雷太)の自宅から現金300万円が強奪されたというもので、当時高校生だった椎名の娘・亜希子(松下由樹)は難を逃れたものの、居合わせた椎名の妻は殺害され、椎名本人も瀕死(ひんし)の重傷を負ったという悲惨な事件だった。その現場に、「街道歴史の旅」が転がっていたのだ…。

間もなく遺体の身元は、峰村雪乃(IZUMI)と判明。雪乃は流通大手“綾窪グループ”御曹司・綾窪英彦(一條俊)と婚約中で、自宅でウエディングドレスを試着していたときに何者かに刺殺されたようだと分かる。

平井真琴は、英彦の元交際相手で代議士令嬢の貝沼さやか(片岡明日香)を疑うが、執拗(しつよう)にさやかへの聞き込みをした結果、代議士からの激しいクレームに遭い、謹慎処分に…!?

やがて、遺体発見現場の神社で髪留めが見つかる。その髪留めには、亜希子の指紋が多数付着していた。亜希子は雪乃の部屋に清掃に入ったことも判明。しかも、事件の日は遺体発見現場の板橋にいたことが分かる。

果たして30年前の因縁の強盗殺人事件との関係とはいかなるものなのか。大岩純一捜査一課長の“最後の事件”は衝撃のクライマックスへ!

https://news.walkerplus.com/article/112601/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス