最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

こぶしファクトリーが初主演「私の夢を果たせてうれしい」 浅野ゆう子「都民ファーストです!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 劇場版『JKニンジャガールズ』の完成披露試写会舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者のこぶしファクトリー、温水洋一、平賀雅臣、八十田勇一、小松利昌、ベッキー、マギー、浅野ゆう子と佐藤源太監督が出席した。

本作は、東京を守るべく人知れず戦う女子高生忍者(JKニンジャガールズ)と、大阪を首都にすべく悪さを企む大阪の忍者たち(忍者オヤジーズ)の戦いを描くコメディー。

浜浦彩乃は「こぶしファクトリーの初主演映画というこの作品で、私の夢でもあった映画初出演を果たせてうれしい。演技も初心者ですが、やり切ったので見てください」とファンに呼び掛けた。

藤井梨央は「ニンジャということで殺陣を使ったアクションをしています。1人ずつ違う武器を持ってきました。私はネイルの付いた手甲鉤(てっこうかぎ)」とそれぞれが武器を構えてみせ、広瀬彩海も「不安な部分もあったけど、私たちの普段の歌やダンスを“歌謡バトル”としてご覧いただけるところもあるので、ぜひ楽しんでください」と笑顔を浮かべた。

また、ニンジャ組織のボス“ユリちゃん”役の浅野は「皆さんのお母さんの年齢を伺ってがく然とした」と笑いを誘い、役づくりの参考にした人物として「都民ファーストです! 小池百合子都知事です。オマージュってことで緑色の勝負服で臨ませてもらいました。芝居でまねはしていませんが、兵庫県出身の大先輩という気持ちが大きくて楽しかったです」とアピールした。

また、サリー教官役のベッキーが温水らオヤジーズを引き連れて会場後方から登場。「普段、歌番組でよくご一緒するこぶしちゃんとお芝居の作品を一緒にやれたことをうれしく思います」と喜びを語った。

自身にとっては休養から復帰後初めての映画出演となり「とにかくうれしくてありがたくて、気合を入れなきゃいけないと思って臨んだ。だからムチでセットを壊しちゃったのかも」と熱の入りすぎた演技を反省していた。

映画は7月17日から丸の内TOEIで公開。

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス