最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

男性が支えてほしい…と思うSOSサインを理解して、愛され彼女になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性が弱って支えてほしいと感じる瞬間ってどんな瞬間なのでしょう?私は男ゴコロに疎く、彼が落ち込んでいたり、傷ついていることに気づくことができません。

もっと上手に彼を支えてあげることができたなら、彼からもっと愛されるような気もします。男性が支えてほしいと思う瞬間のSOSサインについて知りたいです。

今回はそんなお悩みに寄り添いたいと思います。

■ ◆プライドを傷つけないように慰める

男は我慢やストレスが限界に近づくと“支えてほしい”という無言のサインを発します。

しかし女性にとってそれはとても見分けづらいものです。

しかも厄介なことに、たとえSOSに気づいても「彼がタフであること」を認めながら助けてあげないと、一瞬で彼は自尊心を痛めてしまいます。

「弱くて可哀想だから慰めて貰っている状態」の自分を男は嫌います。「あなたは強いのだろうけれど、今回ばかりはつらそうね。」というスタンスで慰められないとイヤなのです。

■ ◆電話の回数、キスの回数が増えた時は「愛情」への不安を感じている

まずありがちなのが、彼が本当に愛されているのか不安になったとき、女性の愛情を確かめようとするケース。

この心境の男性はキスの回数が増えたり、電話の回数が増えたり、「俺なんて必要ないよね?」なんて質問をしてきたりします。

女性からしてみれば、自分に余裕がないときは重く感じてしまうものですが、できるだけ気持ちを言葉にしてください。

しっかりと言葉にすることで彼は心の安定を取り戻します。仕事上でも悩みが限界点にきている彼を冷たくあしらってしまうと、突然音信不通になることがあります。

音信不通までいかなくとも、慰めを求め浮気される原因にもなるので気を付けましょう。

あなたからの愛情が足りない部分を別の女性に寄り掛かってサプリするのです。そして何事もなかったかのように、涼しい顔であなたに会いに来るというわけです。

それを繰り返すうちに彼はあなたと会わなくても大丈夫な“心の体力”がついてしまいますね。

しまいには旅立ちの準備、つまり別れの準備を始めてしまうこともあります。もっと心のリズムが合う女性を探す方向にシフトします。

■ ◆究極にまずいことがあったとき男は″黙っている″

「キミはリストラだ――」など、ものすごくショックなことを言われた直後、男は沈黙を守る傾向が強いものです。

自尊心の高い人ほど、誰にも相談をしません。彼の口数が少なくなった時には要注意。何か重大な事件が彼の中でおこっているかもしれません。

彼はすでに自分を低く評価し、狭い視野でミスを犯して誰かに迷惑をかけまいか?と臆病スタンスになっているはず。態度や表情、言動が自信なさげに委縮しはじめたら何か仕事上の問題を抱えているということです。

■ ◆最後に…

「仕事での失敗を彼女の話したら心配するだろうか?」とか、「好き?って聞いたら重いだろうか?」 そんなふうに躊躇する男性のタイプがいます。

臆病で自信がないのに“男気”を通そうとする人です。彼らは“ヤセ我慢”を重ねた結果、浮気して愛情のサプリを受け、気を紛らわすこともあります。

そして分散恋愛が得意で希薄な恋愛価値観を持つ男たちが作られてゆくのです。

SOS signature
~“張りのある声”“自信の物腰”が消えたら彼の心は黄色信号

潮凪洋介



外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス