最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

髭男爵・山田ルイ53世がネットの誹謗中傷に持論 「心に刺さる名言」と称賛の嵐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像はTwitterのスクリーンショット)

「ルネッサンス!」というギャグで一世を風靡したお笑いコンビ・髭男爵。世間からは「一発屋」として扱われるが、そのゆえの苦悩もあるようだ。

18日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)での山田ルイ53世(42)の言葉が「名言」と話題になっている。

■「~のくせに」に怒り


番組では、ツイッター上で「日傘」と検索すると「日傘を差しているヤツはブス」「ブスのくせに日傘を差すな」といった投稿が目につくという意見を紹介。

山田はこれらのコメントについて、「日傘=美人のもの」という自意識が問題だと指摘。自身もエゴサーチをした際に「一発屋のくせにサングラスつけてた」と書かれたことがあると語った。

この「~のくせに」といった言葉やネットの誹謗中傷などについて、山田は被害をこうむることがたびたびあるという。

■「世間の厳しい目」に持論


地方のスーパーの余興に行ったとき、地元の高校生の「髭男爵が、きょう近所のスーパーマーケットに来る。こんなド田舎まで来るなんて、もう終わってる」というツイートを見てしまったという。

このつぶやきを見た山田は、「お前を育んでくれた地元を犠牲にしてまでね、髭男爵をディスるかと」とツッコミ。スタジオからは笑いが入るが、山田はさらにヒートアップ。

「おかしないすか、こういう感覚。『おもんない』とか『消えた』とか」と怒りをあらわに。

そして「これだけは言いたい」と声を大にして「その厳しい目、自分自身の人生に向ける勇気ある? あるんやったらいいんですけど」とカメラに向かってその男子高校生に問いかけた。

■「名言すぎる」の声


山田の言葉を受け、ネット民からも称賛の声があがった。中には、山田に勇気をもらったという声まで。

・めっちゃ笑ったしまさにその通りだと思うし本当核心ついてて凄いと思うしわたしも日傘さす

・ニュースの前提知識もあるし、コメントも真っ当な感じだった。これからコメンテーターとして台頭するかもな。引きこもりが長くて弱者の気持ちがわかるっていうバックボーンもいいよね

・「その厳しい目、自分に向ける勇気ある?」って髭男爵の名言、ネットはおろか仕事やら社会全般に言えることや

・髭男爵いい! 面白い。発言も鋭いけど嫌味がない。これからも頑張ってほしい

■ネットの誹謗中傷「経験アリ」は1割未満


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,352名に「ネットでの誹謗中傷した経験」について調査したところ、「はい」と回答したのは全体の6.9%。

©sirabee.com

「ネット=誹謗中傷」という認識をもっている人も少なくないだろうが、じつは実際に誹謗中傷を書いているのは1割未満ということが明らかに。それだけ書き込みのインパクトが強いということだろう。

山田のコメントは絶賛され、「また出演してほしい」という声も。もしかすると、山田がコメンテーターとして活躍する未来もそう遠くないのかもしれない。

・合わせて読みたい→ウエンツ瑛士が体罰問題に持論 「思い出を美化するな」に共感の声

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日
対象:全国20代~60代の男女1,352名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス