最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

木村拓哉の月9が消えた?神通力が衰え業界内には失望感が蔓延

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 登板が確実視されていた木村拓哉(44)の久々の月9ドラマ主演がご破算になってしまった。木村拓哉は来年1~3月期のフジテレビ系月曜9時ドラマへの主演が内定していたが、木村側の要望で辞退したと伝えている。木村にとっては、2012年10~12月期の『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』以来の月9主演。関係者の関心が高かっただけに、業界では衝撃が走っている。

「木村は月9で数々のヒット作に恵まれました。今日の地位は月9がつくったと称しても過言ではなく、木村にとっても思い入れが深いはず。特に今回は、SMAP解散騒動に伴うイメージダウンから挽回するチャンスだと周辺もやる気をみなぎらせていましただけでに衝撃が大きい」(テレビ局関係者)

今回の月9主演を巡っては、当初は今年10~12月期の登場が噂されていたが、翌クールにずれこんでいた経緯もある。これは、篠原涼子(43)主演の、一介の主婦が市議として活躍する政界モノにかっさらわれてしまい、後回しにされてしまった格好だ。

「視聴率低迷にあえぐフジテレビでは、亀山千広社長(60)の退任が決まった。亀山社長は1993年放送の月9『あすなろ白書』でプロデューサーとして木村を起用。その後の飛躍につなげてくれた木村にとっては大事な後見人でもある。そんな亀山社長がフジを去ることで、局内に木村の強力な後ろ盾がなくなってしまったと見られています」(前出・関係者)

こうした事情以外にも、木村が月9を敬遠する、深刻な理由が存在するという。

■キムタクやジャニーズでは数字を稼げない現実?

前出のテレビ局関係者が語る。

「木村は1~3月期の『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)の視聴率は期待ほど伸びず、ゴールデンウィークに公開された映画『無限の住人』も芳しい興行収入を挙げられず、キムタクの神通力は終焉を迎えている。さらに後輩のの相葉雅紀(34)主演の『貴族探偵』も視聴率は一桁台。ジャニーズへの失望感が業界内には蔓延している。木村サイドはこうした情勢を察知して、今は攻め時ではないと判断したとも言われています」

ネームバリューだけでは勝負できず、演技力の評価も高まらない木村。世間の注目を再び集めるにはもう少し、時間が必要なのかもしれない。
文・海保真一(かいほ・しんいち)
※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

外部リンク(デイリーニュースオンライン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス