最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

妊娠・出産・育児の医療費と制度が知りたい!気になるお金の話について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産・育児には、それぞれ医療費がかかりますが、大体いくらぐらいを目安に準備をしておくものなのでしょうか?

また、助成金などが受けられる制度もあり、知らないと損をする場合もあるので上手に利用をしたいですね。

今回は、気になる妊娠~育児までの医療費の詳細と、便利な制度などについて医師に詳しくお話を伺ってきました。

■妊娠・出産・育児にかかる医療費はくらい?

妊娠


■ 妊婦健診
妊娠経過が順調な場合は妊婦健診には健康保険が適応されず、実費を10割負担で支払う必要があります。

一部は母子手帳と一緒に交付される妊婦健康診査受診票(補助券)を使用すると費用減免されますが、毎回4Dエコーを行う病院などでは毎回窓口で1万円を支払うという場合もあるようです。

一般的に、5~10万円程度の負担が必要です。

出産


■ 出産育児一時金
健康保険組合から出産育児一時金として約42万円が交付され、多くの病院は直接支払制度を取っているため、手続きしておけば、かかった費用から42万円を引いた額を病院に支払えばよいことになります。

■ 高額療養費制度
帝王切開の場合は健康保険が適応され、高額療養費制度を利用することで一定額以上の負担は免除されます。

■ 入院・分娩にかかる費用
個室代や休日・深夜加算などもあり、病院によって大きく異なります。40万円台から100万円を超える場合もあります。

育児


■ 定期接種
全員が受けることを推奨されている予防接種については、自治体から費用補助があるので無料で受けられます。

■ 任意接種
ロタウイルスやインフルエンザワクチンなどの任意接種ワクチンを受ける場合や、定期接種の時期を逃した場合には自己負担となります。

・インフルエンザ:1回3,000円程度
・ロタウイルス:2回もしくは3回で2万5千円程度
・その他のワクチン:6,000円から1万円程度

■ 健診
生後1カ月健診については産院や小児科で受け、自己負担で3,000円程度が多いようです。

以後の健診は、保健センターや委託を受けた病院で行われ、3~5カ月、1歳6カ月、3~4歳の健診は無料、その間での検診を希望する場合は自費の場合が多いです。

■妊娠・出産をする際に受けられる制度

助産制度


経済的理由で出産費用が準備できない場合、指定された病院や助産院での出産費用が減免される制度です。

生活保護もしくは所得が非常に低いことを証明する必要があります。

母性健康管理措置、妊産婦の就業制限、労働基準法


働きながら妊婦生活を送る場合、混雑する時間帯の通勤を避けたり、業務内容を妊婦に無理のないものにするように配慮するよう、雇い主には義務付けられています。

母性健康指導事項連絡カード


母子手帳に閉じこまれている書類で、医師が妊婦にどのような配慮が必要かを記載し、事業主に見せることで、業務内容を変える・休みを取るなどの措置を求めることができます。

出産手当金


産前・産後休業中に給料が支払われない場合に健康保険から賃金の2/3相当が支給されます。

産前産後育児休業中の社会保険料免除


健康保険料や厚生年金の免除が受けられます。雇用保険も免除されます。

■育児をする際に受けられる制度

子ども医療費支給制度


自治体によって対象年齢は異なりますが、小学校6年生まで・もしくは中学校3年生までの子供の医療費の一部を補助する制度です。

多くは子供が生まれた時点で申請し、受給者証を受け取って、病院受診の際に提示します。

未熟児養育医療給付事業


未熟な状態(早産、体重2kg以下など)で生まれた場合、一般の新生児と同等に育つまでの医療費を補助する制度です。

育児休業給付金


1歳未満の育児中に、賃金の一部が支給されます。

■現状の妊娠・出産・育児に関連する制度の課題

妊婦の多様な悩みに対し、助産師やケースワーカーが行政と協力して、妊娠中から産後に至るまで継続的にサポートできる仕組みが必要と思われます。

保育園や病児保育制度の拡充が強く求められています。

■病院で妊娠・出産の相談で多いお悩みは何ですか?

経済的な問題


・経済的に余裕がなく、妊娠中や産後に収入が減ると生活できない。
・今の住居では赤ちゃんを育てるのに適した広さや設備がないが、引っ越しする費用がない。

雇用の問題


マタニティハラスメントに遭い、「契約更新できない」「パートになれ」「うちには育児休業はない」と言われた。

その他


・望まぬ妊娠をして、出産後育てられるか自信がない。
・養子に出したい。

■最後に医師から一言

妊娠出産に伴う制度は、正社員・契約社員・パート・自営業など働く形によっても大きく異なり、利用が難しいですが、自治体の窓口や人事担当と相談しながら準備を進めていってください。

(監修:Doctors Me 医師)


外部リンク(Doctors Me)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス