最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

14騎のサーヴァントが激突!アニメ「Fate/Apocrypha」7月1日から放送決定、ジャンヌ&ジークの新ビジュアルを披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏アニメとして注目を集めているFateシリーズTVアニメ最新作『Fate/Apocrypha』の放送開始日が7月1日に決定。

新しいビジュアルとルーラー/ジャンヌ・ダルクをフィーチャーしたプロモーション映像が公開されました。

「Fate/Apocrypha」(原作 東出祐一郎/TYPE-MOON)は、タイトルのとおり「外典(アポクリファ)」として、平行世界を舞台にしたシリーズのスピンアウト小説が原作。

通常のFateシリーズで描かれる7騎のサーヴァントによる聖杯戦争とは違い、全14騎のサーヴァントが2つの陣営にわかれて戦う「聖杯大戦」を描いており、本作の主人公のひとりであり、メインヒロインでもあるルーラー/ジャンヌ・ダルクはそれらを監督する立場を与えられ、15体目という特例的な存在として召喚されたサーヴァントとなっています。

公開されたプロモーション映像は坂本真綾が演じるルーラー/ジャンヌ・ダルクをフィーチャーしたもので、「Apocrypha」で描かれるシーンの一部が披露されています。また6月17日・6月24日にはさらなる新PVの公開も予告されているので、放映開始を楽しみにしているファンは見逃せませんね。

アニメ「Fate/Apocrypha」は7月1日から放送開始。TOKYO MX・BS11・群馬テレビ・とちぎテレビなどで放送されます。

■「Fate/Apocrypha」スタッフ・キャスト

<CAST>

ジーク:花江夏樹

ルーラー:坂本真綾

シロウ・コトミネ:内山昂輝

赤のセイバー:沢城みゆき

赤のアーチャー:早見沙織

赤のランサー:遊佐浩二

赤のライダー:古川 慎

赤のキャスター:稲田 徹

赤のバーサーカー:鶴岡 聡

赤のアサシン:真堂 圭

黒のセイバー:諏訪部順一

黒のアーチャー:武内駿輔

黒のランサー:置鮎龍太郎

黒のライダー:大久保瑠美

黒のキャスター:宮本 充

黒のバーサーカー:野中 藍

黒のアサシン:丹下 桜

<STAFF>

原作:東出祐一郎/TYPE-MOON

キャラクター原案:近衛乙嗣

監督:浅井義之

シリーズ構成:東出祐一郎

キャラクターデザイン:山田有慶

サブキャラクターデザイン:須藤智子

プロップデザイン:田中一真/伊藤公規

モンスターデザイン:蛯名秀和

アクションディレクター:榎戸 駿/坂詰嵩仁

美術監督:井上一宏

美術設定:須江信人

色彩設計:茂木孝浩/土居真紀子

CGディレクター:中島 宏

撮影監督:岡﨑正春

編集:髙橋 歩

音響監督:岩浪美和

音響制作:HALF H・P STUDIO

音楽:横山 克

制作:A-1 Pictures


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス