最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

海老蔵「一応、浴衣を用意しています」 勸玄くん&麗禾ちゃんの出演を予告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市川海老蔵 第四回自主公演 ABKAI2017「石川五右衛門 外伝」の公開舞台稽古が9日、東京都内で行われ、市川海老蔵、中村壱太郎、市川右團次、中山優馬、前野朋哉、山田純大が囲み取材に応じた。

本舞台は、若い世代にも歌舞伎を楽しんでもらうために、海老蔵が取り組んでいる“伝統の継承”と“新時代の歌舞伎の創造”をテーマにしたもの。

今回、歌舞伎に初挑戦する中山は「すごく緊張しました。(舞台に)出る前には心臓がバクバク鳴って、ずっとせりふと殺陣の確認をしてました」と硬い表情を浮かべた。見えを切るシーンもあるが「(舞台で)見るのとは違って、やるには筋力もいる。こんなにきついものだということを初めて知りました」と振り返った。

そんな中山について海老蔵は「センスがいい。われわれが『こういうふうにしたらどう?』と言ったことをすぐできる」と賞賛。中山も「皆さんに満足してもらえるように頑張ります」と気合いを入れた。

また、自身のブログで長女・麗禾(れいか)ちゃん、長男・勸玄(かんげん)くんが通行人として出演予定であることを明かした海老蔵。

改めて出演の可能性について聞かれると「五右衛門が大好きなんですって。『どこでやるの?』と聞くので『渋谷だよ。家の近くだよ』と言ったら『じゃあ行く』と言って…」と経緯を説明。海老蔵と一緒に登場する予定だそうで「一応浴衣を用意しています」と笑顔で明かした。

出演回については「今日の夜(公演)に来るかもだし、明日の昼(公演)かもしれません」とし「そんなものですよね。子どもですから。(客にとっては)来なかった時の落胆ぶりの方が大きいですよね」と笑った。

このほか、初期の肺腺がんを公表し、休養中の中村獅童の話題も。獅童は無事に手術を終え、今月上旬に退院したことが8日に報じられたが、海老蔵も連絡を取り合っているようで「『どうなの?』と聞いたら『大丈夫』と。『お茶しに行こうか』と話しているので大分調子はいいのでしょう。私もバタバタしているし、彼も病み上がりなので中日ぐらいに…」と予定を明かし「良かったです。本当に」とホッとした表情を見せた。

舞台は9日~25日、都内、Bunkamuraシアターコクーンで上演。

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス