最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

本人コメントも到着!吉澤嘉代子が歌う「月曜日戦争」の主題歌について考察!【「月曜日戦争」プレゼント付】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム:魔女がOLになったら… ~吉澤嘉代子「月曜日戦争」


日テレで深夜に放送中のドラマ、「架空OL日記」。お笑い芸人のバカリズムが2006年から3年間、OLのふりをして書いていたブログが原作で、バカリズム持前の人間観察力、そしてネタとしての昇華力がいかんなく発揮されたお話は、現実にいてもおかしくない、それでいて、あるある…と微笑んでしまうようなOLたちの日常が描かれている。

バカリズム自身が原作・脚本・主演(主人公はOLだが)を担当している話題作で、その主題歌を歌っているのが吉澤嘉代子だ。

吉澤嘉代子といえば、女の子らしい感性を武器にした歌詞の世界観と、強い意志のこもった可憐な声に、独特の毒をまぜた歌声で、ほかにはない個性を放つ歌手。そんな吉澤がこのドラマにどんな曲を書き下ろしたのだろうと聴いてみると、流れてきたのは、なんだか魔法少女みたいなイントロだった。



ドラマの主人公は銀行勤めのOL。青いリボンの制服に身を包み、月曜日になると会社に出勤していく。社会人がよく思う、月曜日、会社行きたくないな…という気持ち。そんな葛藤を、「月曜日戦争」として大きくふくらませ、惑星をモチーフにして描き出している。だから、魔法少女のメロディというよりは、宇宙のピコピコ感に近いのかもしれない。「宇宙戦争」のような感じ。「戦争」だから血は流れるし、敵だっている。「透きとおる血のかすかな香」のところなんて、すごくSFっぽい。



ドラマの第一話では、OLたちがお金を出し合って買ったヒーターが壊れるという事件が起こる。寒がりのOLたちにとって、ヒーターのない仕事場は死を意味する。この星(職場)を守っているのは、ヒーローではなく、ヒーターなのだ。また、ドラマではOLたちがラインをしている場面があり、「液晶の花園で待つ味方の陣」、これは彼女たちのグループラインを言い換えている。ふつうの社会生活も、吉澤の言語感覚にかかれば、ユニークなスペースオペラに変換される。

「月曜日戦争」のミュージックビデオは、吉澤と歳も近い女性イラストレーター、たなかみさきが担当している。女の子が「OL」のヘルメットをかぶり、惑星に囲まれながらお菓子のルマンドのバズーカを放つなどしていて、彼女たちの世界観が存分に味わえる。



吉澤はインディーズの頃のアルバムタイトルが「魔女図鑑」、プロフィールにも「魔女見習い」とある。魔女が修行をするように、音楽の道を行く彼女は、まるで魔法を使ったみたいに、素敵な曲ばかりを産み出している。

面白いことに、吉澤自身も、このドラマの9話にOL役として出演する。魔女がOLになっている姿を、ぜひその目で確かめてほしい。

吉澤嘉代子 本人コメント



「月曜日戦争」は戦う社会人の心象風景を描こうと書きました。バカリズムさんが「最終回のラストに流れる月曜日戦争はたぶん聴こえ方が違う」とツイートしてくださって、そう思ってもらえたらいいなと書いたので嬉しかったです。

ドラマに登場するのは戦いとは無縁の主人公なので、もう一つの物語として楽しんでもらえたらと思います。私もちょこっと出演させていただいたのですが、楽屋の和やかな雰囲気がドラマのようでした。

プレゼント応募について


Twitterで応募すると非売品の限定QUOカードをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。

Follow @utaten

【応募締め切り】
6/18 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス