最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

クロエ・モレッツ、出演映画の宣伝手法に激怒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クロエ・モレッツは、自身の最新作「レッド・シューズ・アンド・ザ・7ドワーブス」の宣伝の仕方が、体型に劣等感を持たせるとして怒りを露わにしている。

現在20歳のクロエは、「白雪姫」の同アニメスピンオフ作品のポスターを見て驚愕したという。ポスターには「白雪姫が美しくなく、7人の小人が小さくなかったら?」とキャッチコピーが書かれており、さらには痩せている白雪姫と太っている白雪姫が描かれている。

それを見たクロエはツイッターで、「『レッド・シューズ・アンド・ザ・7ドワーブス』のマーケティング方法を目の当たりにしたわ。みんなと同じく、ただただ愕然として怒りの気持ちでいっぱいよ。こんなこと私や私のスタッフからは了承を得てないのよ。作品のプロデューサーたちには私の気持ちを伝えてあるってこと、分かっておいてね。あの美しく書かれた台本に私の声をのせたわけだけど、作品全体を見るようにしてね」「このストーリーが若い女性にとって力強く響くからこそ、私だって共感したの。私の力の及ばないところで、みんながイヤな気持ちになったとしたらごめんなさい」とコメントしている。

プラスサイズモデルのテス・ホリデーもツイッターでクロエをタグ付けし、同ポスターもシェアして「どうやったらこんなことが全マーケティングチームから認証されたわけ?一体どうして、太っている=醜いっていうメッセージを子どもに伝えてもいいっていうの?」と怒りを露わにしている。

こうした事態を受け、同作の製作陣の一人、スジン・ファン氏は謝罪。ファン氏は米CNNで「現在製作中のアニメ映画『レッド・シューズ・アンド・ザ・7ドワーブス』のプロデューサーとして、ルーカス・コーポレーションは初期の宣伝方法において、そもそものメッセージとは異なるイメージを示してしまったことに対して謝罪したいと思っています。あの宣伝は中止しました」と話した。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス