最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

“二股騒動”塩谷瞬のウィキペディアが大言壮語だらけ!「自分で編集してるw」と揶揄飛び交う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィキペディアの俳優・塩谷瞬のページに対し、「自分で編集してるw」との揶揄が飛び交っている。

ウィキペディアといえば、誰でも編集することができるインターネット百科事典だが、ネット上では塩谷瞬についての記述が「細かすぎる」「主観的な文章」「大言壮語だらけ!」「イメージとかけ離れすぎ」と話題に。

具体的には、デビュー前のボランティア活動についての記載が異様に細かい点や、2013年の記述に「実は重度の網膜剥離になり緊急入院しており、 そこで出会った執刀医の先生がネパール支援(ヒマラヤを支援する会 現EARTH)として医療支援を行っており、 革命が起きて生まれ変わろうとしているネパールの今を見て欲しい、と言われ、この目が治ったら必ず行きますと約束した」と、まるで本人のブログのような文章が並んでいる点などに疑惑が集中している。

さらに、少なくとも01年の『百獣戦隊ガオレンジャー』(テレビ朝日系)の時点で「スーパー戦隊シリーズ」は大ブームとなっていたが、塩谷のページを見ると、02年の塩谷主演作『忍風戦隊ハリケンジャー』がきっかけで「戦隊ブームという一大ブームを引き起こした」(現在は削除)とされており、ネットユーザーは違和感を強めているようだ。

「“中立的な観点”を標榜するウィキペディアですが、塩谷のページには『自分で書いたのでは?』と思わせる大袈裟な記述だらけ。また、なんといっても塩谷の代名詞ともいえる12年の二股交際報道についての記載が全くないのも気になります。真相はわかりませんが、これを書いた人物は、塩谷を“偉大な人間である”と世にアピールしたい人物のようです」(芸能記者)

同ページの編集履歴を見てみると、この疑惑がネット上で話題となった22日、何者かがモバイルから幾度となく手を加えていることがわかる。たとえば、普段の移動手段についての「たまにタクシーも使う」という記載や、「戦争映画から等身大の役、荒廃感のある役まで幅の広い役をどれも自分の分身のように繊細に演じきる表現力は、豊富な人生経験がその根底にあることを感じさせる」といった賛辞が削除されている。

「タレントのウィキペディアの編集は、所属事務所が行っていることが多い。しかし、塩谷は10年に大手のスターダストプロモーションを離れて独立してからというもの、営業やプロモーション、ゴシップ記事を報じたマスコミへの反論作業まで、全てを自身の判断で行っているとか。自らウィキペディアを編集していても、なんらおかしくはありません」(同)

かねてより「自分は大物」との意識が強いとささやかれている塩谷。大言壮語だらけのウィキペディアは、ウワサ通り本人が書き込んでいるのだろうか?

外部リンク(日刊サイゾー)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス