最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

誠(亀梨和也)の同棲疑惑に晴子(木村文乃)困惑…待ち受ける“まだ見ぬ運命”とは?「ボク、運命の人です。」<第6話あらすじ>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ボク、運命の人です。/モデルプレス=5月20日】KAT-TUNの亀梨和也が主演を務める日本テレビ系ドラマ「ボク、運命の人です。」(毎週土曜よる10時~)の第6話が20日放送される。

◆“運命の恋”の物語



頑なに運命を信じる、亀梨演じる主人公・正木誠と、それを頑なに拒否する、木村文乃演じる湖月晴子の2人が、「自称・神」と名乗る、山下智久演じる謎の男から、「あなたたちは絶対に恋をしなければならない『運命の2人』だ」と言われたことで始まる“運命”の物語を描き出す。

亀梨と山下は、2005年10月期に共演した同局のドラマ「野ブタ。をプロデュース」で限定ユニット「修二と彰」を結成して以来、約12年ぶりのドラマ共演。今回のドラマでもユニット「亀と山P」を結成し、主題歌を担当することで話題となっている。

◆第6話あらすじ



晴子(木村文乃)と偶然にもキスをして、「もう少しだけ時間が欲しい」と言われた誠(亀梨和也)。彼の努力が徐々に晴子の心を動かしているようだった。謎の男(山下智久)は誠に、次のデートで晴子を家に招くことを提案する。

誠は、関原(大倉孝二)、和生(澤部佑)と飲みに行く。関原は、三恵(菜々緒)が定岡(満島真之介)のマンションから朝帰りするところを目撃し、ショックを受けていた。誠は関原のヤケ酒に付き合わされた挙句、関原と和生を家に泊めるハメに。

晴子ではなく同僚の男性を連れてきた誠に、あきれる謎の男。さらに彼は「亭主関白を目指せ」と言い、晴子を引っ張っていくぐらいの男らしさがあれば彼女を家に呼べると主張。男らしい亭主関白の夫が「メシ、フロ」と様々な要求をするように晴子との会話を4文字以内でこなすことを命じる。

それが想像もしない運命の繋がりを引き起こすとも知らずに…。

そんな中、誠の部屋へと訪れた関原(大倉孝二)が誠の部屋にある誠以外の人間の匂い(神様の痕跡)を勝手に晴子へと伝えてしまうことで、誠が別の女性と同棲をしているのではないかという疑惑がたつ。傷つく晴子。

しかし、この騒動の最後の最後に、まだ見ぬ運命の軌跡が二人を待ち受けていた―。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス