最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

FES☆TIVEが4周年ライブ開催! 新衣装で新曲リリースを発表!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FES☆TIVEが5月17日、18日に東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで4周年ワンマンライブ「ワッショイワンダーランド2Days」を開催した。

'13年に結成されたFES☆TIVEは、'17年に入って白石ぴあの、真野彩里愛が加入。坂元由奈、汐咲玲亜、青葉ひなり、桃原ひよ、鈴木ことね、鈴木みつき、白石ぴあの、真野彩里愛の8人体制となっている。

FES☆TIVEにとってO-EASTは1年前に3周年を祝った会場。4周年となる今年は、2Daysに規模を拡大にしてライブが行われた。

初日の「FES☆TIVE4周年ワンマンライブ『ワッショイワンダーランド2Days』~乱舞~」は、本編14曲をほぼノンストップでパフォーマンス。アンコールの「シダレヤナギ」で、翌日への余韻を残して終了した。

4周年記念当日となる2日目の「FES☆TIVE4周年ワンマンライブ『ワッショイワンダーランド2Days』~絢爛~」でメンバーは、1日目に予告されたとおり新衣装で登場。そして、この日もスタートからノンストップで突っ走る。

前半7曲の最後となる「大江戸爆裂花火姫」後のMCでは告知映像が流れ、7月26日(水)に徳間ジャパンより5thシングルを発売することを発表。さらに、6月18日(日)に控える初の香港単独公演に続いて、今冬にはタイでのワンマンライブが計画されていることも明かされた。

MCに続いて、「トラとウマ」「進めジパング」を歌唱。その後、「FESTIBLUESKY」ではシャボン玉が舞い、「トーキョードリームパレード」では天井からメンバーのサイン入りの星が降りるというファンタジーな演出もいよいよラストへ。

ファンからメンバーにサプライズで花やメッセージ入りのTシャツが贈られ、桃原は「サプライズで、Tシャツにもこんなにたくさんの人の寄せ書きがあって、たくさん紫を振ってくれて…素敵な景色が見られました。今日で4周年になるんですけど、5年目ももっともっと上を目指して頑張っていきたいと思います」とファンに感謝。

坂元は「私は初期メンバーで4年間ずっとやってきて、こんな景色が4年で見られるとは思っていませんでした。だけど、こうやってFES☆TIVEが好きな人、ゆなのことを好きな人がこうやっていてくれることが本当に嬉しいし、こうやってステージに立てることが当たり前じゃないって日々思ってて。みんながいつも応援してくれるからこそ、こうやって立ってられるし、立ちたいって思うし、全力でみんなの応援に応えたいって毎回、毎日思います。5年目に向けて、どんどんFES☆TIVEが大きくなっていって、世界的なアイドルになれるようこれからも頑張っていきます。皆さんの力がこれからも必要なので、これからもよろしくお願いします」と、ファンに呼び掛ける。

鈴木(み)は「今回、2daysということでメンバーも結構不安だったし、『来てくれるかな?』とか、『今までずっと応援してくれてる人たちに、パワーアップしてるところを見せられるかな?』とか、最近好きになってくれた人に『FES☆TIVE、すごいなって、もっと興味を持ってもらえるライブになるかな?』とか、いろいろ考えてたんですけど、皆さんにそういうものを見せられましたか? 私たち、まだまだこれからだと思うし、もっともっと上を目指せると思っているので、皆さんの力がまだまだ必要です」と話した。

真野は「新メンバーは、明日でお披露目から5カ月が経つのですが、2日間もEASTっていう大きなステージでライブができるのは当たり前のことじゃないし、4周年っていうメンバーたちが今まで積み重ねてきてくれた努力のおかげだなと思っています。5カ月しか経ってないんですけど、こうやって毎日のようにライブをできることが本当に楽しいですし、ファンの方々に一緒にお祝いしてもらえると思ってなかったので、本当に嬉しいです。これからもFES☆TIVEの波に一緒に乗って、新メンバーと言われないくらい、どんどんみんなと一緒に成長できたらいいなと思います」と決意。

白石は「新メンバーは、ライブデビューをして2カ月経つんですけど、FES☆TIVEに入る前からFES☆TIVEっていうアイドルを知っていて、すごい好きだったんです。まさか自分がFES☆TIVEのメンバーになって、他のアイドルさんと一緒のステージに立てると思ってなかったので、すごく嬉しくって。でも、私はダンスが苦手で、他のメンバーを追い越せないって思って…。FES☆TIVEが作り上げてきた物を、私が壊しちゃうんじゃないかと思って、すごい不安だったんですけど、こうやって大きなステージに立てて、皆さんにお花もTシャツもメッセージももらえて、FES☆TIVEの一員になれたのかなって思いました。これからは新メンバーと言われないように、他のメンバーを追い越すつもりで頑張っていくので、よろしくお願いします」と、胸の内を明かした。

鈴木(こ)は「私はずっとアイドルになりたかったんですけど、残念ながらFES☆TIVEに入る前は落ち続けの人生だったんです。FES☆TIVEのスタッフさんが拾ってくださって、その奇跡があったからこうやって、ここにいる1人1人と出会うことができて。その奇跡がなかったら、私は今こうやってステージに立ってないし、きっとお家にただただこもってる女の子だったと思います。そんな大切な大切なFES☆TIVEの4周年、お誕生日を私と知り合ってくれたたくさんの方、そしてメンバーと一緒にお祝いすることができて、とっても嬉しかったです。そして、去年のワンマンライブもここでやったんですけど、その時に私は『もっと大きいステージに、絶対に連れていくから』って約束したのに、1年経って(同じ場所で)2daysでちょっと悔しかったりもしたけど、その悔しさはこの2日間がとっても楽しかったからこみ上げてきたものだし。FES☆TIVEがずっと変わらないなんて無理だけど、今FES☆TIVEを作ってる私たち8人が、ずっとずっとFES☆TIVEが生き続けられるように、大きな大きな存在にしていきます。5年目もよろしくお願いします!」と誓う。

青葉は「青葉も初期メンバーで、今日でちょうどステージデビューから4年になるんですけど、FES☆TIVEに入ったのが高校3年生の時で、受験だったので、まだ進路が決まってなかったし、FES☆TIVEがこんなに大きくなれると思わなかったので。夢はもちろん目指してたんですけど、こんなにいっぱいライブをやらせてもらえるかも分からなくて、流れで大学に進学してしまって。今は4年生になったんですけど、学校よりFES☆TIVEを優先してきたので、学校で怒られたりとかいろいろあって、両立するのが難しくて大変だったんですけど、4年生なので就職届という物を出せと言われ始めたんですよ。青葉は来週くらいに出そうと思ってるんですけど、FES☆TIVEに就職します! 『FES☆TIVE』って書いて、提出します。本当にここまでやってきて良かったし、4年間迷いもなくFES☆TIVEだけを見てきて良かったなって思うし。実際に青葉はFES☆TIVEじゃなかったら何もできないと思うので、普通の職業に就くなんて絶対に無理だし。みんなから、いい意味でも、良くない意味でも『FES☆TIVEじゃなかったら、青葉はヤバい』みたいに言われるので、これからも初期メンバーとして、柱として頑張っていくので、皆さんも支えてください。皆さんがいないと青葉は生きていけないので、これからもついてきてください」と宣言。

最後に、リーダーの汐咲が「私たちも2日間、本当に楽しかったです。これからもっともっと大きいステージで、たくさんの方と来年はお祝いしたいなっていう思いもこみ上げてくるような2日間だったなと思います。これから5年目に入るんですけど、FES☆TIVEも甘えていられない歳になりました。なので、これからは8人でどんな大きなステージに立っても恥ずかしくないようなパフォーマンスができるように頑張っていきたいと思いますので、皆さんぜひこれからもFES☆TIVEについてきてください」とファンにメッセージを送った。

アンコールでは、メンバーは桃原デザインのTシャツを着て登場。「シダレヤナギ」「マジカルパレード」で熱狂の4周年ワンマンライブは幕が閉じ、FES☆TIVEは5年目の幕開けを迎えた。

https://news.walkerplus.com/article/109551/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス