最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

最終目標は「キリスト教同盟」!?…トランプがロシアとの蜜月を望む本当の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


就任後まだ半年も経っていないのに、トランプ大統領は最大の窮地に経っている。2016年の大統領選挙でロシアが介入したという疑惑で、米司法省に特別検察官が任命されたのだ。事態が一気に進展したのは、言うまでもなくFBI長官のジェームズ・コミーを解任したからだ。

トランプ政権の閣僚や側近を詳細解説した著作『トランプ政権を操る[黒い人脈]図鑑』(5月24日発売/扶桑社)を上梓したばかりの作家のベンジャミン・フルフォード氏は、コミー前長官についてこう語る

「コミー氏はもともと弁護士で、いくつかの地区や州の連邦検事を経て、司法省副長官まで登り詰めた人物。退職後はロッキード・マーティン社の副社長になったり、ヘッジファンドのマネージャーをしていた。そして2013年、オバマ政権でFBI長官に任命された。コミー氏が注目を浴びたのは、2016年2月に起こったFBIとアップルの『ロック解除事件』でしょう。銃乱射事件の犯人が持っていたiPhoneのロック解除をFBIがアップルに要請したところ、同社はそれを拒否した事件です。結局、FBIは自力でロックを解除したのですが、このときあるハッカー集団に約1.5億円の報酬を払ったことが問題になった。ともあれ、コミー氏の任期は慣例で10年となっているため、トランプ政権発足後も変わらず長官のままだったということ。そもそも過去に新大統領から辞任を要求されたFBI長官は皆無で、トランプも当初は長官留任を希望していた」

2月にトランプ大統領は、辞任に追い込まれたフリン前大統領補佐官に対する捜査を中止するよう、当時のコミー長官に圧力をかけていた。それを裏付けるメモが見つかり、米主要メディアは一斉にトランプ自身や側近がロシアと共謀・結託していた可能性が高いと報じ始めた。

選挙戦の“共謀”が事実だとするなら、ロシア側はなぜトランプ大統領に肩入れするのか、またトランプ大統領はなぜロシアと緊密な関係をとりたがっているのか。ベンジャミン・フルフォード氏は、その背景にある知られざる事実をこう説明する。

「ロシア側は原油安やクリミア紛争による経済制裁解除を解決するため、アメリカの力が必要で、トランプ側もロシアがISを退治してくれれば、米国へのテロの脅威は減る――巷間、二者の思惑はこう語られていますが、実はもっと別の目論見がある。それは、トランプが“最終的な目標“と考える『キリスト教同盟(白人国家同盟)』の樹立です。アメリカとロシア、ヨーロッパの国々がキリスト教を共通の価値観にして手を結び、急成長するアジア圏や、人口が急増しているイスラム教国に対抗しようというもの。この構想をトランプが大統領選中からプーチンに持ちかけ、プーチンも同意したといいます。2016年12月、ローマ・カトリック教会とロシア正教会は、東西教会分裂以降、1000年ぶりに法王と総主教が会談を果たしましたが、私はこれも同連合結成への布石と見ている」

トランプ大統領自身は長老派教会のプロテスタントで、選挙では多くの中間層クリスチャンが彼を支持した。また、最近ではシリア難民問題において、迫害されているキリスト教徒を優先的に受け入れ、優遇すると言ったこともある。トランプ大統領の目指す理想郷は、白人のキリスト教徒による世界支配があるのかもしれない。

トランプ大統領と閣僚、そして側近たちは何を考え、アメリカや世界をどうしたいのか。『トランプ政権を操る[黒い人脈]図鑑』では、閣僚・補佐官全35人の経歴・繋がりから、政権の裏にいる団体・組織をカラー図解で徹底的に解説している。同書を読めば、アメリカがどこへ向かっているか、見えてくるだろう。

<取材/日刊SPA!取材班>


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス