最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

紫外線5月がもっとも危険なワケとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

紫外線は百害あって一理なし


本格的な夏は目の前です。この時期は紫外線が強まる季節ですから、しっかりとした紫外線対策が必要ですね。

美容関係者の世界では、「紫外線は百害あって一理なし」と言われています。
紫外線を浴びることによって、お肌の乾燥やしみ、しわの原因をつくります。また、それだけでなく、老化の元である活性酸素を大量に生み出すことになるからです。

とはいえ、「まだ夏前だし・・・」と、ケアに手を抜いてしまうと大変な事に!

実は紫外線は5月が最も多く、「5月の紫外線は真夏とほぼ同じ」と、知っていましたか?

紫外線には種類がある


紫外線には「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」などがあり、それぞれ波長によって分けられています。

紫外線のうち地上に届くのは、「UVA」と「UVB」という2 種類の紫外線で、このうち最も気をつけたいのが「A波(UVA)」です。
肌の奥まで達することがほとんどない、短い波長の紫外線が「B波(UVB)」に対して、肌の奥の真皮まで届く長い波長の紫外線が「A波(UVA)」。

肌の弾力やハリを奪い、シワやたるみの原因をつくるのが特徴です。



この「A波(UVA)」は、外出時だけ気をつければよいというものではありません。

家の中で家事をする主婦の方で、「外出をしないからUV ケアをしない」という方も多くいます。ですが、紫外線は窓を通して、家の中に侵入してくるのです!
いつまでも若々しいお肌でいるためには、外出の有無に関わらず、しっかりとしたUVケアは必要となるのです。

特に夏前に気をつけたいのは「A波(UVA)」


本格的な夏の7月・8月頃からは、「B波(UVB)」の紫外線量が多くなるのに対して、「A波(UVA)」の紫外線波長は、5月が最も多いといわれています。

これらの紫外線に対してのケア商品には、「SPF」「PA」と表記され、SPF 肌が赤くなる原因を防ぐのに対して、PAは皮膚の黒化が起こる原因を防ぎます。
このうち「A波(UVA)」を防ぐものは、「PA」です。

PA は、日本化粧品工業で効果により、次の3段階に分けています。

PA+ : UV-A 防御効果がある。
PA++ : UV-A 防御効果がかなりある。
PA+++: UV-A 防御効果が非常にある。

この時期は特に、UV-A防御効果が非常にある「PA+++」が、オススメです。

こまめに塗りなおすことが大切


メイクの前に日焼け止めを顔全体にしっかり塗りましょう。紫外線の強いときには、こまめに塗り直すことが大切です。2~3 時間に1 回を目安にしてください。

メイクの上からでしたら、あらかじめティッシュなどで顔をおさえて余計な油分を取ってから、日焼け止めを塗りなおし、その上からファンデーションを重ねます。または、UV カット効果のあるファンデーションを重ねることでも効果があります。

また、「B波(UVB)」を防ぐのは、「SPF」です。
SPF1=20分の紫外線ケアですので、例えばSPF30であれば600分になり、10時間の効果があると考えます。



そうなるとSPF数値の高い日焼けクリームを選びがちですが、数値の高いものほど肌への負担や刺激が強くなります。
ですから、SPFの高いものを選んで肌に負担をかけるよりも、こまめに塗り直す事が紫外線対策には重要なのです。

毎日のケア方法を、少しだけ意識して丁寧におこなうだけで、1年後・3年後・5年後のあなたのお肌は、確実に変化していきます。
この時期の紫外線対策をしっかりとして、憧れの極上肌を、手に入れて下さいね♪

外部リンク(michill)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス