最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「また殺しにきた」広瀬すず新CMに拒否反応?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 広瀬すず(18)が出演している「シーブリーズ」の新CM『デオ&ウォーター 恋のせい』篇が5月11日より公開となった。男女の青春を描いた爽やかな映像に、視聴者の中には拒否反応を示す人もいるようだ。

今回のCMは“ダンス部”が舞台。女子中高生約1万人の中からオーディションで選ばれた佳島みさ(13)が主人公を演じ、広瀬は佳島にアドバイスをする先輩部員として出演。佳島が思いを寄せる憧れの先輩(北村匠海/19)が、練習中に佳島と話していたせいで注意されてしまう。佳島は「私のせい……」と落ち込むが、そんな彼女に広瀬が「恋のせいだよ!」と声をかける、という内容だ。CMにはGReeeeNの『テトテとテントテン with whiteeeen』が流れ、すがすがしい雰囲気の映像となっている。

このCMは、放送開始直後から大好評。セリフに心を射抜かれた人が多いようで、「すずちゃんの“恋のせいだよ”がかわいすぎる!」「“恋のせいだよ”を見てテレビの前で叫んだ」といった感想が多く寄せられている。

しかし中には、このCMで描かれている「青春」が“まぶしすぎてツライ”と感じてしまった視聴者もいたようだ。「まともな青春を送れなかった俺にとってはツラすぎて鳥肌がたつ」「シーブリーズのCMを見ると泣きたくなる」「このCMでイライラしちゃう自分に腹が立ってきた」「シーブリーズがまた殺しにきた」といった、切ない反応も上がっていた。

「これまで『シーブリーズ』CMでは、広瀬と中川大志(18)の恋愛模様が描かれてきました。こちらも二人の甘酸っぱい関係にモヤモヤする視聴者がいたようですが、それだけこのシリーズは“理想的な青春”がうまく描かれているということでしょう」(テレビ誌ライター)――次回作も悶絶必至!?


外部リンク(日刊大衆)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス