最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

自家用車がまるで遊園地のアトラクションに!? KDDIの「5G」が実現するエンタメの世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●そもそも「5G」って何?
スマートフォンの通信速度が、現在の100倍くらい速くなったら? 空想上の話のように聞こえるが、実はほんの数年後に、そんな世界がやってくる。では、来たるべき"超"高速通信で、私たちはどんなサービスを利用できるのだろうか。KDDIが19日に公開した、次世代通信規格「5G」を活用したデモは、近い将来を待ち遠しくさせるに充分なものだった。

○次世代通信規格「5G」とは?

5G(ファイブジー)という名称、まだ「聞き覚えがない」という人もいるかも知れない。ごくごく簡単に説明すると、かつてガラケーでメールやネットを使用していた頃の通信規格が2G。その後、スマホの黎明期には3Gが主流になり、いま私たちが日常的に使用しているのが4Gだ(厳密にいうとLTEは当初3Gの範疇だったが、現在は4Gにカテゴライズされている)。

そして第5世代移動通信規格、つまり5Gは2020年の実現を目指して、各通信事業者で開発が進められている。この5Gを使って、KDDIではどんなことをやろうとしているのだろうか? 同社 モバイル技術本部 シニアディレクターの松永彰氏が登壇して説明した。

5Gの特徴を3つのキーワードで説明するなら「高速・大容量」「低遅延」「多接続」となる。

簡単に説明すると、ダウンロード速度は20Gbps程度まで引き上げられ(高速)、一度にたくさんの人が利用してもネットが遅くならず(大容量)、スマートフォンから基地局までの遅延が短くなり(低遅延)、将来的に多くの家電製品がネットにつながるIoT時代にも対応できる(多接続)ことを意味している。

KDDIが5Gで注力するのは、エンタメ、セキュリティ、エデュケーションといった分野。松永氏は「いままでの4Gとは全く違う、4Gの延長線上ではないところでステップアップを実現したい」と説明する。

●VRゴーグルで月面探査 - 5G実証実験
この日、KDDIで公開されたのは「高速・大容量」と「低遅延」の特徴を活かしたデモ。新宿のKDDIビルの周辺に構築された"5G実証実験エリア"の中に、5Gの電波を拾うアンテナを備えたバスを走らせ、その車内で3つのユニークなデモを行った。

デモAは、KDDI研究所で開発中の「自由視点映像」と絡めたもの。600Mbpsもの高速通信がコンスタントに必要となるため、現行の4G LTEでは利用できないが、高速・大容量の5Gならスマホでも楽しめるようになるという。その内容は、複数のカメラで撮影したサッカーの試合の映像を合成することで、カメラを設置していないアングル(例えばピッチ上や上空)からも試合を視聴可能にする、というものだった。

デモBはGPSとVRを連動させたもので、ユーザーの動きに追随してVRの映像が変化する。これを実現するには、VR映像を生成するサーバーが送信する大容量のデータを、遅延なく受信できる必要がある。このため、やはり5Gの実用化が待たれる。

この日の車内では、KDDIが宇宙開発チームHAKUTOと目指す"月面探査レース"をモチーフにしたデモが行われた。VRゴーグルを装着すると、ユーザーが腰を下ろしているのは月面探査機の上だった。360度、見渡す限り月の世界が広がっている。バスが走ると、その速度に応じて探査機も月面を走り出す。バスが曲がると探査機も曲がる、といった具合だ。まるで遊園地のアトラクションに乗っているかのような感覚が味わえた。

デモCでは、容量が500MBある動画のダウンロード時間を体感した。はじめに4Gによるダウンロード(実効速度は30Mbpsほど)が開始され、それなりに時間がかかった。計算上は2分前後が必要となる。次に通信回線が5Gに切り替わると、ほぼ1秒でダウンロードが完了した。この日のデモでは、3.5Gbpsほどの実効速度が出ていた。

●「5Gのワクワクを一般の方にも」
KDDI モバイル技術本部 シニアディレクターの松永彰氏は、技術の細かい部分を補足説明した。

デモで使用されたのは"28GHz"という非常に高い周波数をもつ電波。ちなみに、いまLTEで使用されている電波の周波数は、高いものでも3.6GHz程度である。28GHzのメリットは広い帯域幅を使えることで、通信速度をグンと上げられるという。では将来、この周波数が主流になっていくのだろうか? 松永氏によれば、現在グローバルでも5Gの研究が進められているが、まだどの周波数を使うか決まっていないとのことだった。

ところで、いわゆる"プラチナバンド"と呼ばれる電波がある。800MHzのことで、建物を回り込んでいく特性がある。このためビルが林立する都内でも、800MHzなら余すところなく電波が届く。これに対して28GHzの電波は、建物の影になる場所には届きにくい。また、減衰(ロス)も起こりやすい。このため、使い方には工夫が必要になるようだ。松永氏は「周波数を組み合わせる、あるいは基地局を連携させる、いままでとは違うそんな展開になるのでは」と説明する。具体的には4Gでエリアをカバーしつつ、特定の使い方に対応するために5Gを打つ、といった見方をしていた。

今回は報道陣向けのデモ体験会だったが、今後は一般の消費者にも5Gの魅力を伝えるイベントなどを行いたいという。松永氏は「こんなことができるんだ、というワクワクを皆さんにも体験していただきたい。今後の検討課題にしている」と話していた。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス