最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

映画「たたら侍」公開!主演の劇団EXILE・青柳翔にインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
EXILE HIROがエグゼクティブプロデューサーを務め、第40回モントリオール世界映画祭の最優秀芸術賞に輝いた映画「たたら侍」が5月20日(土)に公開となる。

同作品は、戦国末期、1000年錆びることがない鉄を作る奥出雲の村が舞台。代々伝わる製鉄技法“たたら吹き”を取り仕切る村下(むらげ)の座を受け継ぐべく、日々修行に励むのが、青柳翔演じる主人公の伍介だ。侍に憧れる伍介は、村を飛び出して戦場へと旅立つが、そこで待ち受けていた出会いや現実が彼の人生を変えていく。

公開に先立ち福岡で行われた記者会見で、主演の青柳翔と錦織監督に作品の見どころなどを聞いた。

――モントリオール世界映画祭での反応はどうでしたか?

錦織:映画祭では、「侍のアプローチとしては新鮮」「老若男女誰でも楽しめるファミリー映画のようだ」という評価をいただきました。賞がもらえるとは思っていなかったので、最優秀芸術賞をいただけたことは単純にうれしかったです。

青柳:日本の美しい景色や伝統を、いかに魅力的に見せられるかということを、チーム一丸となって丁寧に作っていたので、評価していただけたのは、日本人としてとても誇らしいことです。

――主人公の伍介は、人間のもろい部分と強い部分の両方を演じる、難しい役どころだったと思いますが、役作りで苦労したことはありますか?

青柳:簡単な役ではないけど、その分やりがいを持って挑むことができました。伍介は、葛藤しながらも、最後に一歩だけ立ち上がろうとするのですが、その一歩を表現するために、監督をはじめたくさんの方に相談しながら、どう演じればいいかを一番考えました。

――青柳さんが気に入っているシーンはどこですか?

青柳:(小林)直己さん演じる新平と二人で、村から見える景色を眺めながら、お互いの想いを話すシーンですね。ほとんど言葉はないんですが、二人が通じ合っているのを表現するシーンで、すごく思い出に残っています。その場面では、雲が出るのを1~2時間待っていたので、その時間も含めてとても印象的でしたね。

――今回の作品にはどのようなメッセージが込められていますか?

錦織:「その場所で咲く幸せ」を描こうと脚本を書きました。伍介は決して強い人間ではありません。良かれと思って取った行動すべてがうまくいかない、そういう部分を観る人にも重ね合わせられるようにしたかったです。大なり小なり、人生ではよくあることだと思いますから、あえて弱々しい主人公を立たせました。簡単な役ではなかったと思いますが、青柳さんは十分その期待に応えられたと思っています。

――制作についてHIROさんと監督との間で、どのような話をされたのですか?

錦織:観ごたえがあり、スクリーン栄えのする映画として、観終えた後に何度も反復できるような映画にしようという話は幾度もしました。また、EXILEで展開するような華々しいパフォーマンスではなく、そのイメージとは逆の作品にしていきましょうと。伝統技術や美しい自然という日本人の原点をちゃんと表現するということを、HIROさんと共通認識して作ったので、シニアの方にも映画館に気軽に足を運んでいただける作品になったと思います。

――伝統技術を映画に取り入れるのは大変だったのではないでしょうか?

監督:出雲で今でも実施に行われている様子は、一切見学することができません。それでも、2年間現地での取材を続けていくうちに、だんだんと職人さんたちとの距離が縮まっていきました。そして最後には、我々が組んだセットへ職人さんに来ていただき、“たたら吹き”が行われました。だから今回の映画では、門外不出の貴重な映像を見ることができます。

青柳:“たたら吹き”の現場はとにかく熱かったです。でも、教えていただいた村下の方から「火に立ち向かっていくことで、良い玉鋼はできる」という話を聞きました。そこから熱さにも徐々に慣れていき、集中して撮影に望むことできましたし、とてもいい経験をさせていただきました。

13年に公開した「渾身 KON-SHIN」以来、2度目のタッグとなる錦織監督と青柳。父親役の甲本雅裕や母親役の宮崎美子、商人役の津川雅彦・笹野高史、味方役でEXILEのAKIRAと小林直己など、豪華な俳優陣が脇を固めている。【福岡ウォーカー編集部/取材・文=森川和典、撮影=戸高慶一郎】

https://news.walkerplus.com/article/109611/

外部リンク(Walkerplus)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス