最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

もしや俺のこと好き? 男子がカン違いしがちなLINE5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


女子的には何気なくLINEしているだけなのに、なぜか「俺のこと好きなのかも」と思われてしまう……。世の中には、そんな誤解を招くプチ事件もあるそうです。男性が「もしかして……?」と期待してしまうLINEの内容とは? 今回は、男性たちに聞いた「カン違いしやすいLINEパターン」をまとめてみました。

男子がカン違いしがちなLINEはコレ!

1. 絵文字がたくさん使われている

女子的には「絵文字がないと寂しい」っていう程度だったりしますが、絵文字がたくさん使われているLINEがくると「あれ、もしかして俺だけ特別な感じ?」と思っちゃう男性も多いそうです。特に「ハートマークは間違いないって思う」ので気をつけて。

・「いつも語尾にハートマークがついているので『もしかして?』ってさりげなくきいたら『ただの飾りですけど~!』ってなったことが。撃沈した」(30歳・会社員)

・「絵文字がたくさん使われていると、なんか時間かけてくれてるし、気があるのかな~って期待しちゃう(笑)」(29歳・美容師)

ただカワイイ絵文字を送るのが好きってだけの女性もいるんですよ。

2. キュンとくるスタンプ

同じくハートとか、キュンとしちゃう感じのスタンプをよく送ってくれる女性にも「あれ? もしかすると」とかんぐっちゃう男性も。ハート、ぎゅ~っと抱きしめる、キスとか彼氏に送るような感じのスタンプは、使いすぎると誤解を招くそうです。

・「ハートのスタンプとか、誤解しちゃう。彼氏に送るようなやつってあるじゃないですか、なんで普通の男子にも送るの!? 罪な女ですよ(笑)」(33歳・アパレル勤務)

・「キスのスタンプとか、ぎゅ~みたいなやつ。なんかドキッとしちゃう」(30歳・営業)

これも「意味はないけど、カワイイから送ってみたかった」という女性も多いはず。

3. 今なにしてるの?

用事はないけど「今、なにしてるの?」ときいてくるLINEも「俺に興味があるのか」とドキドキさせることがあるそう。「今、お風呂」「テレビ見てる~」「ご飯だよ」これってさ、なんか彼氏彼女のやりとりじゃない? ってなるのかもしれませんね。

・「用がないのに『なにしてるの?』ってきいてくると、脈アリな気がする。だって俺のこと気になってるから、きいてくるんだよね?」(34歳・飲食店勤務)

・「なにしてるかってやりとりって恋人みたいだし、なんなら『もう付き合ってるんじゃ……』と誤解する男性もいるはず」(30歳・IT関連)

ただの「暇つぶし」で聞いている可能性も……あるのでは?

4. ◯◯くんだけ、特別な内容

「◯◯さんだから話せるんですけど」「◯◯君にきいてほしい」など特別感のある内容も「これって好意だよね?」とドキドキしてしまうという意見も。こんな内容、◯◯さんしか話せないって言われたら、頼られている感じでキュンとしちゃうそうです。

・「自分にだけしか話せないとか言われて意識しない男はいないはず。思わせぶりですよ~」(31歳・インテリア関連)

・「◯◯君にだけしか相談できないとか、特別に頼られるような内容のLINEは『俺のこと好きなのでは?』と思っちゃう」(28歳・アパレル勤務)

彼をドキドキさせたいなら、使えそうなLINEテクです。

5. 返信がものすごく早い

既読がつくと同時に返信が……! そんな早い対応にも「自分だけ特別なのかも」って思うのが男性の本音? 興味なかったらそんなに早く返信しないでしょ~と彼をその気にさせちゃう行為なのかもしれません。毎回即返事だと「確実だ」ってなりそう。

・「返信がものすごく早い、となんか『待ってました!』って感じなのかなと期待してしまうことがあります」(34歳・不動産関連)

・「既読がついてなかなか返事が来ないと脈ナシな感じだけど、いつもすぐに返信してくれる女性は『好意がありそう』って思うのですが、違いますかね?」(32歳・営業)

面倒くさい相手には返信も遅くなる……? もし気がないなら即返事は控えめに。

まとめ

何気なく送っているLINEですが、中には男性をカン違いさせることも。逆に「気持ちをさりげなく伝える手段」にもなりますが、好意がない男性には送らない方がいいのかもしれません! ハートとかかわいいスタンプは日常的に使うこともあるので、誤解されないように注意したいですね。

外部リンク(女子力アップCafe Googirl)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス