最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

藤原竜也は「殺されて当然」!? 感覚ピエロとコラボのPVが解禁『22年目の告白』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たした映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』(6月10日公開)。このほど、感覚ピエロが担当した主題歌「疑問疑答」と、劇中の本編シーンがコラボした特別PVが解禁された。

入江悠監督が手がける本作は、1995 年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人の犯人が、時効を迎えた22 年後、自身の殺人を告白した本の出版記者会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者を殺人の目撃者にする」残忍な犯行を繰り返した告白本の著者・曾根崎雅人(藤原)は、出版した本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22 年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道。SNSにより美しい容姿と共に拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。

解禁されたPVでは、曾根崎と牧村刑事がぶつかり合い、劇中同様のシリアスな展開が続く。時効を迎えた殺人犯は、LINEスタンプが発売され、本が飛ぶように売れるなど“曾根崎ブーム”を巻き起こす。一方、愛する人を殺された遺族や警察の憎しみは募るばかりで、牧村の後輩・春日部信司(竜星涼)は「あんなやつ死んだって誰も責めないですよ! 殺されても当然じゃないですか!」と声を荒げる。

また、主題歌は感覚ピエロが描き下ろし、入江監督と丁寧に話し合いながら制作された。本作の鑑賞後に歌詞を書いたという秋月琢登は「自分が真実だと思ったことが周りの人から見たら全然違ったり、人それぞれ自分の世界があるので、同じ空間にいても感情とか思っている事はそれぞれ違う。そんな中で誰の感情にもあてはまる歌詞にしようと思いました」と制作の意図を語り、「映画を見終わった後、何か心に訴えかけるような曲になっていれば嬉しいです」とコメント。入江監督は「歌詞を読むと、曾根崎にも牧村にも当てはまるし普遍性がありますよね。映画の最後の音楽で“攻撃性”を持たせたかったので、彼らに任せて本当に良かったと思いました」と絶賛している。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス