最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「あなた母親じゃないわ」「母親って何ですか?」他人の子をこっそり育ててきた女の事情がついに明かされる/『母になる』第六話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日テレ水10枠『母になる』、後半戦となる第六話は壮絶でした。前回、結衣(沢尻エリカ)を母とは思えない広(道枝駿佑)は施設に戻る予定でしたが、ナウ先輩こと今偉(望月歩)の「自分を産んでくれた母親は世界でたったひとりしかいない」等々の言葉で心境の変化があり、やっぱり結衣と陽一(藤木直人)がいる家・柏崎オートで暮らすことに。ようやく一家に平穏……と思いきや、広と決別したはずの麻子(小池栄子)が「雇ってもらうことになった」と言って柏崎オートにやってきました。そして麻子は「人殺し」……??

第六話は、そんな麻子が主役の回。これまで伏線はあってもずっと謎だらけだった麻子の過去を明かすための1時間でした。はっきり言って『八日目の蝉』と共通点は多いですね、うん。あ、映画版『八日目の蝉』でも小池栄子の怪演ぶりは強烈でしたね。

【試写レポート】テレビドラマにおける母親という存在の描かれ方
【第一話】沢尻エリカ演じるベタベタ清純派の良妻賢母が宿した小さなリアリティ
【第二話】3歳まで育てた産みの母は「何も知らないおばさん」…育ての母の強烈な手紙
【第三話】育ての母の態度急変!親たちに振り回される不憫な息子
【第四話】一人で苦悩する母親、父である男と一緒に親になることはできないの?
【第五話】最低な母親でもかけがえのない大切な人と思うべき? 聖母か鬼女か、極端な母親描写
「あなたの子じゃないのに何で?」
事態を聞いて柏崎オートに駆けつけた児童相談所の木野(中島裕翔)が、陽一と結衣に語ったところによると、麻子の罪状は殺人未遂。つきまとう男をナイフで刺してケガを負わせた麻子は、事前にナイフを用意していたことから計画性と殺意が認められ、殺人未遂罪で2年間刑に服していました。すべては……広をその男から守るためにしたことでしたが、当の広は何も知りません。麻子は、男のつきまとい行為がエスカレートして広に危害を加えるのを防ぐべく、自分が捕まるのを覚悟して、先に広を施設に預けた上で犯行に及んだのです。それを聞いた結衣は「自分の子どもじゃないのにどうして……」とショックを受けました。え、ここでその言葉が出る?

「自分の子じゃないのに何でそこまでして守ったのか?」という感想を持ったのは、何も知らずに麻子を採用した陽一の母・里恵(風吹ジュン)と、里恵に麻子を紹介した琴音(高橋メアリージュン)も同じだったようです。麻子の答えは「だって母親ですから、母親なら当然」「あの子のためならあたし何だってできる」。里恵が「あなた一緒に暮らしていただけで母親じゃないわ」と非難すると「じゃあ母親って何ですか?」。前々回、広も結衣に同じこと問いかけていましたよね。母親って一体何でしょうね……。だって、子どもを妊娠して産むのは母親だけれど、育てるのにとにもかくにも「母親」が不可欠、ではないじゃないですか。愛着関係などのいわゆる「母親的役割」を果たす人間は必要だけど、じゃあその人が生物学上の母親である必然性はないわけで。そういう意味で、子どもを育てる役割としての母親は呼び名に過ぎないというか。「母になる」ってどういうことなのでしょう?

麻子はなぜ「おかしく」なったか?
麻子はそもそもどのような人物なのか。木野が、結衣と陽一に打ち明けていく形で、その過去が明かされていきます。

施設に預けられる段階では、広は「麻子の息子」だと思われていたし、無論、広もそれを信じていたのですが、2017年春、今偉が木野に1通の手紙(麻子から広宛。第二話参照)を見せたことから事態が動き出します。手紙の記述には「本当のお母さんがいつか現れる」などとありましたからね。木野が調査を重ねていくうちに、広の誘拐事件に辿り着いたわけですが、あのー、これ、警察に通報しなくていいんですかね??

誘拐され、たった一人、アパートの部屋に閉じ込められていた3歳当時の広を発見した麻子は、広の養育を決意。行政機関に対しては、内縁の夫(=広の父ということになっている)のDVから逃げているため広の出生届を出せないと説明し、住民票を作り、広が学校に通える手筈を整えていたそうです。いわゆる無戸籍児を救済する仕組みを使ったわけですね。母子手帳もない麻子、広との親子関係を証明する書類は、広と写した写真(3歳以降)のみでしたが、住民票は無事発行されました。悪用されたら怖い情報ではありますし、麻子のしたことが“悪用ではない”とも言えませんが。そして今回の場合、麻子が広を施設に預けなければ、あるいは今偉が木野に手紙を見せなければ、真実は永遠に明らかにならず、結衣と陽一は広が生きているのに永遠に会えなかったかもしれないわけで……。

麻子は服役中、面会に訪れた木野に、広を産んだのは自分ではないことを認め、いつかこんな日が来ることを覚悟してあの手紙を書いたとも打ち明けました。これはシナリオ通りなのか、達者な女優である小池栄子が注意深く丁寧に表現しているからなのかわかりませんが、麻子は「ふつう」には見えません。麻子という人は、性格に一貫性がないというか、状況によってはものすごく挙動不審になったり、能面みたいになったり、はたまた暴力的気配には異常なまでに怯えて「ごめんなさい」を繰り返したり……。一方で、広に対してめちゃくちゃ元気で明るく忙しいママ。人間不信を抱いてそうなのに、信じた人のことはとことん信じ切る……。パーソナリティがブレブレで、行動を見ていて随分奇妙な人だなという印象を受けます。そうした麻子の人間性は、生い立ちに起因していました。
母に呪縛された娘
木野と何度か面会を重ねいくうちに気を許したのか、麻子は広と暮らし始める前の自分の人生を明かします。麻子は既に病気で亡くなった自分の母のことを「素晴らしい人」「完璧」と言い、完璧な母のおかげで麻子は進学も就職も完璧だった、それなのに間違えたのは自分、と語るのですが、客観的に見ると、麻子の母は素晴らしいとは言い難いどころか、むしろ娘を支配する毒母でした。

10年前の麻子は、都心と思わしきオフィスビルで役員秘書に就いている“デキる女”で、立派なマンションの1LDKに住んでいます。だけど交際中の同僚男性との関係には暗雲が立ち込めていて(オフィス内ですれ違い時にメモを受け取るっていう、時代錯誤なベタ)、にもかかわらず病気療養中だった母(信州在住らしい)からは、結婚・出産を催促する手紙が何度も届き、麻子を苦しめます。麻子の母は声の出演のみ(高橋ひとみ)ですが、穏やかな声で「女性の幸せは何といっても結婚・出産です」「お母さんはもう、あなたの結婚と出産だけが生きがいです」「せめてもの親孝行を……お母さんにかわいい孫をお願いします」とか、超~強烈で、しかも手紙だから超~一方的(麻子の強烈な手紙は、母譲りだったのか)。これは間違いなくしんどい! しかも麻子にとって母は絶対的存在であるため、母の呪縛から逃れることが出来ず、自分はダメな女なんだと思い込んでいくのです。

やがて麻子は、妊娠に気づきます。麻子はこれまでに2度中絶手術を経験しているため、これが最後の妊娠かもしれないと医者に助言され、同僚男性に捨てられる覚悟でひとりで産むことを決意。転職し、海沿いの町に引っ越し(今度はさびれたアパート。だからって、冷蔵庫などの家電・家具類まで古くて安っぽいものチェンジされているのは解せないのですが)をしました。出産を決意したのは、母の手紙「結婚はいつでもできるが出産にはタイムリミットがある」に後押し・影響されたんでしょうね、おそらく。仮に、母の手紙に「結婚してから妊娠して出産すべきという順番を間違えないで」とあれば、違う選択をしていたのかもしれません。麻子は母親に従順な娘ですから。

ともあれ麻子は出産に備えつつ、転職先の会社では以前同様、ヒールを履いて働きます(産婦人科医に最後の妊娠かもって言われたら、神経質なくらい用心するんじゃ。ここも解せない)。妊娠中だということも職場には話していないようです。が、アパートの階段で転倒し、流産(この展開もベタ)。何も知らない母は相変わらず結婚・出産を催促してくるし、転職先の上司や同僚はハラスメント発言してくるし、孤独を募らせる一方の麻子。そんな頃……アパートの隣室から物音が聞こえ、広を見つけ、保護したのでした。

ママはどうしたのかと聞いたら、広はしくしく泣きながら「僕を置いていなくなった」と答え(誘拐犯である陽一の教え子が「そう言え」と吹き込んだらしい)たため、この子は置き去りにされたのだと誤解した麻子、神様が私にくれたごほうびとも思い、しかしそれでも最初は警察に届ける気でいたそうです。1日だけ、自分の熱が下がったら(広を見つける直前の麻子が咳をしていたのは熱があったからのよう)、と思っているうちに今度は広が熱を出して寝込んでしまいます。麻子を「ママ」と呼び、トントンをせがみ、耳たぶを触ってくる……。そんな広をどうしても手放すことができなかった麻子は、広といる場所こそが、私の居場所、私の世界、私がこの子の母になる、と決意したそうです。

麻子の行為は許されることではありませんが、でも、元カレとか、麻子の母とか、流産直後だったこととか、様々な外部要員がこの彼女をつくりあげているという見方もできます。まあそこも『八日目の蝉』なんですけどね。元カレ(不倫じゃないけど)が最低最悪で、親をあてにできず、中絶経験がある、逮捕され服役する、が共通しています。ただし、麻子は子どもの名づけはしていないですね。保護した時に広が着ていたTシャツに『コウ』と刺繍が入っていて、そのまま「コウ」と呼んでいました。

さあ、まるまる一話を使って麻子という人物像を描きました。放送時間残り数分のところで、出番の少なかった結衣さんが決断を下します! 「麻子を柏崎オートで雇う。けれどその前に麻子と話をしてわかり合いたい」そうです。立場が違えど、母としての気持ちがあればわかり合えるのではと考えた結衣さん。話し合いの場で、「広のためです」「広のことを考えて決めたんです」「私も、あの子のためなら、何だってできます」って、どうしてこういう台詞になっちゃうんでしょうね。その言葉が麻子を傷つけることになるのは、わかりきってはいませんか。お互いが広を取り合っているような状況で(少なくとも感情の面では)、これから一緒に働けるんですか?

結衣さんの振りかざす母性観には最初からずっと違和感があります。我が子のためなら何だってできる=母親なのでしょうか。できないことがあるのが普通で健全だとは考えられないでしょうか。献身的な母親こそが最高でしょうか。というか結衣と麻子は母親争いの頂点を決める戦いをしてるわけじゃないですよね? でも次回第七話、結衣と麻子はバトルになる模様。ちなみに次週予告で流れた釣りスタイルの藤木直人さんのファッション、すごくダサくて思わずにっこりです(藤木さんもついにきっちり老けたなあ)。

【試写レポート】テレビドラマにおける母親という存在の描かれ方
【第一話】沢尻エリカ演じるベタベタ清純派の良妻賢母が宿した小さなリアリティ
【第二話】3歳まで育てた産みの母は「何も知らないおばさん」…育ての母の強烈な手紙
【第三話】育ての母の態度急変!親たちに振り回される不憫な息子
【第四話】一人で苦悩する母親、父である男と一緒に親になることはできないの?
【第五話】最低な母親でもかけがえのない大切な人と思うべき? 聖母か鬼女か、極端な母親描写

<そのほかのドラマレビューはこちら>

▼あなたのことはそれほど

▼人は見た目が100パーセント

▼ボク、運命の人です。

▼女囚セブン

▼フランケンシュタインの恋

外部リンク(messy)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス