最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

松田聖子と神田沙也加の不仲報道から考える、“仲良し母娘”の定義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「私も必ず守ります」
(神田沙也加オフィシャルブログ、5月13日)

松田聖子の娘、女優・神田沙也加が、俳優・村田充と結婚した。本来なら「良かったね」で終わる話だが、そうは問屋が卸さないのが、聖子らしい。結婚を発表した沙也加のインスタグラム画像は、村田と父親である俳優・神田正輝とのスリーショットで、聖子の姿はない。聖子はハワイでの挙式、日本での披露宴、両方に姿を見せず、コメントも出さない。このことから、母娘の不仲説が持ち上がっている。

2人の関係は部外者にはわかるわけもなく、単なる推測の域を出ないが、私には、聖子がこの結婚に大賛成とまではいかないが、「絶対に許さない」と思っているようにも感じない。聖子がそこまで娘に執着しているとは思えないのだ。

聖子は母親でもあるが、大スターであり、プロダクションやレコード会社にとって、ドル箱である。聖子1人で親族、事務所、レコード会社の人間を食べさせているといっても過言ではなく、責任やプレッシャーははかりしれないし、それを楽しめる豪胆さも持ち合わせている。“聖子は沙也加の学校行事に来ない”という週刊誌の記事を読んだことがあるが、沙也加はそういう母親に慣れているだろうし、そもそも聖子を一般人と比べること自体、無理があるのではないだろうか。

それに加えて、聖子はオトコが必要なタイプである。聖子が2回目の離婚をした後、「婦人公論」(中央公論社)のインタビューで、「将来、病院に行ったりする時に、一緒に行く人がほしい」「主人と呼べる人がほしい」と答えていた。聖子ほどの人であれば、沙也加はもちろん、事務所のスタッフなど、病院に一緒にいってくれる人はいくらでもいるだろう。それでも、聖子は“主人”と病院に行きたいのだ。口に出さないだけで、こういうオトコ至上主義の女性は、一般人の中にも多数いる。大スターとしての性分やもともとの性格として、聖子が興味を持つのは仕事とオトコであり、それ以外にはさほど興味がないように私には見える。

聖子の反応より、女性週刊誌の記事の方が、よっぽど私には興味深かった。「女性セブン」(小学館)は、「松田聖子と神田沙也加が2人きりの内祝い」と報じた。聖子と沙也加が不仲でない根拠として、高級フレンチ店にて2人で食事をしていたことを挙げている。また、沙也加が聖子との距離を縮めたことで、「ママ」と呼び、毎日のように電話していたという女優・大地真央との間に距離ができてしまい、大地が結婚に関してノーコメントであるとも伝えている(しかし、大地は披露宴後にコメントを出した)。

ここから見えてくるのは、「一緒に食事をしていれば、母娘は仲良し」「毎日電話をする母娘は仲良し」という“仲良し母娘像”である。しかし、“行動を共にしていれば、母娘は円満”とも言い切れないのではないだろうか。

5月16日に『日本人が愛したカーペンターズ 天才兄妹秘められた物語』(NHK BSプレミアム)が放送されていた。カーペンターズのボーカルであるカレン・カーペンターは、拒食症のため32歳の若さでこの世を去った。拒食症患者の多くが、自尊心の低さや、母親との葛藤を抱えているといわれるが、カレンも例外ではなかった。

『カレン・カーペンター 栄光と悲劇の物語』(ベネッセ)によると、カレンの母親は支配的で、大スターとなった兄妹が実家を出ることを許さなかった。母は、兄のリチャードが仕方なくガールフレンドを家に連れてきて、自室でセックスしていた時、のぞいていたそうだし、カレンが一人暮らしをしたいと申し出ると(カレンは自分では怖くて言い出せなかったので、アシスタントにその役を頼んだ)、「私を裏切る気なのか」と激昂したそうだ。説得に2年の歳月をかけて、カレンは念願の一人暮らしをしたものの、毎日母親にその日あったことを報告するために電話し、週に何度も実家に帰っていた。女性週刊誌的な見地から言えば、“仲良し母娘”だが、違う角度から見ると、母親が怖くて離れられない、母に支配され、依存している関係とも言えるのではないだろうか。一緒にいるから仲良しなのではなく、離れていることに、母娘双方、異存や抵抗がないことが、“仲良し母娘”なのではないかと私は思う。

2014年の映画『アナと雪の女王』で、沙也加は声優として大きくブレークした。聖子の娘と言われていた沙也加だが、声優、女優として確固たる地位を得たのである。オフィシャルブログによると、そんな沙也加に、村田は白いユリをプレゼントし、「一生貞操を守る」と約束してくれたそうである。それに対し、沙也加も「私も必ず守ります」と答えたそうだ。結婚する段階で「守りません」「どうかな」という人はいないので、真に受けるのもアレだが、私にはこれが、沙也加の母・聖子に対する独立宣言に感じられた。

何があろうと沙也加は聖子の娘だが、聖子とは違う人間で、才能も生き方も違う。好きな部分も嫌いな部分もある。会いたければ会うし、会いたくなければ会わないでいい。沙也加は30年かけて、今の地位と聖子に関する距離の取り方を学んだのではないだろうか。

大スターの娘として、人に言えない苦労をしつつも、自分の力で人生を切り開いた沙也加は、きっと幸せになると私は信じる。充、本当に浮気すんじゃねーぞ。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)、最新刊は『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス