最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【感涙】猫が死ぬ直前に心を許した人にだけ見せる行動が衝撃 / 猫「サヨナラいままでありがとうね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本で現在最も多くの家庭で親しまれているペットと言えばになるだろう。自由気ままなライフスタイルに魅了され、そして癒しを感じる人が続出しているのである。日本における猫の飼育数も近年犬を上回るという見込みになっているそうだ。

・猫はあまり死に際を見せない
たとえ家族のように愛された猫でも、いずれお別れのときはやってくる。猫の平均寿命は15歳程度と人間よりも格段に短いため、長く飼っていれば必ず死と向き合わなければならないのだ。

しかし、猫は死に際に姿を消すとよく言われている。これには諸説あり、ひと目から離れた場所でじっと体調を回復させているという説や、もともと単独行動で生きてきた動物であるため、本能的に弱っている姿を隠しているという説が有力なようだ。



・飼い主にはお別れの挨拶を……
ところが、そんな猫も死期を悟ると、普段から心を許している飼い主に対してだけは特別な行動をとることが多いようだ。普段とは違う雰囲気を放ちながら飼い主に近寄り、いつもと違う鳴き声で甘えてくることがあるという。

この行動は死期を悟った猫が飼い主に対して、最期に感謝の気持ちを示しているものだと言われている。普段から愛情を注いで育ててきた愛猫であれば、きっとその行動がお別れの挨拶だということに気づけることだろう。

・飼い主に最後の別れ
あなたの愛猫が最期の時を迎えるとき、あなたにお別れの挨拶をしにくるかもしれない。猫がお別れの挨拶をしにきたとき、飼い主としてどう応えればよいのか、その問いは非常に難しい。





もっと詳しく読む: 猫が死ぬときに見せる行為とは(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/05/16/neko-sayonara/




外部リンク(バズプラスニュース)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス