最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

キスマイ藤ヶ谷太輔、デビューまで13年の苦悩の日々を明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
5月17日水曜夜放送のTOKIOがMCを務める番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)でゲストのKis-My-Ft2藤ヶ谷太輔ジャニーズ入所時からデビューまでの苦労を語った。

藤ヶ谷太輔、不合格のハズが…


藤ヶ谷のジャニーズ入所時期は1998年11月でKAT-TUNの亀梨和也、中丸雄一などと同期。当時年齢は11歳、小学5年生で入所したそうだ。

藤ヶ谷の入所のきっかけは未だに分かってないらしく、誰かが応募し書類審査に通ったため、オーディションに出向いたという。

結果は不合格だったが、オーディションで使った番号札を返そうと、近くの大人に「これ(番号札)どうしたらいいですか?」と聞いたら、それがジャニーさんで「YOU、初日に私に話しかけるなんてすごいね」と言われ合格になったという。

当時の藤ヶ谷は、受かりたくなかったから半泣きで「ありがとうございます」と答えたというエピソードにスタジオは騒然としていた。

藤ヶ谷太輔、デビューまで13年の長い下積み時代


そんな中、藤ヶ谷はデビューまで13年掛かっていることが分かった。

Kis-My-Ft2としてデビューする前、NEWSやKAT-TUNでデビューの話もあったものの「僕まだ中学生だったので20時以降にテレビに出れなくて、ジャニーさんが『YOU年齢的に出れないじゃん』と言われて、そこで外された」と当時の事を振り返っていた。

そんな藤ヶ谷はデビュー前、父親に「そろそろ(将来を)真剣に考えろ」と言われ、就職を取るか、アイドル活動を取るかで相当悩んだという。

しかし、嵐のファンがジャニーズJr.のメンバーにも「ありがとう」と感謝をしてくれたことがきっかけで「幸せを分け与える人になろう」と決意したそうだ。

そんな藤ヶ谷にTOKIOの松岡昌宏は「藤ヶ谷、お前マジスゲーな、今後敬語使おうかな」とコメントし、スタジオは真剣な話から一変して笑いが沸き起こっていた。

(担当・ライター朝明)


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス