最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

20代女子必見(笑)!盗作騒動のお騒がせバンド、フラチナリズムが半分半分のアルバム出すってよ!【インタビュー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ハーフ&ハーフ2』のこだわり!




──宜しくお願いします!今日のインタビューは都築さんと田村さんにもたくさんしゃべっていただきたいなと思っています!

モリナオフミ:それは無理です!

全員:(笑)



──今回のアルバム『ハーフ&ハーフ2』ということで、カバーとオリジナルは半分ずつ入ったアルバムの第2弾ですね。カバー曲を選考するポイントっていうのはなんだったんでしょうか?

モリナオフミ:前回は割とやってみたいやつっていうので選びました。僕は単純にSPEEDさんのファンで、『BODY&SOUL』をバンドでやったらどうなんだろうっていうところからどうしてもやりたくて。そういうのがほとんどだったんですけど、今回は僕が持っている年代別オリコン表っていうのを見てその中からリストアップした感じですね!

──メンバー皆さんで選ばれたんですか?

タケウチカズヒロ:そうですね、『君がいるだけで』とかは僕らじゃなくて社長兼プロデューサーの提案でしたね!

──『君がいるだけで』は特にモリさんの声に合っていると思います!

モリナオフミ:本当に米米CLUBさんは好きで、米米CLUBさんっぽいねって言われたことも本当にあるんですよ!1992年の曲なんで、小学生くらいの時によく歌っていた曲を20年くらいして歌えるっていうのが嬉しかったですね。

──オリジナル曲の方はライブでよく歌われている曲も。

モリナオフミ:そうですね!『やってらんねぇ』っていうバカみたいな曲と、『アイアイアイラブユー』と、『なんてファンタスティック』。

──曲順はどのようなことを考えて決められたんですか?

モリナオフミ:前回はカバーから始まったんですけど、今回はオリジナルから始めるっていうテーマでやってます。今のご時世いうてもデータ化されてるんで曲順とかあんまり関係ないって思われがちなんですけど、やっぱり僕たちは盤を作るとしたら流れで1枚のアルバムを聴いた時に1番良いものはどれだろうってすごく考えて、最終的にはファンに聞いちゃうっていう。

──おぉ、ファンの方に。

モリナオフミ:僕らツイキャスとか配信をよく配信するんですけど、事務所にもレコード会社にもメンバーにすら許可を取らずに「ファンのみんなと曲順を考えよう~」って勝手にそんなことをやりました(笑)。
その中で、最初はやっぱアップテンポがいいかな~とか、間に恋愛ものが来て、そこからまた明るくなっていって。っていう流れがいいねっていうことをみんなで考えて提出したものがそのまま通ったっていう感じですね!

──なるほど。

モリナオフミ:あと、曲間は一番心地がいい秒数ってことで全部違うんです。なかなか最近はCDを再生する機械って言うのも減ってきたんで、車で聴くときとか、曲間って言うのも味わってもらえたらなって。いらんこだわりですよ(笑)。

──かなり聴きこまれたんじゃないですか?

モリナオフミ:そうっすね~。もう飽きてきましたね。

タケウチカズヒロ:僕はiTunesに入れて聴いてるんで曲間全部揃っちゃってますけどね。

──へぇ!iTunesは曲間揃うんですね!

タケウチカズヒロ:そうなんですよ~。

モリナオフミ:なのでカーステレオとかコンポで聴くときに!せっかくCDで出すからMAXの状態にしたいっていう想いはもちろんあるじゃないですか。だから結構こだわって作るようにはしましたけどね、無視されるでしょうね。

タケウチカズヒロ:そんなことはないでしょ!

『やってらんねぇ』はモリの気持ちではなく緻密に計算された歌詞だった…




──『やってらんねぇ』って、どんなコンディションの時に生まれた曲なんですか??

モリナオフミ:(笑)!詞は全部僕が書くんですけど、これは曲も僕が書いたんですね、もともと「やってらんねぇな!」ってコイツ(タケウチ)がよく言ってたんですね、ライブ中とか。頭がおかしいんで、最後の曲らへんで狂っていろんな言葉を生み出すんですけど、あるライブでお客さんの反応がよくわかんないことになった時に「やってらんねぇな!お前らよぅ!」みたいなこと言い始めたんですよ。客商売としてやるべきじゃない行動…

全員:(笑)

モリナオフミ:それで「やってらんねぇな!」って曲があったら面白いなぁなんて話をしてたのが2~3年前。

タケウチカズヒロ:そうですね!「やってらんねぇ!」っていうワンパンチで突き通す曲があったら面白いねっていうことを言ってたらモリくんが形にしてくれた感じですね!

モリナオフミ:今SNSの時代じゃないですか。ポジティブな動向よりネガティヴな動向の方が目につくというか。僕は申し訳ないですけど「やってらんねぇ!」って思うことが1個もないんですけど、世間の声っていうのは多いんですよね。「やってらんねぇ」と「乾杯」でエゴサーチしたら、「やってらんねぇ」の方が多かったんですよ。“あぁそうなんだ、そんなこといちいち書かなきゃいいのに”って思いながら。でも、それが世間の声なんだなって思ったら、それに寄り添えるような、ただストレスを吐き出すためだけの曲があってもいいんじゃないかと思ってライブ用に作った感じだよね?

タケウチカズヒロ:うん、みんなで「やってらんねぇ!」って叫びたかった。

モリナオフミ:今までのストレスを全部置いていけと。んで明日からなんか頑張れ!って作り始めたのがきっかけですね。だから僕のコンディションで書いたってよりは緻密に計算して書いた曲ですね。こういう大味の曲の方がよっぽど感情的じゃないっていう。…今面白い事言ったね?
大味の方が…ん、なんて言ったっけ?

田村優太:大丈夫、録ってあるから。

モリナオフミ:この曲ライブで初めて歌った時、初見のお客さんが2コーラス目からもう踊れたっていう。ヤッベェなこの曲!なんじゃなんじゃ!?ってなったよね。
あとは僕四国出身なんで、四国の音頭がいっぱい入ってるんですよ。野球拳は愛媛発祥で、Bメロの「チャンカランカチャンカランカ」は徳島の阿波踊りで。

都築聡二:(小声で)あぁ、そうなんだ~。

モリナオフミ:本当は四国の音頭を全部入れたかったんですけど、香川とかなんもねぇし~。河内よさこいの曲は別にあったんで野球拳をベースにして分かりやすいアレンジにしました!

全員:(笑)

──この曲時々良いこと言ってますよね…

モリナオフミ:言っちゃってますね~、そこだけ僕の気持ちなんで!

──未来は結構おっかねぇって面白いフレーズだと思います。

モリナオフミ:人間って過去にも未来にも生きてなくて、ただ今ここで
何をしてるか何を想ってるかってことだけだと思うんで、未来は誰にもわからないんだよっていうことを言いたいんでしょうかぁ?どうです?

──(驚)!!

モリナオフミ:「隣の芝生はヤベー」っていうところも僕結構気に入ってるんですけど、人って人と比べるんですよね、それが気に食わなくて。お前はお前でやれやっていう考えなんで、毒を吐く意味も込めて書きました。でも生きてるのって辛いよねって(笑)。言うても最後だけは笑ってたいよねって。

──メロディーと歌詞は一緒に作られたんですか?

モリナオフミ:この「やってらんねぇ」っていうワードから作ったんでそこは同時でしたね。あとは適当にやりましたね。「アウト!セーフ!よよいのよい!」って言いたかっただけなんで(笑)。

──アレンジはどこまでモリさんが考えた状態のデモを作られたんですか?

モリナオフミ:僕はほとんど考えないです!歌とコードと歌詞だけ考えてあとはこの人(田村優太)に全部投げます!何も言わなくても大体僕のイメージしたやつを作ってきます!これが熟練のパートナーシップ!

田村優太:はい、作ります!人が作ってまだ何も肉付けされてないのを化けさせるのは結構楽しいですね。

モリナオフミ:100の信頼があるんで全部投げちゃいますね!ウェ~~!!って。そしたらウワァ~~って返ってきてウォ~~!ってなる。

全員:(笑)

モリナオフミ:1人でやってないから面白いですね。

タケウチカズヒロ:『帰っておいで』とかはサウンドプロデューサーのnishi-kenさんが9割くらいアレンジしてくださって、僕はベースラインを自分なりのアプローチで変えるんですけど、そういうのもあったりしますね。

──都築さんにもアレンジのことに関して伺いたいです。

都築聡二:そうですね、言われたことやってるだけなんで特にないっすね!

全員:(笑)

タケウチカズヒロ:聡二は確かにそうですね!

モリナオフミ:それをやらせたら天下一品ですね!

都築聡二:そうですね~、そのリズムにいかに僕の色を付けるかですよね、はい。

モリナオフミ:話振ったこと後悔してるでしょ。

──(笑)!特に自分のパートに注目してほしい曲とかありますか?

都築聡二:『あなたのキスを数えましょう』以外ですね!

モリナオフミ:そりゃね!(ドラム)入ってないもんね!

──ありがとうございました(笑)

大人の男が歌う『恋愛レボリューション21』




──女性アイドルの曲をフラチナリズムさんがやるとこうなるんだっていう化学反応がすごく良かったです。

タケウチカズヒロ:これはもうnishi-kenさんにフルアレンジしてもらって。

モリナオフミ:僕らでやらないほうがいいと思って投げたらあぁいうアプローチが来たので、それに対して僕らは色をつけたっていう感じですね!何が難しいって、ガヤガヤ感が出ないっていうね!原曲がMAXまで行ってるんで、それ以上足したら潰れてしまうから良いところを見つけるのが結構大変だったよね。サビはみんなで歌いました。

──お、皆さんで歌ってるんですね!

モリナオフミ:気がつかなかったでしょ(笑)?

──レコーディングはいかがでしたか?

タケウチカズヒロ:レコーディングの前々日くらいにフルアレンジが上がってきて、レコーディングするのに精一杯でしたね(笑)。

田村優太:僕は(レコーデイング)苦手ですね。

モリナオフミ:でしょうね、でもこいつ歌上手いんですよ。こいつ(都築聡二)は歌下手なんですよ。

都築聡二:下手なんですけど、歌うことはすごい好きです(笑)。

モリナオフミ:一番大事なもの持ってんじゃん!!

全員:(笑)

モリナオフミ:これは冒頭のラップの部分も僕がやってるんですけど、そこやってる時が一番楽しかったですね。褒めてもらえるんで。

──いい声だって?

タケウチカズヒロ:noshi-kenさんの、モリくんのいい声推しすごいもんね!

モリナオフミ:だからどんどん裸になっていく!乗せられたグラビアアイドルみたいになっちゃって、そのやり合いは楽しかったよね!

──いい声といえば、『KAN&PAI -THE GENESIS-』の最初のナレーションもモリさんが?

モリナオフミ:そうですね!最近細かすぎて伝わらないモノマネにハマってて、FMのラジオDJの独特な「ぁ、さて~」っていう切り返しがマイブームだったから入れた

──本当に検索しましたもん。

モリナオフミ:まだの方は“フラチナリズム 盗作”で検索してください。ぁ、さて~

全員:(笑)

モリナオフミ:「ぁ、さて~」っていうのでドラムのトゥタトゥーンっていうの表現してるんですよ。喉フィルハーモニー。

ロバが15分で書き上げた『アイアイアイラブユー』




──(笑)。続いて『アイアイアイラブユー』についてお話しできればと思うんですが、メロディーが心地よすぎて聞き流せるけど、実は歌詞すごく良いこと言ってますよね。

モリナオフミ:女子はやっぱりこういうのが好きなんだろうね~。僕はあんま好きじゃないんですけどね~。

タケウチカズヒロ:嘘つけ!

モリナオフミ:でも、これ2010年くらいに書いた曲で、インディーズ時代からやり続けてるんですけど、このころまだ趣味で曲書いてて誰かに向けて書いた曲ではなかったんですよ。「アイアイアイラブユーだけでも」っていう言葉とメロが一緒に出てきて作ったっていう感じでしたね。

田村優太:「聖母」って書いて“マドンナ”って読むんや。知らんかった。

モリナオフミ:あんまり最近恋愛ものを書いてなくて、っていうのも全然恋愛をしてないからなんですけど、これ見るとこの時は恋愛してたんだなって思いますね。
「恋は花火のように 弾け飛んで消えても ひととき暗闇を奪った 人は忘れられない」って素晴らしい歌詞だと思うんですよ、読んだ時にスゲェなこれ!って思って(笑)。テンポも心地いいし、ライブで横に擦れる感じで乗れる曲っていうのがもともと好きなんですよね。2010年の音源とは全然違うんですよ。

タケウチカズヒロ:これもnishi-kenさんのいい感じのテコ入れが加わって。

モリナオフミ:ポップ感が出てキラキラして、丸みを帯びた感じだね。俺らも年取ったんで、声も全然違うんですよ!

田村優太:違うねぇ。

モリナオフミ:年取ったなぁって思いました。

──歌詞は変わらないまま?

モリナオフミ:一個も変わらないですね!確か15分くらいで書いた歌詞ですね。

──こう言うクサい感じのがお得意なんですか?

モリナオフミ:得意ですね!クソロマンチストなんですよ、こんなロバみたいな顔して。今は一切書かないですけどこういうの書いてた時代もありましたね。

──ファンの方も恋愛の曲も聴きたいと思いますが、もう恋愛ものは書かれないんですか?

モリナオフミ:しないと書けないんですよね、思い出して書いてると悲しくなってくるんで(笑)。だから別れの曲は書けるんですよ、ネガティヴなことを伝えて感動してもらってポジティブに変えるっていう発想で。

田村優太:今回最後フェードアウトにしたんですよ。またそれが切なさを出してる。

モリナオフミに隠し子が!?父から娘に贈る『帰っておいで』




──MVも公開された『帰っておいで』ですが…モリさんはお嬢さんがいらっしゃったんですか?

モリナオフミ:え、いないです!

タケウチカズヒロ:いちいち質問が面白いですね。

モリナオフミ:面白いってか下手だよ!(笑)

タケウチカズヒロ:オブラートに包んで!

──この曲についてのエピソードを聞かせてください(笑)

モリナオフミ:急にプロデューサーから娘が嫁に行く時のお父さんの気持ちで書いてくれへん?って言われて。その時僕んち洗濯機壊れてるんでコインランドリーに居たんですけど30分くらいでブワッと書いて。テキトーに。わかんないんで。それに彼(田村)がメロディーつけてくれて。

田村優太:ホリエモン祭りの待ち時間でメロディー作って(笑)。

モリナオフミ:そうそうそう、片手間で。

田村優太:歌詞からメロディー書いたの初めてだったんですよ!だから普段できないようなメロができたような気がしてます。

──いい曲だと思ったから片手間でできた曲だったなんで知りたくなかったです…

モリナオフミ:片手間じゃないよ!片手間じゃないから!

田村優太:パッと思いついたんですよ!歌詞から!

モリナオフミ:降りてきたパターンです!表現の仕方の問題!俺のミスだ!

タケウチカズヒロ:片手間ではない(笑)!

モリナオフミ:本気で向き合ってますよ!時間はかからなかったけど!やっぱりこんな気持ち味わったことないんで、予想で書いてたんですよ。だから歌詞を直していくのに時間はかかりましたね。今の完成系は第7稿くらいなんですよ。僕のメンタルは鉄みたいになってるんで、ナイーブな部分がわからなくて。実際娘がいるお父さんの話を聞いてみたりしたら“意外と弱ぇな、親父。”って。自分の弱さと、娘にかける言葉との葛藤みたいなのを書かなきゃいけないなと思って、そういう風に書き直していきました。

──最初に降りてきた歌詞っていうのはどんなだったんですか?

モリナオフミ:「たまには帰っておいで」っていうワードから作ったんですよ。結婚して娘を嫁にやった時、俺なんて声かけるかなって思ったら、やっぱちょっと寂しさもあるだろうから最初に出てきた言葉がこれでした。最後だけ「いつでも帰っておいで」って言っちゃってるのが寂しさMAXになっちゃってる感じが書けたかなって。

──都築さん、まだあまりお話しされてないのでしゃべっていただきたいんですが、この曲を初めて聴いた時の感想を伺ってもよろしいですか?

都築聡二:あぁ~、そうっすね~。速い曲よりゆっくりの曲の方が意外にドラムって難しかったりするんですよ。んで、僕あんま上手い方じゃないんで、こういう手の曲をいっぱい聴いて練習しました!

モリナオフミ:それを自分の中で消化して、オリジナリティーを加えて、アプローチするっていうことをきっと言いたいんです。

──要注目ですね。

モリナオフミ:めっちゃいい曲ですよ~。レコーディング中は俺にこの気持ちがないんで何も思わなかったんですけど、でも代弁してるみたいに歌ってくれって言われて、そういう風に歌って仕上がったやつを聞いたら本当に泣きそうになって。駅まで歩く間この曲ばっか聴いてるもん!今までにない曲だもんね。また一つ成長できた楽曲なんじゃないでしょうか!

モリの“歌詞”や“言葉”に対する想いが表れた『テトテ』



──これは…

モリナオフミ:(食い気味で)東京工学院っていう学校の学生たちの卒業制作ライブのために書き下ろした曲で。裏方の制作をやる生徒たちをステージに立たせたかったっていう想いだけで。これを餌に。エンターテイメントって正解がないから、実際にお前らもステージに立って客と向き合って、客が笑顔やったらそれが正解ちゃうんかっていうのを伝えたくて書いた曲ですね。

田村優太:これは、工学院のみんなと一緒にやる前に曲自体は僕作ってて。タイトルまで決めてたんですよ。

タケウチカズヒロ:だいぶ温めたね。



田村優太:そう、結構寝かせたっていうか、あんまみんなに引っかからんかったのかなと思ってた。

モリナオフミ:俺『テトテ』やろうって言ってた!歌詞の書き方も独特で。学生たちに卒業するにあたって仲間たちに寄せ書きをしてくれって言って、その寄せ書きの言葉を使いながら作詞をしたんですよ。最近いろんなアプローチをしながら作詞をするのが楽しくて、景色とか物を見ながら書くとか、本を読みながら書くとか。それで学生たちの生の気持ちを字で起こしてもらって。『テトテ』っていうタイトルだけは残したいなっていう気持ちがあったのでこんな感じにしました。

田村優太:最初はタイトル英語だったんですよ。『TTT』って。

モリナオフミ:カタカナと漢字との対比を見て欲しいですね。歌詞の中で、精神面の“手”の意味はカタカナで、物理的な方は漢字で書いてるんですよ。

──おぉ~!『やってらんねぇ』もそうですけど、意外と頭フル回転で書かれている感じなんですね!

モリナオフミ:そうですね、あとで“意外と”ってとこだけ消しといてもらっていいですか(笑)?

──すいません!考えて書かれているより勢いで書かれているのかと思っていたもので!

モリナオフミ:全然大丈夫です!性格上ツッコミたくなっちゃうんですよ(笑)!でも本当に意外と考えて書いてますね。言葉って人間が作ったただのツールですけど武器にもなるし人を守るものにもなるし、誰かの人生を支えるものにもなりうるんでスゲェ神経使います。

──ありがとうございます!!

最後に




──では、収録曲の中から特にお気に入りのフレーズを紹介していただくピックアップフレーズを伺っていきたいと思います!

モリナオフミ:「乾杯BABY! 紙コップでYEAH!」

田村優太:せめて自分の(書いた歌詞)にしなよ…

モリナオフミ:特にないですかね!

全員:(笑)

都築聡二:『アイアイアイラブユー』のサビの「アイアイアイラブユーだけでも伝えさせてくれないか」ですね、僕は。

──どうしてそこを選ばれたんですか?

都築聡二:単刀直入でズバッときます!

モリナオフミ:ここ、アイラブユーって言えばいいのに、伝えさせてくれないかなって質問することで情けなさを出してる。

都築聡二:なるほど。

モリナオフミ:そこを聡二が感じ取ってくれたんだよね?そういうことです(笑)!

タケウチカズヒロ:僕は『帰っておいで』の3行目ですかね!「君の夢は何? 素敵なお嫁さんになることです」ってとこ。さっきモリくんも言ってたんですけど、曲が出来上がるまで何も感じてなかったんですけど、出来上がったものを1人で車で聴いてたらこのフレーズで情景が浮かんじゃってジワッときたんですよね。

田村優太:『やってらんねぇ』の「生きることは シェンカしゃんかそんなもんた仕方かねぇ」は生きることをジェンガに例えたってすごいなと思って。

全員:あぁ~!

田村優太:リスクを犯さないと高いところにいけないってことでしょ?

モリナオフミ:そういうこと!よく気づいた!でも、「チャンカランカチャンカランカ」って言ってたら出てきた!

田村優太:あ、そうなの?いいなって思いました。

──ではモリさんも。

モリナオフミ:僕は『なんてファンタスティック』ですかね。「大丈夫 明日はきっと たふん晴れるてしょう」ってメイビーをメイビーに重ねるっていうので。明日は何が起こるかわかりません!多分大丈夫じゃん!?ってくらいで生きたほうが楽なんじゃないかっていうのを“きっと”と“たぶん”を重ねることで誰かの気持ちが楽になるんじゃないかと思うので僕はここが好きですね。こうやって生きてますし。

──ではUtaTenを見てくれている皆さんに一言お願いします!

タケウチカズヒロ:10代20代の皆さんこんばんは!皆さんの世代からしたら聞き馴染みのない曲が多いと思うんですよ。カバーもそうですし、モリくんが書くメロディーとかもそうですし。バンドで言うと関ジャニ∞みたいな雰囲気だと思うんですよ、だからジャニーズ好きでバンドに興味がある10代20代は是非1回聴いて欲しいですね!

──都築さんも言っておきますか。

都築聡二:あ~の~、一周回って新鮮に感じたりする人もいると思うんですよ。なので僕たちの曲を聴くことにチャレンジして欲しいです。はい。

──田村さんいかがですか?

田村優太:カバー曲とかすごく良い曲入っていて、僕がアレンジを担当したものは現代風なエッセンスを入れられたらなっていう感じでやっているんで、最近の曲みたいにできていますし、原曲の良いところだけを残した曲もあるので若い人にも聴きやすい音源になってるんじゃないかなと思います。

──はい!ではモリさん締めてください!

モリナオフミ:全ての曲の歌詞が10代20代の女子に当てはめられることに今気づきました!社会人になった人には『やってらんねぇ』があったり、『アイアイアイラブユー』みたいな淡い恋の曲もあるし、『帰っておいで』は嫁に行く娘の気持ちになって聴けるし、『テトテ』は卒業の曲だし。ということで意外と若い人にも寄り添えるような詞になってるんじゃないかと思うんで、歌詞を見ながら聴いてくれたら嬉しいなって思いますし、

──思いますし?


20代前半の女性は僕と1回コンパして欲しいなっていう風に思っています。また『アイアイアイラブユー』みたいな曲を書くために!!

タケウチカズヒロ:太字で書いておいてあげてください!

モリナオフミ:太字の赤字でお願いします!

──応募フォームも作りますか!ありがとうございました!



フラチナリズム、モリナオフミさんが気になって夜も眠れない方はコチラからどうぞ。




外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス