最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

不倫相手の自宅訪問を時間差攻撃で! 恐怖演出で不倫解消を促進する逆ゲス効果アリ/『あなたのことはそれほど』第五話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『あなそれ』と略され、猟奇的な夫が注目を集めているドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)、原作マンガからほとんどあらすじは変更していないのに、ドラマならではの演出でホラー味を増量して視聴者の興味をひきつけていますね。猟奇的な夫こと東出昌大さん、ついにスパークの第五話です。

前回最後、結婚一周年の記念日に、夫・涼太から「永遠の愛」を誓われた美都。美都が中学時代から大大大好きだった有島くんと偶然再会してダブル不倫関係に及んだことを涼太は把握済みで、それでも「変わらず君を愛するよ♪」と笑顔で宣言したのでした。離婚を突きつけられずホッとした気持ちもありますが、笑顔を貼りつけ優しい態度の涼太が気持ち悪くもあり、有島くんともう会えないのかもと思うと超悲しくもあり……感情の整理ができない美都は、やってはいけない行動に出てしまいました。有島宅・訪問、です。

<登場人物>

■渡辺美都(わたなべ・みつ)/波瑠
旧姓・三好。スナックママの一人娘、母子家庭育ち。地元は横浜。眼科の医療事務として働く女性。小学校時代に転入してきて中学で転校してしまった有島くんに初恋をし、大人になった今もその恋心を保管し続けている。優しく料理上手な涼太にアプローチされて結婚。

■渡辺涼太(わたなべ・りょうた)/東出昌大
インテリア関係の会社の総務部で働く。眼科で美都に一目惚れして求婚。愛妻家で料理上手で洗濯や掃除も得意。朗らかで愛情深く、見知らぬ他人にも親切で、妻の母親ともうまくやっている。妻のケータイチェックや、LINE連投を厭わない。

■有島光軌(ありしま・こうき)/鈴木伸之(劇団EXILE)
サラリーマン。親が転勤族で横浜→所沢に引越し。美都とは横浜時代のクラスメイトだった。所沢の高校の同級生だった麗華と結婚し、一児の父に。学生時代からイケメンで女に不自由しないタイプ。公式紹介によると「基本的には家庭第一なのだが、根が優しく流されやすい性格のため、泣きつかれると弱い」。

■有島麗華(ありしま・れいか)/仲里依紗
旧姓・戸川。父が不倫で失踪、母を家事やバイト収入で助ける学生生活を送ったアダルトチルドレンな苦労人。不美人。高校の同級生だった有島と結婚し妊娠、所沢の実家で里帰り出産。人当たりは良い。(筆者註:髪色や所作など、おばあさんみたいに見えます)

【第一話】再現VTRみたい…アレンジがダサい、役者も演出もしょぼい!
【第二話】気持ち悪いのは粘着夫(東出昌大)ではなく恋愛脳満開の新婚妻(波瑠)の方では…?
【第三話】不倫妻が罪悪感ゼロなのは夫を少しも愛してはいないから
【第四話】夫が陽気なイケメンだったら、妻がもっと成熟した女なら、夫婦は噛み合ったのか? 否、結婚していなかったでしょう
不倫相手の妻と、不倫相手である自分を比較
ずっと有島との不倫に反対していた常識人の親友・香子(大政絢)に、不倫が夫にバレたと報告した美都。香子は「有島とは別れるんだよね? 答えによっては友達やめるけど」「もしかして涼太さん離婚だって? この際、有島に乗り換えようって?」と、いかにも常識人な反応でまくしたてます。有島と別れるのはつらいし、夫は離婚のりの字も出さないし……な現状を「涼ちゃんは今までどおりで気持ち悪いくらい」と言葉少なに説明した美都に、「気持ち悪いって……あんたどんな立場で言ってんの!?」と怒りを表明するところも含めて全部、香子は常識人。しかし美都も、涼太も、常識の範囲外なのです。

美都が「私にはただ気持ち悪い」と評するように、仮面のような笑顔と甘くて優しい声色が絶妙に気持ち悪い東出さん、もうイケメン俳優枠には全然見えません。そんな気持ち悪い夫と、たいして広いように見えないベッドで2人で寝るのもキツいし、セックスこそしないけれど後ろから抱きしめられるのとか非常にしんどいでしょうね。のみならず、添い寝バックハグの姿勢で涼太が放った「僕の奥さん」という言葉に……美都はゾッとしたでしょう。自分がこの人の「奥さん」なのだということを、きっと深く考えていなかったから。最初はさっさとこいつと別れて有島くんと結婚したい、って気持ちで不倫おっぱじめてますしね。

家に帰りたくないのでわざと残業したり(残業してもまだ20時15分)陶芸教室へ行ったりして時間をつぶす美都。その教室は、有島の妻・麗華がかつて通っていたところです。陶芸仲間から「有島さんに借りっぱなしの本がある」と聞いた美都は、思わず「私が返却しておきましょうか。その人、友達の奥さんなんです」と申し出て、ある朝、本当に有島家を訪問しました。有島くんがスーツで会社に出かけるところを確認したうえで、有島宅のチャイムを押し(なんでオートロックなのに部屋番号わかるんだろう)、玄関を開けた麗華と対峙。「私、ご主人、有島くんの中学の同級生なんです」と微笑んでカミングアウトする美都の、いかにもな“つくってるぶりっ子感”がお上手で、波瑠さんなかなかでした。

勘の鋭い麗華、というか勘が鈍くたってこんな突撃訪問を受けたら「夫と何かある女性だな」と気付きます。美都の退散後、麗華は努めて冷静に夫に電話をかけ、「あなたの友達だと言いながら、あなたのいない時間にうちに来るなんて、変な人ね」と牽制。当然、有島は美都に「ありえねえ、ルール違反だ」とクレーム。美都は有島くんに嫌われたくないしまたすぐ会いたいのに、「しばらく会わないようにしよう」と突き放されてしまうのでした。こうなるだろうことはわかりきっているのに、どうして自宅突撃なんてしてしまったのか?

「化粧っ気なかったなあ。あれが有島くんの選んだ“ウチの”か。玄関にお香とかたいちゃうんだ。“ウチの”は。あーあ。有島くんに会いたい」
「お弁当作りそうな人だった。輪ゴムも再利用して、忘れ物もしなさそう。嘘もうまそう、いや嘘をつかなそう」
「有島くんも夫だった。だからどうしても見たかった、有島くんの“ウチの”を。“ウチの”に私を見せにいった。有島くんはどうしてあの人を――」

上記は美都のモノローグ。“ウチの”妻、麗華がどんな女性なのかを見たかった。見ても吹っ切れるものじゃないので(吹っ切るための行動ですらない)、どうにもならないんですけどね。美都は“ウチの”を見て、「自分のほうが可愛い」と思ったでしょうが、しかし「浮気をしていて料理が苦手な奥さんである自分」と彼女を比較して自己嫌悪に陥ってもいます。ふたりは人間としてのタイプが違う。その結果が“彼”の浮気相手になる女と、本命になる女……なんて安易に分けられるものではありませんが、少なくとも美都が敗北感を抱いている様子はわかります。誕生日のお祝いをドタキャンされて以降、一度も有島くんに会えていないし、夫にバレたことも伝えられていない。奇妙な夫のいる家は息苦しくなりはじめている。

どんどん追い詰められていく美都を決定的に地に落とすのは、次の休日に涼太がとった“超ルール違反”な行動でした。

自爆夫婦の攻撃
横浜からわざわざ、美都が勤める都内の眼科医院まで診察を受けに来た美都の母親は、「涼太さんにバレたんだ~浮気(笑)」と楽しそうに笑い、「最低の母親」と不愉快な反応の娘に「最低の親子」と返します。ごもっとも。母は「覚えてる?」と、娘の挙式直前に「私の子育て、あんたに男を見る目を養わせることが出来て良かった」といった話をしたことを蒸し返し、「あんた、そもそも誰も選んでなかったんだよ。自分の幸せだけ見てた。でも浮気しても離れない男で良かったじゃ~ん」と。ふむ、香子といい母といい、涼太を妻の浮気に目を瞑る寛容な夫だと評価しているわけですね。ただし母は年の効か経験値の差か一枚上手で、「涼太さんは怖い男だよ」と言い残すのですが。

「怖い男」涼太は、思いつめた表情の妻・美都に「どうしたの? 元気ないね、何かあった?」と言えちゃう男。そして妻の不倫相手を、襲撃しちゃう男でした。休日の朝、ひとりで出かけた涼太は、なぜか有島夫妻と娘(inベビーカー)が家族だんらんしている公園を突き止め、美都のケータイから抜き取った有島のスマホ番号に電話をかけて本人確認をしたうえで、わざとぶつかって派手に転び、有島とふたりきりで話す機会をつくります。周到。

ふたりきりになったところで自分の正体を明かし、不敵な微笑みを浮かべながら「妻は子供嫌いで、子作りは努力のしようもありません。子はかすがいと言いますが、実際のところどうなんでしょう。それだけではないと信じたい」と告げて去って行った涼太。呆然と立ちすくむ有島は、美都に電話で「自分とこの旦那にバレたから俺んとこにもバラそうと押しかけてきたのか。美都、やばいわもうこれ。終わりにしよう。友達に戻ろう」とピリオドを打つのでした。有島の「友達に戻ろう」発言に、美都は「私たち、友達だったことなんか、あった?」と問いかけ、有島は「ないな」と答えるのですが、じゃあ友達でも恋人でもない彼らの関係って何だったんでしょうね? それともこれはこれで恋人ではあったのでしょうか。

家庭を壊すつもりなどサラサラない有島は、何事もなかったかのように娘と麗華に接しますが、この段階で不倫に終止符を打ったとしてもすでに麗華には8割方バレているわけで、こちらの夫婦も崩壊は免れそうにありません。ちなみに、「夫の友人」を名乗る美都がいきなり自宅を訪ねてきたとき、麗華は「かわいらしい感じの人、女子力高いっていうか」との感想を持っています。確かにそのときの美都は、とりわけかわいらしく演出して振る舞っていたのですが、ここに、美都とは真逆の地味で暗い人生だったという麗華のコンプレックスが垣間見えるようになっていました。いやいや美都もルックスこそかわいらしいですが、貧乏育ちだし友達は多くないし地味で暗い学生時代を過ごしたほうの女性だと思うんですけどね。

第五話にして大きく展開した『あなそれ』。原作は最終回を迎えていませんし、ドラマオリジナルのラストになるのでしょうが、となると両夫婦が相当激しくブッ壊れそうですね。ゲスドラマなんて呼ばれ方もしましたが、良心や正義感に訴えるとかでなくホラー演出によって「不倫って、誰かに刺し殺されたりする可能性がある行為だよね、まじ怖いよね」ってことを深く心に刻んでくれる“逆ゲスドラマ”だなと思います。

<今週の育三郎>

お待たせしました、育三郎! 今回は登場シーンが長かったんですよ! 単純ミスが急に増えて上司に叱責された涼太を、同僚・親友として居酒屋へ連れ出した小田原さん(山崎育三郎)。どうやら麗華以上の洞察力の持ち主らしい小田原さんは、涼太のような丁寧な暮らし系アピールをする人間を「嘘くさいな」とdisり、「独身の僻みかな。や、嘘みたいに幸せそうだからさ。お前んち行ったときもさ、幸せな夫と妻を演じてるみたいで、誰に見せたいんだって思っちゃってさ」と畳み掛けます。

涼太は、美都と初対面のときに彼女が「お天道様が見てる」と口にしたことを回想し、「ああ、一緒だな。心の中にそういうちゃんとしたものがある人なんだなって」思ったことが一目惚れの理由だと明かします。そんな美都が不倫していることを知っている(有島とのデート現場を偶然目撃)小田原は「お天道様は、夜は見てないからな」とニヒルに笑い、「まあ奥さんも意外だよな、お前と結婚するって。奥さんみたいな人って派手でわかりやすくモテる男が好きそうなのに」とまたしても美都dis。さらに「夫婦喧嘩でもした? ここんとこ、のろけたインスタ見てないな」と探りを入れるなど、グイグイ涼太の内面に踏み込んでいきます。育三郎は涼太のことがすすす好きなの???

涼太「してないよけんかなんて」
小田原「何されても許せるんだ?」
涼太「許せるんじゃなくてー」
小田原「怒れないんだろ? お前はばかみたいに優しいからさ」
涼太「優しくなんかないよ」
小田原「……なあ、お天道様は見てるって昔から言うけど、あれって結局、お天道様が怒ったらどうなるんだ?」
涼太「さあ。雷でも落とすんじゃない?(にっこり)」

妻の前だけでなく、気を許しているはずの親友の前でも、わかりやすく仮面的な表情を作っている涼太。ラストシーン、涼太が雷の写真をインスタに上げたのに即座に反応して(イイネ投下)「いよいよ反撃ですか」と楽しそうに笑った育三郎の顔が頭から離れません。東出さんだけじゃなくて育三郎も結構ヤバいキャラのはずだと思いますし、しかも原作にいないキャラなのでどんな動きをするのか予想もつかなくて大変気になります。来週も育三郎から目を離してはいけない!

(ドラマ班:下戸)

【第一話】再現VTRみたい…アレンジがダサい、役者も演出もしょぼい!
【第二話】気持ち悪いのは粘着夫(東出昌大)ではなく恋愛脳満開の新婚妻(波瑠)の方では…?
【第三話】不倫妻が罪悪感ゼロなのは夫を少しも愛してはいないから
【第四話】夫が陽気なイケメンだったら、妻がもっと成熟した女なら、夫婦は噛み合ったのか? 否、結婚していなかったでしょう

<そのほかのドラマレビューはこちら>

▼母になる

▼人は見た目が100パーセント

▼あなたのことはそれほど

▼女囚セブン

▼フランケンシュタインの恋

▼ボク、運命の人です。


外部リンク(messy)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス